トップ画像

不真面目/真面目が1/1=1になるように

象のブラック企業を見てきたり、ホーチミン移動な1日【ダクラク旅行5日目】【Fu/真面目な日常】

スポンサーリンク

旅行先でお土産を買わないブッキー(@anahideo)です。

年に数回、海外旅行します。

旅行先ではベタな観光名所に行きますが、お土産はあまり買いません。
(嫁は色々買うけど)

旅行先のお土産って、帰国してから邪魔になりませんか?

2019年1月6日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で年末年始セールを開催中。テーマパーク、ツアーの料金が最大10%オフになります。【シンガポール・バリ・マレーシア・タイ・韓国・ヨーロッパ】

年末年始セールを見てみる

ブオンドンで象を見てきた

前々日から風邪をひいていた嫁(ベトナム人)ですが、朝食を普通に食べられるくらいに回復。

朝食は屋台のブンティッヌン。甘辛く焼いた肉がのかっています。酸味のあるタレ。
ブンティッヌン

お店の方は日本人を初めて見たらしく、肉をサービスしてくれました。田舎では日本人が物珍しいらしく、温かく接してくれます。

ご飯を食べた後は、嫁の友達の家へ。

お土産に大量のアボカド、コーヒーをもらいました。ダクラク地方のアボカドは有名らしいです。形はまん丸。
大量のアボカド

さすがに飛行機にのせるのは無理なので、ホーチミンに住むお義姉さん宅に送ってもらいました。

嫁の友達が観光に連れて行ってくれることに。

車で約40分。ブオンドンを目指します。
道路

道中、車のタイヤがパンク。
タイヤがパンク

すぐ近くに、修理してくれるお店があったので大ごとにはならず。
タイヤ修理

おっちゃん!ありがとう!
おっちゃん頑張れ!

景色よし。
景色いい

この辺りはエレ族と呼ばれる人たちが住んでいます。彼らの住居は写真のように高床式になっているんですよ。
エレ族の家屋

なんで高床式になっているか嫁に聞いてみると、「野生の動物が入ってこないように」と教えてもらいました。

そんな話をして車の外を見ると、野生と思われる豚が歩いています。たしかに、これは高床式にする必要があるな。笑
野生の豚?

エレ族の伝統的な階段。
エレ族の階段

女性の体をモチーフにしたデザイン。思春期のエレ族男子は、これ見て興奮するのかな?
女性のかたち

ブオンドンに到着。敷地内はドローン禁止の立て札。
ドローン禁止

本格的な吊り橋。めっちゃ揺れてこわいです。
吊り橋

ブオンドンは象乗りで有名。テト(旧正月)になると、大勢の観光客が象乗りツアーでやってきます。
象

象乗りツアーは大きな収入源なんですが、同時に象の酷使や過労死が問題になっているそうです。

テト期間中、15頭の象で合計3万人の観光客をツアー。象のブラック企業ですね……。

お土産屋で見つけた牛の角笛。
牛の角笛

普段はお土産なんて買わないんですが、この角笛は一発で気に入り購入。約350円なり。
角笛を吹く

ランチ風景。
ランチ

めちゃくちゃ蒸し暑くて、ランチからビール。しょうがない。
ボクだけビール

おかず。
おかず

ライス。
ライス

筒をむくと、中からもち米が出てきます。美味しい!2ほん完食。
むくとご飯

帰りに見かけた牛の渋滞。
牛の渋滞

のどかです。
牛の渋滞

ホーチミン入りします

夜の飛行機でホーチミンへ。今回の旅はソウル→ハノイ→ダクラク→ホーチミン→日本。

ソウルからダクラクまで、今回はじめての土地。

馴れ親しんだホーチミンに、少しホッとします。
ホーチミンへむかう

さ〜ホーチミンで何をするかな。
ブンボーフエ

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール

当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事。毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはこちら。当ブログではスポンサー、純広告を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加

follow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください