年会費無料 エポスカード新規入会で8,000円

スワンナプーム空港 自動販売機でSIMカードを購入する方法(TrueMove)

“疑問”/
マジメ君

はじめてのバンコク旅行だけど、SIMカードはどうやって買おう

はじめて行く国だと、SIMカードの買い方がわからなかったりしますよね。

でも、安心してください。

バンコクのスワンナプーム国際空港では、自販機でSIMカードが買えちゃうんですよ。

この記事では自販機でのSIMカードの買い方を解説。

さらに、記事の後半ではタイ旅行で使えるSIMカードを、日本でさらに安く購入する方法を紹介します。

この記事で分かる事
  • スワンナプーム空港の自動販売機でSIMカードを買う方法
  • 日本にいるうちにSIMカードを安く購入する方法

スポンサーリンク

2019年9月8日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で夏休みセールを開催中。タイのテーマパーク、ツアーの料金がびっくりするくらいお得になります!

夏休みセールを見てみる

スワンナプーム空港 自動販売機でSIMカード(TrueMove)の買い方

スワンナプーム空港では、3つの通信会社がSIMカードを販売しています。

どの会社もカウンターは混んでいて、契約するまで時間がかかるんですよ。
実店舗

時間を節約するために、オススメなのはSIMカードの自販機。TrueMoveはお店の横に自販機を設置しています。
自販機

自販機での購入は簡単ですよ。次の6つのステップで買えちゃいます。

  1. 自販機に表示する言語の選択
  2. SIMカードの選択
  3. パスポートのスキャン
  4. 顔写真の撮影
  5. 支払い(クレジットカード)
  6. SIMカード受け取り

まずは自販機で表示する言語の選択。日本語があるので、迷わず日本語を選択しましょう。
言語の選択

つづいてSIMカードを選択。2018年5月の段階では、選べるSIMカードは1種類だけでした。
SIMカード選択

8日間使用できるSIMカード。通信料3GBまでは、4Gの速度で通信。それ以降は通信速度が下がるようです。(LINE、メールなどはストレスない)通話、テキストメッセージが100バーツ分含まれています。

値段は299バーツ。 日本円だと1,000円くらいですね。

まあ、普通に使用する分には3GBで十分ですよ。動画を見るときはレストラン、ホテルのWi-Fiを利用してくださいね。

SIMカードを購入するには、パスポート、クレジットカードが必要になります。
パスポートの読み取り、クレジットカードの読み取り

SIMカードを選択したら、パスポートをスキャン。顔写真が貼ってあるページを開いてスキャニングします。
パスポート読み取り

パスポートスキャンの後は顔写真の撮影。画面の表示に合わせて、顔写真を撮影します。

支払いはクレジットカードのみ。VISA、マスター、JCBカードしか使えないので気をつけましょうね。

無事にSIMカードをゲット! 設定が上手くいかないときは、自販機の近くにいる店員さんに聞いてみてください。パパッと設定してくれます。
SIMカードゲット

TrueMoveのSIMカードを日本で手に入れる方法

“喜び”/
フマジーメ53世

TrueMoveのSIMカードは日本でも手に入るんだぜ。 日本で買った方がお金も時間もお得。スマートだろ。

スワンナプーム空港で購入する方法を紹介しましたが、実は同じようなSIMカードが日本で購入できます。さらに日本で買った方が安いんですよ。笑

2枚入りだとさらにお得。

スポンサーリンク

我思う故に我あり

自販機で買えるSIMカードの種類が、もっと増えてくれるんとうれしいんですけどね。

8日間のカードしか買えないので、長期滞在の時には向きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください