不真面目/真面目が1/1=1になるように

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールからの帰りはハーバーフロント駅まで徒歩がオススメ【2016年9月シンガポール旅行記】

本日はユニバーサル・スタジオ・シンガポールから帰るときに、オススメのルートを紹介します。

この日は午後からユニバーサル・スタジオ・シンガポールへ行き、半日遊び尽くしました。
(以降、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールはUSSと省略します)

帰りはいろいろ悩んだ結果、ハーバーフロント駅まで歩いて帰ることにしました。

このルートがとってもオススメなんです。

スポンサーリンク

徒歩なら混雑無しでキレイな夕日が見られる

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールからハーバーフロント駅まで、徒歩のルートをオススメするのは2つの理由があります。

ひとつ目は、モノレールの混雑に巻き込まれないんです。意外に徒歩でも時間がかかりません。

ふたつ目は、徒歩で帰るとキレイな夕日がゆっくりと見られるんです。

徒歩なら混雑無しで20分で行ける

USSで遊びつくし、軽く夕食を食べ終わると19時頃になってました。

市内に帰ろうと思い、グーグルマップでルートを検索。

速くて楽なルートは、ウォーターフロントステーション(WaterFront Station)からモノレールに乗り、セントーサステーション(Sentosa Station)へ。そこから徒歩でハーバーフロント(HarbourFront)に向かい、地下鉄を利用するパターンです。

USS
↓(徒歩)
ウォーターフロントステーション
↓(モノレール)
セントーサステーション
↓(徒歩)
ハーバーフロント

僕らもそのパターンで帰ろうと思い、ウォーターフロントステーションに向かうと、写真のような混雑具合でした。
モノレール駅の混雑具合

ちょうどUSSが閉館した時間で、同じように市内に戻るお客が多かったんですね。

5分ほど並んでみたんですが、行列は進む様子がありません。

このままでは時間がもったいないので、他のルートがないか検索。

調べてみると、ハーバーフロント駅まで徒歩で20分程度ということがわかりました。

徒歩でも意外に時間がかからないし、混雑とは関係なく帰れます。

ということで、ハーバーフロントまで徒歩で帰ることにしました。

スポンサーリンク

ハーバーフロントウォークから見る夕日がキレイ

さらばセントーサ島!今度来るときは朝イチから来て遊びたおしたい!
セントーサ島の看板

徒歩ルートではハーバーフロントウォークを歩いて海を渡ります。

距離的には800mほど。19時頃は日が落ちて、涼しくなってくるので散歩にちょうどいいくらいです。
ハーバーフロントウォーク

ハーバーフロントウォークから見た夕日。この夕日がキレイだった。
ハーバーフロントウォークから見る夕日

モノレールからも夕日は見えるんですが、徒歩の方が自分のペースでゆっくり見えてオススメですね。鳥の様に見える小さな点はケーブルカーです。

道中にはワイヤーで作ったオブジェなんかも飾られています。

夕日に響くトランペット。
ワイヤーオブジェ トランペット

こっちはノリノリでサックスを吹いています。
ワイヤーオブジェ サックス

我思う故に我あり

18時半頃からだんだんと日が落ちてきて、19時くらいにはいい感じの夕日でした。

もう少し日が落ちて、夜になってもキレイなんじゃないかな。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールからの帰りは徒歩がオススメです!

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事

月間40万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5