【誰でもできる】宅配弁当で5kgダイエットした話

タイで両替するためにはパスポートかコピーが必須!現金が尽きてバンコクで路頭に迷った

こんにちは。毎年1回はバンコク旅行をするブッキーです。

本記事ではバンコク旅行中の失敗談について書きます。

GWに行ったバンコク旅行。タイの旅行は3回目だったため、特に気負うことなく旅行を楽しみました。

そんな気の緩みのせいか、思わぬことで苦労することになりました。観光先で現金(タイバーツ)が切れてしまったのです。

日本円はたっぷり持っていたのですが、ある理由で両替ができませんでした。

それはパスポート。

パスポートを携帯していなかったため、散々な目にあいました…。

2020年9月30日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で割引クーポンコードを配布中。タイのテーマパーク、ツアーの料金がお得になります!
➡︎ 期間限定のクーポンコードはこちら

クーポンコードを見てみる

バンコクで現金が尽きて路頭に迷った

現金が尽きたのはバンコク旅行4日目の夕方。日本に帰国する前日のことでした。

その日は朝食、カフェを楽しみデパートで買い物。この時点で現金がなくなりそうだなとわかっていたんですが、両替をするのを忘れていました。

午後はバンコクの中心地からはちょっと外れた場所にあるドッグカフェへ。

この時点で「あ、やべえ。現金がなくなる」と確信。まあ、通り道に両替所くらいあるだろうと軽く考えていました。

ドッグカフェの最寄り駅に降りたあと、両替所を探したんですが見当たらず。

手持ちの現金で足りるのか、ビクビクしながらドッグカフェに行くことにしました。

駅からドッグカフェまで徒歩で15分以上。

タクシーを使いたかったんですが、現金に余裕がない。

しょうがないからクソ暑い炎天下の中、頑張って歩いて行きました。

無事にドッグカフェに到着。前払い制の支払いを済ませ、シベリアンハスキーたちと楽しい時間を過ごしました。
バンコク ドッグカフェ

この時点で所持金は60バーツ程度。日本円で250円くらい。

楽しい時間が過ぎたあと、現実に引き戻されます。

お金がないので、帰りも駅まで歩くことに。

行きよりも陽が傾いていたため、いくらかはマシでしたが、それでもタイの陽射しはキツい。

無事に駅に到着。夕食を食べるために次の目的地に向かいます。

向かったのはビクトリーモニュメント駅。先ほどの駅より格段に栄えている駅です。

ここなら両替所があるだろうと考え、なけなしの現金を使い電車に乗りました。

結論からいうと、ビクトリーモニュメント駅周辺に両替できる場所はありました。

しかし、僕らは両替することはできませんでした。

なぜならパスポートを持っていなかったからです。

タイの銀行、両替所で両替をするにはパスポート、もしくはパスポートのコピーが必要になります。

僕はそのことを忘れていたのです。

日本円は5万円くらい持っていたんですが、まったく両替することはできず。

この時点で手持ちは20バーツ程度。彼女と二人だったので電車に乗ることすらできません。

残された現金で水を2本買い、泣く泣くホテルまで歩いて帰りました。

40分近く歩いてホテルに到着。無事にフロントで両替をすることができました。

パスポート本体はホテルで保管!コピーは常に持ち歩こう!

海外で現金が尽きると本当何もできません。

僕らは徒歩で帰れる距離だったからなんとかなりましたが、これがもっと郊外だったら…。

クレジットカードや日本円を持ってても全然役に立ちません。

現地の現金を多めに持ち歩くか、パスポート、もしくはコピーを常に携帯しておきましょう。

パスポートを持ち歩くのは不安があるので、コピーを持ち歩くのをおすすめします。

旅行先であわてないためにも、日本にいるうちにコピーをとっておく方がいいですよ。

海外のコピー機にパスポート忘れたなんてやらかしたら大変ですからね。(笑)

我思う故に我あり

いや〜現金が切れたときはマジで焦りました。

こういうのも旅の醍醐味とはいえ、もう二度と味わいたくありません。

両替所はどこにでもあるわけではないので、ヤバイと思ったらホテルで両替しておいた方が無難。

少しレートは悪いですが、出先で現金がなくなるリスクに比べたら安いもんです。

バンコク旅行前に知っておくべきことは別記事で詳しく解説しています。こちらも参考にしていくれるとうれしいです。

➡︎ 【保存版】タイ バンコク 行く前に知っておくべき観光・旅行情報と注意事項まとめ