不真面目/真面目が1/1=1になるように

【ネタバレなし】絶対観ない方がいい! 主題歌を20回以上聴くまでは。『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

「クッソ! クッソ! エンディングまではガマンできたのに……」

昨日、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を観てきました。

映画館で予告編を何度も見ていて、ちょっと気になっていた作品。

back numberが歌う主題歌『ハッピーエンド』が気に入り、数日前からずっと聴いた上での鑑賞でした。

結論から言ってしまうと、エンディングで泣いてしまいましたよ。ええ。

スポンサーリンク

映画を観る前に『ハッピーエンド』を20回以上は聴いてください

まずお伝えしたいのは、映画を観る前に主題歌の『ハッピーエンド』を少なくとも20回以上聴いてください。

『ハッピーエンド』を聴き込んでいるかいないかで、この映画の印象が大きく違ってきます。

映画を観る3日前から『ハッピーエンド』をリピート再生。できれば50回くらい聴いて欲しいくらいです。

単に聴くだけではダメ。しっかりと歌詞を聴いて、歌詞を覚えるくらいが理想です。

ここまできて、やっと映画を観るための準備が完了です。

『ハッピーエンド』の歌詞の意味がわかる

映画を観ると、『ハッピーエンド』の歌詞の本当の意味がわかります。

僕は『ハッピーエンド』のメロディーがとても気に入り、映画を観る前から聴いていました。

聴いてもらうとわかるのですが、男女のすれ違い、別れを歌った曲です。

タイトルの『ハッピーエンド』と、歌詞の内容がイマイチ噛み合わないなと思っていましたが、映画を観て理解しました。

この曲は映画を観た人と、映画を観てない人で感じ方が違う曲なんです。

スポンサーリンク

エンディングが流れた途端、泣いちゃいました

ぼくは明日、昨日のきみとデートするのチケット
僕はエンディングが流れた途端、久しぶりに泣いちゃいました。

主題歌だけでなく、映画自体も良くできています。

正直恋愛映画ということで、あまり期待はしていませんでした。予告編が少し謎めいていたので、その謎が解ければいいかなというくらいの気持ちで観ました。

そんな考えを裏切るように、映画が始まると福士蒼汰さん、小松菜奈さんの演技に引き込まれていきます。

恋愛映画を観ているときの「なんだか二人の演技が微妙すぎて、観ているこっちが恥ずかしくなる」現象は一切ありませんでした。笑

映画の途中でも泣けるポイントはあったんですが、なんとかガマンしまたよ。

36歳にもなろうというおっさんが、1人で恋愛映画を観ながら泣く。それはちょっとキツいなと思って、歯を食いしばりながら乗り越えました。

しかし!

エンディングが流れた途端、ガマンできませんでした。ムリでした。

『ハッピーエンド』の切ないメロディーと、歌詞の本当の意味。映画の余韻に浸りなが、泣き出すおっさんの出来上がりです。

我思う故に我あり

いや〜、たまには恋愛映画を観るのもいいですね。

映画を観終わったあとも、『ハッピーエンド』を聴くと涙腺が緩んでしたかがありません。笑

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は原作(小説)の評価も高いので、読んでみようかなと思います。

やばい。どうしよう。原作の方が切なかったら。寝る前の布団の中でむせび泣くおっさんが出来上がってしまう……。

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間40万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5