トップ画像

不真面目/真面目が1/1=1になるように

シェラトングランド・スクンヴィットのジャズバー Living Room(リビングルーム)で生演奏を楽しんだ

スポンサーリンク

シェラトングランド・スクンヴィット,ラグジュアリーコレクションホテル,バンコクに宿泊しました。

ディナーを終えたあと、ホテルの中にあるバー Living Room(リビングルーム)へ。

美味しいカクテルを飲みながら、ジャズの生演奏が聴ける魅力的なバーだったので紹介します。

2019年4月7日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で春休みセールを開催中。タイのテーマパーク、ツアーの料金が割引価格からさらに最大7%近く割引されます。

春休みセールを見てみる

Living Room(リビングルーム)はどこにある?行き方は?

Living Room(リビングルーム)はホテルの1階にあります。

海外のホテルではレセプション(受付)がある階をグラウンドフロア、ロビー階と表記するのが一般的。

シェラトングランド・スクンヴィットでもレセプションがあるロビー階があり、その上の階を1階と表記しています。

つまり、Living Room(リビングルーム)はロビー階のもう一つ上の階にあるんですよ。

Living Room(リビングルーム)の営業時間は?

Living Room(リビングルーム)の営業時間は午前9時から深夜24時まで。

昼間はカフェとして利用できますが、ジャズの演奏はありません。

ジャズの生演奏があるのは17時45分から。45分間演奏して、15分休憩のサイクルを繰り返します。
(最初の演奏は17時45分から18時30分。次の演奏は18時45分から19時30分。このサイクルの繰り返しです)

稀にイレギュラーらスケジュールもあるようなので、事前に公式HPを確認した方がいいですよ。

注意点として、タイの法律により20時以降になると20歳未満の方は利用できません。お子さんと行くときは注意してください。

スポンサーリンク

Living Room(リビングルーム)店内の様子・雰囲気は?

昼間はカフェとして営業。カーテンが開いていて、外から明るい日差しが差し込みます。
Living Room(リビングルーム)昼間

夜になるとお店を囲うようにカーテンが閉まります。カーテンを閉めることで、演奏中の音が外に漏れないようになっているんです。

写真は加工して明るくしていますが、実際は暗くなり雰囲気が出ます。
Living Room(リビングルーム) 夜

ボクはジャズに詳しくないのでわかりませんが、有名プレイヤーの写真がずらりと飾られていました。バーカウンターにはサックスが鎮座。
Living Room(リビングルーム) プレイヤーの写真

Living Room(リビングルーム)のドレスコードは?

ドレスコードはカジュアルでOK。スリッパ、サンダル、スポーツウェアでは入店できません。

ボクはTシャツ、ジーンズで来店しましたが特に問題ありませんでした。周囲のお客さんを見るとハーフパンツの人もいましたよ。

スポンサーリンク

Living Room(リビングルーム)のメニューは?

Living Room(リビングルーム)では一通りのお酒が楽しめます。

メニューは全て英語。料金はタイバーツで表記されています。

ワインはグラス、ボトルで注文可能。
ワインメニュー

ビールはタイ国内のビール(domestic beer)、国外のビール(International beer)があります。
Living Room(リビングルーム) ビールメニュー

ノンアルコールカクテルは「virgin cocktails」と記載されています。
Living Room(リビングルーム) ノンアルコールメニュー

アルコール入りのカクテルが多数ありますが、オススメはオリジナルカクテルの『LUXURY』です。
Living Room(リビングルーム)カクテル

Living Room(リビングルーム)でオリジナルカクテル、ジャズの生演奏を堪能!

では、実際にボクらが利用した時の様子をレポートします。

ボクらは20時35分ごろに来店。ちょうど生演奏の休憩時間でした。
Living Room(リビングルーム) 来店

席に座り、注文を終えるとおつまみが運ばれてきました。

おつまみは4種類。どれもほどよい塩味が付いて、上品な美味しさ。中でもココナッツに塩味が付いているのが気に入りました。
Living Room(リビングルーム) おつまみ

ボクが注文したのはオリジナルカクテルの『LUXURY』。レモングラス、バジル、唐辛子入りのスパイシーなカクテル。
Living Room(リビングルーム) 『LUXURY』

唐辛子が入っていますが、辛さは舌に残りません。一瞬だけ感じてスッと消えていきます。

嫁(ベトナム人)が注文したノンアルコールカクテルの『jazz No.1』。サズベリー、アールグレイ、レモンソーダを使い、スッキリとした後味でした。
Living Room(リビングルーム) jazz No.1

20時45分なりジャズの生演奏がスタート。生演奏前から店内が一層暗くなり、雰囲気が出てきます。
Living Room(リビングルーム) 演奏

座っている席からステージまで5mほどの距離。音が身体に響きます。

心地よい音に身を任せて、美味しいカクテルを味わう。至福の時でした。

演奏の後半には、客席からのリクエストを受け付けてくれます。演奏してほしい曲をあらかじめ考えておくといいですよ。

Living Room(リビングルーム)の料金はいくらだった?会計は?

さて、気になるお会計ですが、711バーツでした。

日本円だと2,450円くらいですね。

カクテルだと1,500前後、ノンアルコールカクテルは少し安くて1,000円適度と考えておくとよいかと。

ジャズの生演奏付きでこの価格なら、かなりお得に感じました。

ホテルの宿泊者は伝表に部屋番号を書き、サインをするだけ。支払いはチェックアウト時にまとめて請求されます。

我思う故に我あり

いや〜、たまにはこういう大人な時間もいいですね。

シェラトングランド・スクンヴィット,ラグジュアリーコレクションホテル,バンコクに宿泊した際は、ぜひ行ってみてください!

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール

当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!
毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはこちら。当ブログではスポンサー、純広告を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加

follow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください