トップ画像

不真面目/真面目が1/1=1になるように

エアソウル RS751【搭乗レポート】成田〜仁川 エコノミークラスの機材、機内食を紹介

スポンサーリンク

本記事ではエアソウル RS751を紹介します。

エアソウル RS751を使い、成田空港から仁川国際空港に行ってきました。

エアソウルの飛行機を利用するのはこれが初めて。

LCCの飛行機ということで乗り心地など心配していましたが、ぜんぜん大丈夫でした。

大手航空会社の飛行機にも負けない乗り心地。気持ちのいいサービスを受けることができましたよ。

本記事ではチェックインから搭乗までの様子、機内のサービス、仁川国際空港に付いてから入国手続きまでの様子を紹介します。

2019年1月6日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で年末年始セールを開催中。テーマパーク、ツアーの料金が最大10%オフになります。【シンガポール・バリ・マレーシア・タイ・韓国・ヨーロッパ】

年末年始セールを見てみる

エアソウル RS751 チェックインから搭乗まで

エアソウル RS751は成田空港 第1ターミナルから飛びだちます。

成田空港に行くなら、東京駅から乗れる「THE アクセス成田」がおすすめですよ。電車より安いし、乗り換えがないから楽チンです。

成田空港に到着。エアソウルのチェクインはJカウンターです。

近くに自動チェックイン機もありますが、エアソウルのチェックインには対応していませんでした。


エアソウル RS751自動チェックイン機

朝の11時からチェックインカウンターがオープンします。あまり早く行ってもチェックインできないので注意してください。
エアソウル RS751カウンター

エアソウルでは正規・割引運賃の場合、15kgまで無料で荷物を預けることができます。機内持ち込みの荷物は、大きさが3辺の合計で115cm(A55cm、B40cm、C20cm)未満、10kgを超えないものです。
エアソウル RS751 荷物制限

チェックインを終え、搭乗券をゲット。
エアソウル RS751 チケット入手

搭乗口は38番ゲート。搭乗口の前に、写真のようなオッドマン付きの椅子があります。早く搭乗口に行けば、ゆっくり座れますよ。
エアソウル RS751 搭乗口前のオッドマン

エアソウル RS751 エコノミークラスの機材を紹介

エアソウル RS751の機内を紹介します。
エアソウル RS751 内部

座席

座席。LSSということであまり期待していませんでしたが、思ったより広い。クッションもしっかりしていて、座り心地は問題ありませんでした。
エアソウル RS751 座席

座席のモニター。
エアソウル RS751 モニター

各座席用の照明、クーラーあり。クーラーは排出口を回すと閉まります。機内はかなりクーラーが効いているので、個別のクーラーは不要でした。(夏なら必要そう)
エアソウル RS751 照明、クーラー

女性用のトイレあり。
エアソウル RS751 女性用トイレ

座席の広さ

ボクは身長177cm、体重66kg。比較的身体が大きい方ですが、特に窮屈さは感じませんでした。

写真を見てもらえばわかりますが、膝の前に拳2分くらいのスペースがありますよね。
エアソウル RS751 座席の広さ

ソウルまで約2.5時間のフライトなので、これくらの大きさで十分ゆったり過ごせます

テーブル席の大きさ

各シートについているテーブルです。
エアソウル RS751 テープル

iPad Proを広げてもスペースがあまります。ノートパソコンの作業くらいなら問題なくできますよ。
エアソウル RS751 テーブルにiPad

上着かけ

モニター横についている上着かけ。秋、冬などはジャケットをかけられます。
エアソウル RS751 上着かけ

充電用のUSBボート

モニター横についているUSBポート。ここにケーブルを挿して充電可能です。機内で携帯、タブレットを利用する人は重宝する設備です。
エアソウル RS751 USBボート

スポンサーリンク

エアソウル RS751 機内エンターテイメントはなし

各シートにモニターが付いていますが、映画などのエンターテイメントは利用できません。
エアソウル RS751 モニター

2.5時間のフライト何もしていないの退屈ですよね。

事前にスマホに映画などをダウンロードしておくといいですよ。飛行機の機内でも利用できる動画サービスは別記事にまとめています。

エアソウルでは離発着時も電子機器が利用可能。飛行機に乗り込んでから降りるまで、たっぷり映画を鑑賞できます。

エアソウル RS751 機内食

14時過ぎに機内食が出てきます。(機内食は注文した人のみ)

野菜、果物たっぷりの機内食。ソウルにいったら食べたいものがいっぱいあるので、これくらい軽い機内食だと助かります。
エアソウル RS751 機内食

スポンサーリンク

エアソウル RS751 到着から入国手続き

予定通り現地時間の16時頃にソウルの仁川国際空港に到着しました。
エアソウル RS751 ソウル到着

入国手続きをするためにモノレールで移動します。到着から荷物の受け取りまで、30分くらいはみておいた方がいいですよ。
エアソウル RS751 電車にて移動

仁川国際空港ではフリーWi-Fiが利用できます。別記事に紹介しているので、こちらも参考にしてくれるとうれしいです。

我思う故に我あり

ボクは今まで何回もLCCに乗っていますが、エアソウルは乗り心地抜群でした。

CA(キャビンアテンダント)の接客がよく、気持ちよく利用できます。
(LCCによってはCAが無愛想なことが多い)

これだったらわざわざ大手航空会社の飛行機を利用する必要はないですね。浮いたお金で美味しいものを食べた方が幸せになれます。

エアソウル RS751。乗り心地よくておすすめです!

ソウルの観光名所 チケットクーポン情報

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール

当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事。毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはこちら。当ブログではスポンサー、純広告を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加

follow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください