年会費無料 エポスカード新規入会で8,000円

バナナリーフ・アポロ 〜 名物は「フィッシュヘッドカリー」リトルインディアで人気の南インド料理レストラン

フィッシュヘッドカリー

こんにちは。毎年1回はシンガポール旅行をするブッキー(@anahideo)です。

シンガポールは中華系、マレーシア系、インド系など様々な国の料理が楽しめるのが魅力です。

リトルインディア地区に行くなら、ぜひ体験してほしいのがフィッシュヘッドカリー。

魚の頭を丸ごと使ったカレーは、とってもインパクトがありますよ。

本記事ではフィッシュヘッドカリーで有名なバナナリーフ・アポロ(The Banana Leaf Apollo)を紹介します。

スポンサーリンク

2019年9月8日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で夏休みセールを開催中。利用しないとめっちゃ損ですよ。シンガポールのテーマパーク、ツアーの料金がびっくりするくらいお得になります!

夏休みセールを見てみる

バナナリーフ・アポロの名物はフィッシュヘッドカリー

バナナリーフ・アポロの名物はフィッシュヘッドカリーです。

その名の通り魚の頭を使ったカレーです。白身魚の頭を豪快に丸ごと使用します。

味もさることながら、見た目のインパクが特徴です。観光人だけでなく、中国系のお客にも大人気だそうです。

味付けは南インド風カレー。フィッシュヘッドカリーの発祥は南インドであるとか、シンガポールであるとか諸説あるようです。

バナナリーフ・アポロの外観

バナナリーフ・アポロがお店を構えるのはリトルインディア地区。このあたりはインド系の飲食店や雑貨屋さんが多いので、食事のついでに観光するといいですよ。

料理か好きな人は、マーケットなんかものぞいてみてください。食材を見ているだけでなんだかテンションが上がります。
リトルインディアのマーケット

やってきましたバナナリーフ・アポロ。周囲には似たようなお店か多いので、間違えないように気をつけてください。店名が大きく書かれているので、それを目印にしてくださいね。
バナナリーフ・アポロの外観

スポンサーリンク

バナナリーフ・アポロの店内

バナナリーフ・アポロの店内。観光客にも、現地の人にも人気のお店なので,店内は混雑しています。
バナナリーフ・アポロの店内

食事時に来るなら予約しておくといいでしょう。お客の回転は速そうなので、満席でも少し待てば座れそうですけどね。

席につくとすぐさまテーブルがセットされます。店名にならってバナナの葉っぱが敷かれます。こういう雰囲気が大事ですよね。
テーブルセット

バナナリーフ・アポロのメニュー

バナナリーフ・アポロのメニューを紹介します。
(文中の「ドル」は「シンガポールドル」です)

名物のフィッシュヘッドカリー。サイズはS(22ドル)、M(28ドル)、L(32ドル)の3種類。手書きで書き直しているので、頻繁に価格を変更しているのかもしれません。
フィッシュヘッドカリーのメニュー

「魚の頭はグロすぎてちょっと……」って人も安心してください。魚の切り身のカレーもあります。
魚カレーメニュー

魚以外にも海鮮系のメニューが充実しています。辛い料理には「Spicy」の表示がされているので、注意してください。
海鮮メニュー

羊や鳥肉もあります。できるだけ大人数で来て、いろいろシェアするのがオススメです。
海鮮、肉メニュー

今回僕らはフィッシュヘッドカレーのSサイズをオーダー。

いっしょに食べるご飯は、野菜のビリヤニ(4ドル)を選択。ビリヤニは、インドのチャーハンみたいな炒めご飯です。
ビリヤニのメニュー

もう1品海鮮ものが食べたかったので、お店がオススメしているエビのマサラ漬け(5ドル)もオーダーしました。
エビのマサラメニュー

ドリンクメニュー。インドビールのキングフィッシャー(KINGFISHER)があります。
ドリンクメニュー

ソフトドリンク。定番のラッシーの他に、聞いたことがない飲み物がありました。バターミルク(BUTTER MILK)。どんな味か気になってので、こちらも注文してみました。
バターミルク

スポンサーリンク

バナナリーフ・アポロのフィッシュヘッドカレー

まずはパパド。豆から作ったせんべいです。こちらは無料で、おかわり自由みたいです。素朴な味ですが、食べるとハマっちゃいますよ。
パパド

まずはビリヤニがきました。これだけでもけっこう味が付いてます。濃い味付けが苦手な人は、プレーンライスセット(3.5ドル)の方がいいかもしれません。
ビリヤニ

そうこうしているうちに、やってきましたフィッシュヘッドカリー。
フィッシュヘッドカリーとエビ

魚の頭はカレーの中に埋まっているので、思ったほどはグロくなかったです。メニューの写真はやりすぎな感じがします。笑
ヘッドカリーアップ

一番小さなSサイズを注文したんですが、これでもけっこうな大きさです。
カレーの大きさ対比

僕と彼女ふたりでは食べきれず、結局残しちゃいました。3人くらいならSサイズで十分です。

具材は魚の他にトマト、オクラ、パイナップルなどが入っています。
カレーをご飯にかけて食べる様子

食べる前はスパイシーで濃厚なカレーを想像していたんですが、食べてみたら全然違いました。

辛さは強くなく、薬膳系のスパイスは感じませんでした。味付けはかなり酸味が効いています。パイナップルを入れた酢豚がダメな人は、苦手な味かもしれません。

僕はパイナップル入りの酢豚でも全然平気なので、おいしくいただきました。

マサラ漬けのエビ。1匹で5ドルとちょっと高いですが、濃厚な味付けでおつまににはぴったりです。1匹あればビールが1杯飲めちゃいます。笑
エビ

写真を撮影し忘れたんですが、バターミルクはかなり想像していたのとは違う味でした。ヨーグルトの酸っぱいところだけを集めたような味です。甘味がないので、飲むヨーグルトとも違います。

ん〜、個人的にはバターミルクはオススメしませんね。それでも飲んでみたいって人はどうぞ。笑

バナナリーフ・アポロの料金

2人で食事して、税込44.75ドル。このときの為替レートで3,600円ほどです。カレーの量が多すぎて残してしまったので、3人以上でくれば1人あたりの金額はもう少し安くなります。
レシート

会計はお店の入り口にあるレジで払います。
レジ

レジの横にはソーンフが置いてあるので、食べてみてください。
ソーンフ

ソーンフはフィンネルの種を砂糖でコーティングしたものです。口直し、消臭、消化の促進などの効果があります。日本でもインド料理店のレジに見かけます。

我思う故に我あり

ちょっと想像と違いましたが、おいしかったです。日本では食べたことない味でした。

できればもっと大人数で来て、いろいろ注文するのがオススメです。

また、どうせ来るならランチタイムに来て、ついでに観光したいですね。リトルインディアはカフェや雑貨屋さんが多いので、観光するなら昼間のうちがいいですよ。

バナナリーフ・アポロのフィッシュヘッドカリー。ぜひ一度味わってみてください。

お店の詳細情報はこちら

店名:The Banana Leaf Apollo
住所:54 Race Course Rd.

交通:MRTのリトルインディア駅から徒歩4分
営業時間:10時半〜22時半
定休日:無休
TEL:6293-8682
HP:https://www.tripadvisor.jp