不真面目/真面目が1/1=1になるように

オッシュマンズに行って最近の心拍数計事情を聞いてきた!

76e396a204a4a38ae09721f535d58844_m.jpg

「最近の心拍数計はどんなものがあるんだろ?」

せっかくランニングか再開できるようになったので、心拍数計も買い替えることにしました。買い替えるにあたり実物を見たかったので、オッシュマンズ新宿店に行って最近の心拍数計事情をリサーチしてきました!
ショップリスト | OSHMAN’S

広告


主に4つのメーカー

お店で紹介してもらって心拍数計は主に4つのメーカー。

  • SUUNTO(スント)
  • GARMIN(ガーミン)
  • エプソン
  • POLAR(ポラール)

76e396a204a4a38ae09721f535d58844 m

大雑把な特徴

SUUNTO(スント)

フィンランドにある多機能型時計メーカー。コンパス付きの時計から開発されていったメーカーなので、GPSなどの機能は信頼が高いそうです。

少々ごっついでデザインですが、男性は結構気に入るタイプかと。

ランニングや運動だけでなく、アウトドア系のスポーツ全般に使える感じ。

心拍数計が主な機能ではないので、ランニングに使うには少々オーバースペックな印象です。その分値段も高くなっています。ランニング以外のアウトドアとかでもガンガン使いたい人は選択肢に入れてもいいかと。

心拍数計の発信器は胸に装着するタイプになります。

GARMIN(ガーミン)

こちらもGPSから始まったメーカーです。創業はアメリカ。こちらもSUUNTO(スント)と同じようなイメージ。

個人的にはデザインはSUUNTO(スント)の方が大人なイメージ。GARMIN(ガーミン)はGショックに似ているかなと。

機種によってはライフログがとれるもあるみたいです。興味がある人は選択肢としてみてもいいかと。

少し色が派手なのてライフログをとるためにつけっぱなしにしておくのに抵抗感があるかも。心拍数計の発信器は胸に装着するタイプになります。

エプソン

まず第一印象としては「エプソンが心拍数計なんてだしてるの!」でした。意外です。エプソンの心拍数計は腕で計測するタイプ。計測したデータはスマートフォンに転送してみる仕様になってます。

個人的にはランニングには向かないかなと思います。測定部も腕になるので、心拍数に誤差が出ること考えられます。

POLAR(ポラール)

心拍数計の老舗メーカー。心拍数計の老舗だけあって店員さん曰く、一番誤差が少ないとのこと。

広告

単に心拍数を表示するだけのものから、トレーニングメニューを提案してくれるものまで自分の要望と財布と相談しながら選べます。

結局どれにした?

いろいろ悩んだあげくお店では決めることができなかったのですが、後日ネットで購入しました。選んだのはPOLAR(ポラール)のM400 。購入のポイントは心拍数計の信頼度と、ランニングでの使いやすさ。

SUUNTO(スント)のデザインにもひかれたのですが、一番重要視する心拍数計の機能を優先しました。上位機種のV800とも迷ったのですが、少々オーバースペックかなと思い見送りました。デザイン的にはV800の方が気に入ったんですが、値段的にも厳しかったので・・・

GPS機能はSUUNTO(スント)、GARMIN(ガーミン)の方が優れているようですが、正直日々の練習には必要ないかなと思い。そんなにGPSが必要な場所を走る機会がないので。街で使う分には全然問題ないだろうと判断しました。

POLAR(ポラール)のM400 を選んだのはスマートフォンと連携している点も評価しました。使ってみないと詳細はわかりませんが、胸に心拍数計を付けるテイプでスマートフォンでログか管理できるは個人的にはドンピシャの機能でした。

活動量計もついているみたいなので、日常から装着しておいてもよさそうです。これ一つで全て管理できるのはとても魅力的です。

我思う故に我あり

M400は届いたら使い心地に関して書く予定です。年末年始のためちょっと届くのに時間かかかりそう。はやく届かないかな〜

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする