期間限定! 楽天カード入会利用で7,000P

文東記(ブントンキー) バレスティア・ロード本店 〜 広東式シンガポールチキンライスの有名店はつるんとした食感が最高

疑問
フマジーメ53世

文東記(ブントンキー)のチキンライスが美味しいって聞いたんだけど、そんなに美味しいのかな?

こんにちは。毎年1回はシンガポール旅行をするブッキーです。

シンガポールグルメを語る上で、チキンライスは絶対にはずせません。

シンガポールのチキンライスには、大きく分けて2つの調理方法があります。

海南式と広東式です。

両方とも鶏肉を蒸し茹でにするところまでは同じなんですが、海南式では吊るして自然冷却。広東式では冷水に入れて冷やします。

広東式は冷水で急冷することで、皮がゼラチン状に仕上がりツルんとした食感になるんですよ。

文東記(ブントンキー)は広東式のチキンライスが食べられる有名店。

自分正面
ブッキー

広東式のツルッとした食感は最高ですよ!

ということで、本記事では文東記(ブントンキー)を紹介します。

スポンサーリンク

2019年6月30日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で夏休み先取りセールを開催中。利用しないとめっちゃ損ですよ。シンガポールのテーマパーク、ツアーの料金がびっくりするくらいお得になります!

夏休み先取りセールを見てみる

つるんとした食感の広東式チキンライスが食べられる

文東記は広東式のチキンライスが食べられるお店です。

シンガポールといえばチキンライスが有名ですが、お店によってチキンの調理方法に特色があります。

広東風チキンライスの特徴は、つるんとした食感です。

広東式は鶏をゆでたあと、冷水につけて急激に冷やします。急冷によって皮の下のゼラチン質が固まり、ゼリー状になります。このゼリー状のゼラチン質がつるんとした食感を生み出すんです。

文東記の外観

やってきました文東記。訪れたのは22時過ぎですが、まだまだお店はにぎわっていました。お店は夜中の4時までやっています。赤と黄色のライトは中国っぽい色の使い方だなと思いました。
文東記の外観

スポンサーリンク

文東記の店内

文東記の店内。半分くらいの席が埋まっています。ディナータイムはもっと混み合うみたいなので、予約してから行くのがよいでしょう。
文東記の店内

文東記のお手拭き。有料(0.3シンガポールドル)です。不要なら使わないでおいて、会計時にしっかりとレシートを確認しましょう。
文東記の紙ナプキン

席につくとお通しみたいな料理を食べるか確認されました。僕らはいらなかったので断りました。多分、有料だと思います。いらないならちゃんと断りましょう。

文東記のメニュー

すべてではないですが、メニューには写真が載っています。英語が苦手でも写真を指差しながら注文できます。
文東記のメニュー

までずはチキンライス注文しなくちゃ! 文東記のチキンライスは「チキン」と「ライス」を別々に注文します。

チキン(Boiled Chicken)は1人前用、2人前用、3〜4人前用、6〜7人前用の4種類。人数に合わせて調整可能です。だいたい1人前で5シンガポールドルくらいになります。
文東記のチキン

ライスは白米(Plain Rice)と鶏飯(Chicken Rice)の二種類。どちらも料金は0.6シンガポールドルなので、鶏の出汁で炊いた鶏飯がオススメです。
文東記のライスメニュー

鶏以外にも豆腐を使った料理が豊富です。チキンライスだけだと少し物足りない量なので、他の料理も一品くらい注文するといいでしょう。
文東記の豆腐料理メニュー

野菜炒めもオススメです。旅行先だと野菜を食べる機会が少なくなりますからね。
文東記の炒め物メニュー

スポンサーリンク

文東記のシンガポールチキンライス

やってきました、文東記のシンガポールチキンライス!
文東記のチキンライス

チキンの表面についたゼラチンがキラキラと輝いています。写真は2人前です。
文東記の茹でチキン

鶏飯。ほんのりと鶏の味がついていて、このままでも食べられます。
文東記の鶏飯

チキンは柔らかいんですが歯応えもあります。表面のゼラチンのつるんとした食感は口当たりよく、パクパクと食べられます。鶏肉はしっかりと肉厚があり,なかなか食べ応えがありました。甘味のあるチリソースつけて食べると、違った味わいが楽しめます。

チキン単品でも美味しい。お酒が好きな人は、チキン単品をおつまみに食べるのもオススメです。

チキンライスだけじゃ足りないかなと思って注文したピータンのスープ。ちょうど良い塩加減でした。
文東記のスープ

そういえばルートビアがありました。ルートビアはお酒ではなく、ちょっと個性的な味の炭酸飲料です。ドクターペッパーに似たような味がします。日本だと沖縄くらいでしか見かけないので、飲んだことない人は試してみてください。個人的に好きな味です。
文東記のルートビア

文東記の料金

気になる料金ですが、2人で食べて約35シンガポールドル。旅行時の為替レートで3,000円ほどでした。チキンライスだけなら二人前でも15シンガポールドル以内で楽しめます。
文東記のレシート

我思う故に我あり

といことで、本記事では文東記(ブントンキー)のチキンライスを紹介しました。

シンガポール旅行中に色々なチキンライスを食べましたが、文東記のチキンは柔らかくてもしっかりと歯応えがあります。肉を食べてるって感じがしました。

シンガポールでおすすめチキンライスは、別記事でまとめています。こちらも読んでくれるとうれしいです。