不真面目/真面目が1/1=1になるように

キリニー・コピティアム 〜 パリッとしたカヤトーストが旨い!シンガポールのローカルな朝食セットを堪能【2016年9月シンガポール旅行記】

本日はシンガポールのキリニー・コピティアム(killiney Kopitiam)を紹介します。

旅行中は毎食美味しい食事を食べないと気がすみません。せっかくの旅行先で食事が美味しくないと損した気分になります。

初日の夜はチャターボックスでチキンライスを堪能。ちょっと高級すぎるチキンライスでしたが、めちゃくちゃ美味しかったな〜。

二日目の朝食に選んだのはシンガポール朝食の定番 カヤトースト。

むかったのはシンガポール御三家コピティアムのひとつ、キリニー・コピティアム。

スポンサーリンク

キリニー・コピティアムの外観

やってきましたキリニー・コピティアム。この日は三連休中日の日曜日。午前10時頃に来店。お店が混んでいたので、10分ほど席が空くのを待つことに。
キリニー・コピティアム シンガポール

場所はMRT(地下鉄)のSomerset駅から徒歩で5分ほど。節約するなら地下鉄と徒歩がおすすめ。

キリニー・コピティアムの店内

キリニー・コピティアムの店内。入り口はせまいんですが、店内は奥に細長く、席の数も多い。それでも週末には満席になってしまうようです。
キリニー・コピティアム シンガポール

シンガポールはいろいろな人種が住んでいます。ポスターに書かれている紙の言語もバラバラ。中国語とかだと全然読めません。壁はタイル張りで東南アジアっぽさが出ています。タイやベトナムでもよく見かける造りです。
キリニー・コピティアム シンガポール

10分ほど待ってたらなんとか席が空きました。店員さんが親切に案内してくれるわけではなく、待っている行列もキッチリと並んでません。

ある程度強引にいかないと、なかなか席は確保できないですよ!

席には番号がふってあるので、しっかり覚えておきましょう。注文時に必要になります。
キリニー・コピティアム シンガポール

注文は店の奥のカウンターで行います。テーブル番号を伝えて注文。支払いは前金制です。
キリニー・コピティアム シンガポール

店内を360度撮影してみました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

キリニー・コピティアムのメニュー

メニュー。トーストなどの軽食だけでなく、ライスや麺類などもあります。けっこう朝からガッツリ食べてる人も多かったですね。とりあえず食べたいものを指差せば伝わります。
キリニー・コピティアム シンガポール

値段はそんなに高くないので、美味しそうだなと思ったものを食べるのがいいですよ。

キリニー・コピティアムの料理

名物のカヤトーストを食べたかったので、洋食らしい組み合わせにしました。

ホットコーヒー、アイスコーヒー。ミルクと砂糖入り。東南アジアらしく甘いコーヒーですが、タイよりは甘くないかな。コーヒーは並々入れるのがシンガポール流みたいです。
キリニー・コピティアム シンガポール

フレンチローフ(FRENCH LOAF)。ローフは焼いてから切っていない大きな塊のパンのこと。焼いた後に食べやすいように切ってあります。
キリニー・コピティアム シンガポール カヤトースト

中身はカヤジャムとバター。そうそう。このカヤジャムとバターの組み合わせが美味しいんです!
キリニー・コピティアム シンガポール カヤトースト

こちらはオーソドックスなカヤトースト。メニューにはBREAD TOASTと記載されています。炭火でパリっと焼いた食パン。
キリニー・コピティアム シンガポール カヤトースト

こちらも中身はカヤジャムとバター。パンは1/4に切ってあるんですが、それぞれにバターの塊!たっぷりのバターとカヤジャムの組み合わせがいいんです!
キリニー・コピティアム シンガポール カヤトースト

カヤトーストは美味しいんですが、甘くてバターたっぷりなので、そんなに量は食べられません。コーヒーに砂糖を入れていると、余計に満腹感を感じます。

とくにフレンチローフはパンが大きいので、少食の女性はお腹いっぱいになってしまうかも。

うちの彼女はそんなに食べないので、僕ががんばって食べきりました。

タンパク質がとりたいなら、ソフトボイルドエッグ(SOFT BOILED EGGS)を。半熟卵に醤油をかけて食べます。

キリニー・コピティアムの料金

気になる値段ですが意外と安い。
キリニー・コピティアム シンガポール カヤトースト

  • ホットコーヒー 1.6ドル
  • アイスコーヒー 2.1ドル
  • カヤトースト 1.2ドル
  • フレンチローフ 2.5ドル

これに消費税が加わり7.4ドル。旅行時は1シンガポールドルが80円を切っていたので、だいたい日本円で600円くらい。日本の喫茶店で食べるより安い!

我思う故に我あり

カヤトーストめっちゃ気に入りました!

お土産用のカヤジャムが売ってるので、気に入った人は買ってみてください。

荷物になるのがいやなら、空港にも売ってるので、出国時にどうぞ。(残念ながら空港ではキリニー・コピティアムのカヤジャムは見かけませんでした)

キリニー・コピティアムのカヤトースト。ぜひ一度食べてみてください!

2016年9月シンガポール旅行記の目次

シンガポール旅行記リンク

お店の詳細情報はこちら

店名:キリニー・コピティアム(killiney Kopitiam)

住所:67 Killiney Road

交通:MRT Somerset駅から徒歩5分

営業時間:6:00~23:00(火、日曜日、祝日 6:00~18:00)

定休日:旧正月 3~5日間

TEL:6734-9648

カード:不可

こちらの記事もどうぞ

・シンガポール旅行に行く前の下調べ!これだけは食べておきたいグルメリスト

・チャターボックス 〜 名物の高級チキンライスとラクサを堪能!マンダリンホテルに併設するシンガポールレストラン

・シンガポール チャンギ国際空港でSIMカード購入・設定方法〜iPhoneが繋がらなくて悪戦苦闘

・全日空NH841 羽田〜シンガポール エコノミークラス搭乗レポートからイミグレーションまで

・オアシア ホテル ノベナ 〜 シンガポール中心部で料金安くてキレイ!地下鉄直結で観光にも便利

旅行の準備は済んでますか?

ホテルの予約

Expediaは航空券の予約特典として、ホテルを特別割引で予約できます。これがけっこうお得!全てExpediaで予約すれば、管理がらくにできるのでおすすめです。

すでに航空券を予約してるなら、ホテルの予約はagodaがおすすすめ。

シンガポール旅行におすすめの本


このページが気にいったら「いいね」おねがいします!

Twitter で

スポンサーリンク

プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職

調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。

ブログのおかげでベトナム人の彼女ができました!

月間29万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5