海外旅行に必須のエポスカード 当日受取可能!

さすがノースフェイス!ETIP Glove(イーチップ グローブ)は冬のランニングの必需品!

「手がかじかむから走りたくないっす」

今回は最近買ったノースフェイスのETIP Glove(イーチップ グローブ)について書きます。

冬のランニングはキツいですよね。布団から出るとき。ドアを出るとき。走りはじめるとき。寒くて寒くて心が折れてしまいます。冬の防寒グッズは必需品です。

特にむき出しになる手。寒くて寒くてちぎれそうになります。走るのが嫌にならないためにも快適な手袋をつけましょう!

スポンサーリンク

The North Face ETIP Gloveが温かくて、スマホランナーには必需品

今回買ったのはThe North Face のETIP Glove。今シーズンいつの間にか手袋がなくなっていて買い替え検討。

「ちょっと高いな・・・でも手袋しながらiPhoneいじれるのはいいな」と2.3日ほど悩みながら、結局買ってしまいました。

このマークがスマートフォン対応って意味なのかな?

ノースフェイスのロゴ。

気に入ったポイント

ETIP Gloveの良かった点をまとめてみました。

とにかく温かい!

ランニング用の手袋って薄手のものが多く、正直寒さに対する防御力が弱いんですよね。

ところが、さすがアウトドアメーカーが作った手袋。ETIP Gloveはとにかく温かい!早朝のランニングでも全然寒くありません!

手首までしっかり守ってくれるので、隙間からの冷えもなく。

ウィンドブレーカーでも着込めば完全防御できます。

スマートフォンも使いやすい

スマートフォンのタッチパネルの感度も良好。全ての指で使えるそうです。

親指、人差し指、中指にはグリップが着いているのでスマートフォンをガッチリつかむことができます。

つながって紛失防止

地味に気に入ったのが二つの手袋がくっつく点。手袋っていつの間にか片方が無くなるんですよね・・・キチッと止めておけばとりあえず片方紛失は防げます。

スポンサーリンク

残念なポイント

良かった点だけでなく、微妙な点も記載しておきます。

手袋にしては値段が高い

普通のランニング用手袋に比べてかなり値段が高いです。僕は百貨店で5000円位で購入しました。個人的には満足してますが、学生とかランニング初心者は躊躇する値段なんじゃないかと。

また、店員さんの話では2年位でタッチパネルの機能は劣化してしまうそうです。(防寒性には問題ないですが)この値段で2年毎に買い替えはちょっと痛い出費です。

厚くてかさばる

防寒性が高いだけあって、手袋が厚めになっています。ポケットなどに入れると少しキツいです。

ランニング中に外す時はウエストバックなどにしまわないとヤバイかなと。ポケットだと落としてしまいそうです。普段の練習ならまだいいですが、大会とかだと少し邪魔になりそうです。

ランニンググローブじゃない

ここまで話しておいてなんなんですが、そもそもETIP Gloveはランニンググローブではありません!ランニンググローブに比べてごっついし、手のフィット感もイマイチです。

こだわりがある陸上経験者はその厚さに違和感をおぼえるかもしれません。(僕は全然こだわらないので平気でしたが)一度お店で実物を見てから買うことをおすすめします。

我思う故に我あり

アウトドアメーカーの手袋は初めて使いましたが快適ですね。寒い中走るのはキツいですが、このグローブのおかげで一つハードルが下がりました!

ランニングの距離などはスマホのアプリで管理しているので、着けたまま使えて大変快適です。冬の必需品になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください