不真面目/真面目が1/1=1になるように

ストウブで作る簡単焼きリンゴのレシピ オーブン不要でできるぞ!

slooProImg_20160112135500.jpg

今日はストウブで作る簡単焼きリンゴの紹介。

料理に慣れてない人でも美味しく作れるのがストウブ。肉じゃがとかカレーを作るだけでも良いんですが、せっかくだから色々作ってみませんか?

ということで、今回はストウブでつくる焼きリンゴの紹介。オーブンも使わず、簡単にできますよ。

広告


焼きリンゴの簡単レシピはこれだ!

読んでみればわかりますが、あまりにも簡単なレシピです。子供でもできますよね。オーブンもつかわないので、どの家庭でもできますよ。

  • ストウブ鍋を弱火で温め、底と側面にバターを塗る
  • リンゴを重ならないように並べる
  • ティースプーン1杯程度の水を入れ、蓋をして弱火
  • 20分ほどたったら竹串を刺してみて確認
  • 蓋を開けたまま、お好みで水分を飛ばす

実際に作ってみました!

ということで、久しぶりに作ってみました。

リンゴは8等分のくし切り。4等分に切ってもいいんですが、火が通るまで時間がかかるので8等分のくし切りがベスト。
ストウブ STAUB 焼きリンゴ

鍋はあらかじめ温めておきます。今回はピコ・ココット ラウンドを使いましたが、オーバルでも問題なくできます。
ストウブ STAUB 焼きリンゴ

鍋を温めるのか目的なのど、ごく弱火で。
ストウブ STAUB 焼きリンゴ

バター。バターがなくてもできるんですが、個人的にはバターの塩気とコクが好き。冷蔵庫になければ、わざわざ買いに行かなくてもいいですよ。
ストウブ STAUB 焼きリンゴ バター

鍋が温まったらバターを鍋に落とします。
ストウブ STAUB 焼きリンゴ バター

リンゴがひっついたりしないように底と側面に塗ります。意外に側面に焦げついたりするんですよね。
ストウブ STAUB 焼きリンゴ バター

基本的にはリンゴが重ならないように並べます。写真はピコ・ココット ラウンド16cm。この大きさだと、くし切りにしたリンゴが6切れほど入ります。重ねて並べてもいいんですが、火の通りに差ができてしまいます。
ストウブ STAUB 焼きリンゴ はじまり

ティースプーン1杯程度の水をいれ、蓋をして20分ほど蒸し焼きにします。リンゴの水分が多ければ水を入れなくてもできるんですが、失敗して焦がしてしまうことも。慣れるまでは本堂少量の水を入れるのをおすすめします。

20分ほど蒸し焼きにすると、リンゴからたっぷりと水分が出てきます。
ストウブ STAUB 焼きリンゴ 途中

竹串を刺してみて硬さを確認。個人的にはシャリっと感触が残るぐらいが好き。クタッとしたのが好きなら蓋をして、もう少し蒸し焼きに。
ストウブ STAUB 焼きリンゴ 竹串

最後に蓋を外し余計な水分を飛ばしたら完成です!
ストウブ STAUB 焼きリンゴ 完成

広告

冷めても美味しいので、僕はタッパー入れて保存します。野田琺瑯などならこのまま温めることもできるので便利。冷やすとバターの油分が固まってしまうので、気になる人は温めるか、バターを少な目にして作ってみてください。
ストウブ STAUB 焼きリンゴ 完成

我思う故に我あり

この時期になるとリンゴも安くなるし、簡単なので覚えておいて損はないですよ。

アイスと合わせてもいいですし、もっと小さく切って煮込めばジャムのかわりにもなりますよ!

ストウブで簡単レシピを知りたい方はこちらもどうぞ

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする