トップ画像

不真面目/真面目が1/1=1になるように
カテゴリー ストウブ 海外旅行 プロフィール
クリスマスプレゼントは用意しましたか?
人気のプレゼントを見てみる
期間限定 最強のふるさと納税知ってます?
最強のふるさと納税を見てみる
クリスマスプレゼントは用意しましたか?
人気のプレゼントを見てみる
期間限定 最強のふるさと納税知ってます?
最強のふるさと納税を見てみる

【保存版】タイ バンコク 観光・旅行前に知っておくべきことまとめ

スポンサーリンク

困った人

バンコクってどんなところ? 今度旅行してみたいけど不安だな……

初めての土地って、どんな場所かわからず不安になりますよね。海外だとなおさらです。

治安はどうなの? 物価がどうなの? どんなマナーがあるの? どこを観光すればいいの? 観光にオススメのホテルはどこ?

旅行前にいろいろ疑問がわいてくきますよね。

ボクは海外駐在員時代にタイ人と仕事していました。年に1、2回ほどはタイ、バンコクに旅行します。

この記事では、バンコク観光・旅行前にしっておくべきことをギュギュっと凝縮。

事前に読んでおけば、安心してバンコク旅行ができますよ!

⇨バンコクの現地ツアー予約はタビナカがおすすめ!

2019年1月6日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で年末年始セールを開催中。テーマパーク、ツアーの料金が最大10%オフになります。【シンガポール・バリ・マレーシア・タイ・韓国・ヨーロッパ】

年末年始セールを見てみる

タイ バンコク 観光・旅行前に知っておきたい基本情報

バンコクの基本情報です。

公用語・言語

タイの公用語はタイ語です。

バンコクならほとんどの場所で英語か通じます。

欧米人の英語に比べて、タイ人の英語方が聞き取りやすいかなと感じます。

首都

タイの首都はバンコクです。ボクらは「バンコク」と呼びますが、正式名称はもっと長いそうです。

外国人はタイの首都を「バンコク」と呼びますが、正式名称はバンコクではなく以下の通りとても長い名前です。
 普段、タイ人は正式名称の初めの部分「クルンテープ」を首都名として呼んでいます。

正式名称

 “クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット”
引用元 : バンコクの正式名称

大きさ・面積

バンコクの面積は1,569km²。日本の47都道府県のどれよりも小さいことになります。

ちなみに東京都の面積は2,191km²。東京都23区の面積は619km²です。

人口

タイの人口はおよそ6,900万人。だいたい日本の半分くらいですね。

そのうち、バンコクの人口はおよそ870万人です。

宗教

タイ人の95%以上が仏教を信仰しています。そのほかイスラム教、キリスト教なども少数いるようです。

タイの仏教は少し変わっていて、独特の仏教だそう。

王室を始め、タイ国内のほとんどは仏教徒で占められている。そのほとんどは上座部仏教であり、それにヒンドゥー教や、精霊信仰を加味した独特の仏教になっている。
引用元 : ウィキペディアより

治安

バンコクに何回も旅行していますが、とくに治安の悪さは感じません。

バンコク市内であれば、強盗など身の危険を感じるような犯罪に遭遇することはないでしょう。

ただし、過去にテロ事件などが起きています。また、政治的な暴動が起きたりもします。

バンコク市内でも、ぼったくりなどには遭遇します。指示した通りに走らないタクシードライバー、親しげに声をかけてくるタイ人などには警戒しましょう。

バンコクの治安に関しては、別記事で詳しく解説しています。こちらも読んでみてください。

お金

タイのお金は紙幣、硬貨の2種類。

単位はTHB(タイバーツ)です。タイ国内ではB(バーツ)と表記されます。

紙幣は20〜1000Bの6種類。硬貨は1〜10Bの4種類。

国王が変わったことで、2018年4月から新しいデザインのお札か流通しています。

物価

バンコクの物価は日本よりだいぶ安いですよ。

ゲストハウス、安いホテルなら2千円ほどで宿泊できます。ローカルのお店なら200〜400円ほどで食事できますよ。

ただし、外資系のショップ、レストランなどは日本とあまり変わりませんね。

例えば、スターバックスなどは日本と同じくらいの値段です。デパートなどのブランド品も、日本と同じくらいの値段でした。

両替

空港、街中に両替所があります。ホテルによってはフロントで両替してくれます。

ただし、ホテルの両替はレートが悪いのでオススメできません。

ほとんどの場合、クレジットカードを使い、ATMでキャッシングした方がお得です。街中を歩けばATMがすぐに見つかるので、時間の節約にもなります。

オススメのクレジットカードは別記事でまとめています。参考にしてください。

日本国内で事前に両替するなら、Webの両替サービスを利用しましょう。

Webで申し込み後、お金を入金。両替したお札が郵送で送られてきます。

Web両替で、とくにレートが高いのは外貨両替マネーバンクですね。

1タイバーツが、3.4円ほどで買えます。(緑の枠線で囲った値が、小さいほどレートが良い)

申し込みはこちらからできます。


気候・気温・天気

バンコクの気候・気温・天気についてまとめました。(参考サイト : weatherbase

年間平均 1月 2月 3月 4月 5月 6月
平気気温 28 26 28 29 30 30 29
平気最高気温 32 31 32 33 34 33 32
平気最低気温 25 21 23 25 26 26 26
平気降水量 1450 10 20 30 70 190 150
平気降雨日数 137 2 2 5 8 17 18
年間平均 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平気気温 28 29 28 28 28 27 26
平気最高気温 31 32 32 31 31 31 30
平気最低気温 25 25 25 25 25 23 21
平気降水量 1450 150 180 320 230 50 10
平気降雨日数 160 19 21 22 16 5 2

表を見ればわかりますが、毎月の平均気温が30度近いです

タイの季節は暑季(暑い季節)、雨季、乾季の3つ。

暑季は2月の中旬から5月中旬。暑い日は40度近くまで上昇します。

雨季は5月中旬から10月中旬。雨が降り続くというより、1日に数回激しいスコールが降ります。

乾季は10月中旬から2月中旬。雨が少なく、湿気が少ないので旅行にもっとも適したシーズンです。

インターネットの通信状況・Wi-Fi

バンコクのほとんどレストラン、カフェ、ホテルでWi-Fiが利用できます。料金は無料。

通信速度ですが、普通に利用するにはストレスは感じません。

ストリーミングで動画を観たりするには、少し遅く感じるかもしれません。

ホテルのWi-Fiはかなりアタリ、ハズレがあります。とくに22時以降になると遅くなることが……。

旅を快適に過ごしたいなら、ポケットWi-Fi、現地のSIMカード購入がオススメですね。

時差

日本とタイの時差は-2時間。

たとえば、日本が12時ならタイは10時。日本が20時ならタイは18時になります。

日本からの飛行時間

日本からタイまで、飛行時間は4時間30分〜6時間です。

東京、北海道、中部、関西、からだと約6時間。福岡からだと約5時間20分。那覇からだと約4時間30分。

タイ バンコクの観光に必要なビザ

タイには30日以内の観光滞在であれば、ビザの申請は不要です。

もう少し詳しく説明すると、下記の条件になります。

  • 観光目的
  • 1回につき空路入国は30日以内、陸路入国は15日以内
  • 入国時にタイから出国する予約済み航空券をもっている
  • 入国時に一人当たり10,000B、一家族あたり20,000Bの相当の現金をもっている
  • 入国時にパスポートの残存有効期限が6ヶ月以上

スポンサーリンク

バンコク旅行に必要な予算

バンコク旅行に必要な金額を、旅行日数ごとに表にしました。

日数 予算
1泊2日 101,460
2泊3日 121,440
3泊4日 141,420
4泊5日 161,400
5泊6日 167,380

旅行費用の多くを占めているのは飛行機代金ですね。

1泊2日だと半分近くは飛行機代金に消えてしまいます。

バンコク旅行にするなら、2泊以上はした方がいいですよ。

予算の詳しい内訳、節約方法は別記事にまとめています。こちらも読んでくれるとうれしいです。

バンコクの観光情報

観光についての情報をまとめました。

定番観光地

バンコクの定番観光スポットをピックアップ。

バンコク市内の観光だけなら3日。水上マーケット、アユタヤツアーなどを盛り込むなら5日くらいほしいですね。

  • ワット・プラケオ
  • ワット・アルン
  • ワット・ポー
  • サイアム パラゴン
  • チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット
  • アジアティーク・ザ・リバーフロント
  • カオサン通り
  • タリンチャン水上マーケット
  • ダムヌンサドゥアック水上マーケット
  • アユタヤ歴史公園

バンコクに来たなら、ぜひニューハーフショーを体験してください! アジアティーク・ザ・リバーフロントで体験できます。

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットは週末だけの開催なので要注意。

移動方法

バンコク市内の移動はタクシー、電車がメインなります。

バンコクは渋滞がひどく、タクシーだと時間がかかることがあるので、なるべく電車がオススメ。

トゥクトゥク(三輪の自動車)なんかもいいですよ。メーターが付いてないので、乗る前に値段交渉してから乗りましょう。

バンコク観光なら現地ツアー「タビナカ」がおすすめ

英語が苦手だったり、海外旅行に慣れていないなら現地のツアーを利用した方がいいですよ。

アユタヤや水上マーケットなど、自分ではアクセスが難しい場所はツアーの方が楽だし料金が安くなります。

現地オプショナルツアーなら,「タビナカ 」がオススメ。

タビナカでにはプライベートツアーがあるので新婚旅行、子供連れ、年配の方には特にオススメですね。

タビナカのツアーは日本語ガイドが付き。タイ初心者、英語が話せない方でも安心して楽しめます。

また、日本の会社がすべて運営しているので、いろいろ柔軟に対応してくれるんですよ。ツアーによっては前日、当日予約でも受け付けてくれます。

定番のアユタヤツアーはランチ、水上マーケットまでセットになった人気のツアーです。

「タビナカ 」を利用して、充実した旅を楽しんでくれるとうれしいです。

スポンサーリンク

タイ バンコク 観光にオススメのホテル

実際に宿泊し、観光にオススメホテルを紹介します。

ル・メリディアン バンコク

ル・メリディアン バンコク

シーロム駅、サラディーン駅からも徒歩圏内。ホテルの周辺はシーロム地区なので、大変賑わっています。遊びや食事には困らないエリア。

5つ星のホテル。部屋が豪華。

最安値を調べてみる

ヴィ ホテル バンコク

ヴィ ホテル バンコク
BTSラチャテヴィー駅からすぐの5つ星ホテル。

部屋が豪華で、セレブ気分を味わえます。オススメ。

最安値を調べてみる

バンコク マンダリンホテル

バンコク マンダリンホテル

MTR(地下鉄)のサムヤン駅から歩いて7分ほど。比較的駅に近いので便利な立地条件。

4つ星のホテル。ロビーが広く、ブール、ジムなど完備。

部屋は少し狭いですが、日程によっては5千円ほどで宿泊できます。

最安値を調べてみる

格安航空券を購入する方法

航空券を比較してくるれサイトを紹介しておきます。どの比較サイトも大きな違いはないので、2社くらい調べれば十分ですよ。

バンコク 空港に到着時に知っておくべき情報

空港に到着時に気になる4つの情報をまとめました。

バンコクにはスワンナプーム国際空港、ドンムアン国際空港の2つがあります。

SIMカード

空港についたら、まずは無料のWi-Fiサービスを使いましょう。スワンナプーム国際空港、ドンムアン国際空港どちらでも利用可能。

空港で旅行者用のSIMカードを購入できます。

とくにむずかしいことはなく、スマホを店員さんに渡せば設定までしてくれますよ。

タイで使えるSIMカードは日本でも購入可能。マニュアル付きなので、誰でも設定できるかと。

両替

空港内に両替所あります。空港の両替所はレートがよくないので、市内の両替所の方がオススメです。

両替所では基本的にパスポートの提示が必要になります。(必要でないこともあるよう)

ATM

空港内にATMが置いてあります。海外キャッシングができるクレジットカードを持っているなら、まずはここでキャッシングしましょう。

海外キャッシング用のクレジットカードを持っていないなら、一枚作っておくといいですよ。

オススメのクレジットカードは別記事でまとめています。参考にしてください。

移動

空港から市内地への移動は、基本的にタクシー、電車になります。(ドンムアン空港は電車なし)

荷物が少ないなら、電車の方がオススメ。


スワンナプーム国際空港、ドンムアン国際空港間の移動は無料のシャトルバスを使いましょう。


食事・レストラン

空港内にフードコート、レストラン街があるので、お腹が空いていたらこちらを利用しましょう。

味はあまた期待しないでください。(笑)


バンコク 旅行前に知っておくべきマナー・習慣

王族に関する悪口を言ってはいけない

タイでは王族の悪口を言うと捕まります。

タイには不敬罪があるんですよ。これはタイ国民だけでなく、外国人にも適用されます。

警察が聞いてなかったとしても、タイ国民は王族を大変敬っているので、少なくともタイ人が近くにいる時は気をつけましょう。

お寺や、王族関係の建物に行くときは肌の露出を抑える

肌の露出が激しい服を着ていると、お寺や、王族関係の建物には入れません。
注意書き

とくに女性には厳しいです。無料の衣服を貸してくれるところもあるようですが、観光時には注意してくださいね。

女性はお坊さんに触ってはいけない

タイでは、女性かお坊さんに触ることが禁止されています。

まあ、触る機会なんてないでしょうが、気をつけてくださいね。

頭を撫でてはいけない

タイ人は頭をとても神聖なものとしています。

不用意に触るとマジで怒ります。(タイ人と仕事している時に注意されました)

とくに赤ちゃんの頭は気をつけてください。気軽に撫でていはいけません。

チップに関して

食堂もタクシーなどでは基本的にチップは不要です。

中級のホテルや、レストランを利用したときはチップをわたした方がいいでしょう。

また、マッサージ、スパでもチップを渡した方がいいですね。マッサージなら50Bくらい。スパは店のグレードによりますが、100B以上が目安みたいです。

我思う故に我あり

旅行前に色々知っておくと、不安がなくなりますよ。この記事をブックマークしておいて、旅行中も読むのがオススメ。

別記事でタイ・バンコク旅行用の持ち物をまとめています。こちらの記事で持ち物・必需品をチェックしてくださいね。

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール

当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!
毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはこちら。当ブログではスポンサー、純広告を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加

follow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください