年会費無料 エポスカード新規入会で8,000円

【食レポ】ジンギスカン 羊飼いの店 『いただきます。』札幌すすきのの人気店はレアで食べられるほどお肉が新鮮

本記事では札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』を紹介します。

北海道旅行なら、ジンギスカンは絶対食べておきたい料理ですよね。

生ビール片手にジンギスカン。たまりません。

羊飼いの店 『いただきます。』は北海道産 羊が食べられる数少ないお店。

新鮮な羊肉は全く臭みを感じませんよ!

すすきのにあるため、観光途中に無理なく寄れる立地。

この記事ではお店への行き方、店内の様子、予約方法、メニュー、食事の様子を紹介します。

\ クーポンあり! /クーポンを見てみる

スポンサーリンク

札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 詳細情報

店名 ジンギスカン 羊飼いの店 『いただきます。』
住所 北海道札幌市中央区南5条西5-1-6
時間 月~土 11時30分~夜中3時(ラストオーダー 2時30分)
日・祝 11時30分~23時(ラストオーダー 22時30分)
定休日 無休
電話 011-552-4029
煙草 喫煙可
座席 31席
8人の個室あり(要予約)
駐車場 あり
カード 利用可能
HP

札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 行き方(アクセス)・地図・最寄駅

羊飼いの店 『いただきます。』の最寄駅は地下鉄南北線すすきの駅。もしくは東豊線豊水すすきの駅。

すすきの駅 4番出口から徒歩2分ほど。豊水すすきの駅 4番出口から歩いて3分ほどです。

大きな看板が目印。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 看板

駐車場かあるので車でも来店可能。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 駐車場

ただし、3台分しかスペースがないんですよ。(がんばれば4台いけるかな)
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 駐車場の台数

スポンサーリンク

札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 お店の外観

お店の外観です。2階もあり。予約客は2階に通されるようです。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』お店の外観

札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 店内の様子・雰囲気

店内1階の様子。コの字型のカウンター席。20人弱しか座れません。大きな荷物、上着はクローゼットに入れられます。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 コの字カウンター

注意点とて店内は全面喫煙です。ボクらが行ったときは吸っている人はいなかったですけどね。

どうしてもタバコが苦手なら、お店の人が配慮した席にしてくれるそうです。

スポンサーリンク

札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 混雑状況

昼は比較的空いているようですが、18時〜22時は混み合います。

ボクらは平日の19時頃に来店。前に4組並んでいました。30分ほどで入店。

混雑時はウェイティングシートに名前と人数を記入して待ちます。記入しないといくら並んでも意味ないので注意!
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 ご案内

札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 予約方法

予約可能ですが、ネットでは受け付けていません。電話予約のみ。

011-552-4029に電話して予約しましょう。

\ クーポンあり! /クーポンを見てみる

札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 メニュー

お肉メニューはこちら。大きく分けるとひつじのお肉、ひつじの内臓(赤)、ひつじの内臓(白)の3カテゴリー。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 肉メニュー

ひつじの内臓(赤)はレバー、ハツ、タンなどの赤い部分。入荷しない日もあり、入荷しても昼過ぎには無くなります。

ひつじの内臓(白)はミノ、ハチノスなど消化系の部分。こちらも入荷しない日あり。

一品料理、飲み物などのメニュー。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 サイドメニュー 飲み物メニュー

札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 で北海道産のジンギスカンを堪能!

では、実際にボクらが利用した時の様子をレポートします。

この日はお昼過ぎに札幌に到着。

ランチは 奥芝商店 駅前 創成寺 でスープカレーを食べ、六花亭 サッポロ本店でおやつを食べ、空腹とは程遠い状態で来店しました。

北海道旅行は胃袋が1つじゃ足らないですね。3個くらい欲しい……。

19時に羊飼いの店 『いただきます。』に到着。満席だったため、30分ほど外で待っていました。

待ってる間にお肉の解説を読みます。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 お肉の説明

こちらのお店では、北海道産の純血サフォークを提供。

北海道産の羊は数が少なく、提供できるお店は少ないんですよ。

多くのお店ではニュージランド産を使っています。

入店してカウンターに着席。目の前に炭火が登場。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 炭をセッティング

ジンギスカン鍋を置き、頭部には羊の脂身、下にはもやしとタマネギを敷きつめます。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 油を焼く

肉のお供はもちろんサッポロクラシック。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 ビール

まずはジンギスカン(980円)をオーダー。モモ、ウデ、バラ、スネなどの部位が盛られています。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 ジンギスカン

ロース(1,790円)もオーダー。高級フレンチでよく利用される部位だそうです。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 ロース

写真で伝わるとうれしいんですが、お肉がめっちゃ新鮮でキレイなんですよ!

新鮮すぎるので少しレアでも食べられます。焼き過ぎ注意。
ジンギスカン  羊飼いの店 『いただきます。』  焼き過ぎ注意

札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 いただきます!

ミン1

ぜんぜん臭みがないし、めちゃくちゃ美味しい!

羊の脂がほんのり甘い。臭みがなくて本当に美味しい!

タレで食べるのもいいんですが、シンプルに塩と胡椒の方が肉の味を楽しめます。お店の方もすすめていました。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 調味料

軽く食べて帰るつもりだったんですが、ジンギスカンの味に感動して食欲にスイッチが入りました。

どんどんと肉を追加注文。

マエバラ(1,790円)。牛肉でいう上カルビの部分。羊の甘い脂がより楽しめます。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 マエバラ

ミノ(1.550円)。個人的にはあまりおすすめしません。コリコリしてなかなか噛みきれないですよ。新鮮で臭みはないんですけどね。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 ミノ

クラコウソーセージ(580円)。羊肉のドライソーセージ。これはビルに超合います!!!
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 ソーセージ

カッパ(580円)。バラ肉と皮の間の部分。なかなか噛みきれないんですが、バラ肉の旨味が少しあります。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 カッパ

肩ロース(1,790円)。最初に食べたロースと比べて厚めに切ってあり、食べ応えありました。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 肩ロース

\ クーポンあり! /クーポンを見てみる

札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 料金はいくらだった?会計は?

気になる会計ですが、2人で食事して合計12,117円。
札幌すすきの 羊飼いの店 『いただきます。』 会計

肉がすべて80gで提供されるので、単価が高いんですよ。とはいえ、お肉の味はバツグンなので、ぜんぜん後悔していません!

我思う故に我あり

いや〜美味しかった。ジンギスカンというと、タレに漬け込んでいて臭みがあるイメージでした。新鮮な羊肉は衝撃!

すすきの周辺は美味しいお店が多いので、まずはジンギスカンを食べて他のお店もハシゴするといいですよ!

もう一軒行くなら、地元でも人気のらーめん信玄は近くておすすめです。

札幌旅行に関しては別にまとめています。こちらも読んでくれるとうれしいです。
⇨札幌旅行・グルメ情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください