海外旅行に必須のエポスカード 当日受取可能!

シェラトングランド・スクンヴィットのロッシーニで朝食を食べてきた。ラグジュアリーで最高の時間を堪能

シェラトングランド・スクンヴィット ラグジュアリーコレクションホテル バンコクに宿泊しました。
(名前が長すぎるので、以降はシェラトングランド・スクンヴィットと略します)

シェラトングランド・スクンヴィットでは3種類の朝食が選べます。

ボクらが食べたのはイタリアンレストラン ロッシーニ(Rossini’s)の朝食。

この朝食が最高の体験でした。今までホテルで食べた朝食の中でトップのクオリティー。

本記事では、ロッシーニの朝食の様子をレポート。営業時間や、ドレスコードに関しても詳しく解説します。

スポンサーリンク

2019年11月4日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)でハロウィンセールを開催中。タイのテーマパーク、ツアーの料金がお得になります!
➡︎ 期間限定のハロウィンセールを見てみる

セールを見てみる

ロッシーニ(Rossini’s)はどこにある?行き方は?

ロッシーニはホテルの1階にあります。

海外のホテルではレセプション(受付)がある階をグラウンドフロア、ロビー階と表記するのが一般的。

シェラトングランド・スクンヴィットでもレセプションがあるロビー階があり、その上の階を1階と表記しています。

つまり、ロッシーニはロビー階のもう一つ上の階にあるんですよ。

ロッシーニ(Rossini’s)の営業時間は?

ロッシーニの朝食は6時30分から10時まで利用可能です。

ツアーなどに予約する時は、集合時間にご注意ください。ツアーによっては朝の6時に集合する場合があります。

シェラトングランド・スクンヴィットのロビー階にあるオーキッドカフェ(ORCHID CAFE)なら、5時30分から利用可能ですよ。

スポンサーリンク

ロッシーニ(Rossini’s)店内の様子・雰囲気は?

ロッシーニはバンコクでも屈指の高級イタリアンレストランです。

店内は重厚かつ、きらびやかな雰囲気。朝食の時間帯はライティングを少し明るくしています。
ロッシーニ 店内の様子

レストランには窓がないので、太陽の光は入ってきません。

テーブルは4人席。5人以上で訪れると別々のテーブルになるか、テーブルセッティングに少し時間がかかります。

ロッシーニ(Rossini’s)のドレスコードは?

ロッシーニは高級レストランなので、普段はスマートカジュアル以上のドレスコードを求められます。

でも、朝食ではそれほど気にする必要はありません。カジュアルな格好でも利用可能。

ボクらはTシャツ、ジーンズで来店しましたが何も言われませんでした。

他のお客を見てもラフな格好が多かったです。中にはTシャツ、ハーフパンツの人もいました。

とはいえ、スポーツウェア、サンダルなどは避けた方がいいですよ。

スポンサーリンク

ロッシーニ(Rossini’s)のメニューは?

ロッシーニではメイン料理を1品選択。サイドメニュー、サラダ、フルーツなどはブュッフェ形式で食べられます。

メインメニューは日によって多少変わるようです。メニューは英語で書かれ、日本語が併記されています。
ロッシーニのメニュー

ボクらが訪れた日のメインメニューは下記でした。

  • TWO EGGS ANY STYLE OR DUCK EGGS ANY STYLE(お好みのスタイルでご用意する卵料理(2個))
  • KHAI JIEW FUU GROB(タイ風の卵焼きとご飯)
  • FLUFFY OMELET(フワフワオムレツ)
  • QUINOA SALAD(キヌア・サラダ)
  • EGGS ROYALE(エッグロイヤル)
  • RIVER PRAWN AND CRAB MEAT OMELET(エビとカニのオムレツ カニ)
  • BAKED EGG SOLDIER(ベイクドエッグソルジャー )
  • ALASKAN SALMON(ALASKAN SALMON)
  • KHAO PHAD GAI(タイ風チキンのフライドライス)
  • CARAMELIZED BRIOCHE FRENCH TOAST(カラメル・ブリオッシュのフレンチ・トースト)
  • VITAMIN BOOSTER(ビタミン・ブースター)
  • GLASS OF PROSECCO(プロセッコ)

飲み物も朝食コースに含まれています。

最初にコーヒーにするか、紅茶にするか聞かれます。コーヒーはアイスラテなども選択可能。

さらに、搾りたてのフルーツジュースを注文できます。マンゴー、人参、スイカなどがありました。

ロッシーニ(Rossini’s)の朝食レポート。エグゼクティブブレイクファストが旨すぎる!

ではでは、実際にボクらが利用した時の様子をレポートしますね。

バンコク旅行後半ということで疲れが溜まっていたんですが、この日はロッシーニのエグゼクティブブレイクファストを食べられということで、朝からワクワク。

Tシャツ、ジーンズで入れるか心配していましたが、問題なく入店できました!
ロッシーニの外観

飲み物を注文して、メイン料理を選びます。メイン料理はどれも美味しそうで、目移りします。
ロッシーニ 朝食とメインメニュー

メイン料理のあとは飲み物をオーダー。嫁(ベトナム人)はスイカジュースと、アイスラテ。
スイカジュース,アイスラテ

東南アジアでスイカジュースを飲み歩いてますが、ここのスイカジュースは超甘い。ここまで濃厚なスイカジュースは初めて!

ボクは紅茶とキャロットジュースをオーダー。コールドプレスで絞っていて、こちらも人参の濃厚な甘みを感じます。身体に染み渡る。
キャロットジュース

嫁がオーダーしたメイン料理はKHAI JIEW FUU GROB(タイ風の卵焼きとご飯)。
KHAI JIEW FUU GROB(タイ風の卵焼きとご飯)

しっかりした食材を使い、丁寧に調理されています。
(とはいえ、わざわざロッシーニでタイ料理を食べるのはもったいないかなと感じました。笑)

ボクがオーダーしたのはEGGS ROYALE(エッグロイヤル)。まあ、エッグベネディクトみたいなものですね。
EGGS ROYALE(エッグロイヤル)

イングリッシュマフィンとスモークサーモンを使用。上にはいくら、オランデーズソース。

ナイフで切るとポーチドエッグから黄身がトロリと。サーモンの塩気、卵とオランデーズソースの濃厚な味が加わり最高。もう、これはDNAから美味しいと感じる組合せ。
EGGS ROYALE(エッグロイヤル) とろーり

EGGS ROYALEは卵を1個にするか、2個にするか選べます。

他にも色々食べたいから1個にしたんですが、食べてから後悔。EGGS ROYALEはを注文するなら、絶対に卵は2個がオススメ!

メインを食べたあとは中央にあるブュッフェコーナーへ。
ブュッフェコーナー

写真を撮っているとシェフの2人がポージング。ノリがいいです。
記念撮影

ロッシーニの朝食はメイン料理が主役なので、ブュッフェの品数は少ないです。その分、ブュッフェ料理1品1品のクオリティが高い!

ハム、サラダコーナー。
ブュッフェ サラミ、野菜など

スモークチキン、スモークサーモン、モッツァレラチーズ、メロンスライス。
ブュッフェ サーモン、メロン、チーズ

削りたての生ハム。朝食会場で見たのは初めてです。笑
EGGS ROYALE(エッグロイヤル) 生ハム

こちらはハムの塊。その場で切ってもらい、りんごソースをかけて食べます。
厚切りハム

おかゆ、味噌汁などもあります。
味噌汁など

豊富なパン! 食事パンだけでなく、菓子パン類もあり。
パン

パン

そして、そして、蜂の巣から搾りたての蜂蜜。高級ホテルの朝食だと見かけることがあります。
搾りたての蜂蜜

搾りたての蜂蜜はホントに美味い。

日本のコンビニ、スーパーで売っている蜂蜜って水飴を混ぜたものが多いんですよ。

だから、本物の蜂蜜を食べると濃厚さと味の深さがわかります。

各種フルーツ。
フルーツ

ミルク、ヨーグルト。(写真に写ってないですが、シリアル類もあります)
ミルク、ヨーグルト

水、炭酸水など。
炭酸水など

サラダにスモークサーモン、生ハム、モッツァレラチーズ、メロン。朝から最高。
サラダ サーモン、メロン、モッツァレラチーズのせ

キノコ類のサラダにスモークサーモンをのせて。さらにシュウマイ。
サラダ、キノコ、スモークチキン

もっと肉類を食べたかったので、ハムの塊から厚切りに切ってもらいました。さらに、削りたての生ハムを添えて。美味しい。(ちょっとお酒が飲みたくなりました)
厚切りハム、生ハム

炭水化物を控えていたので、パン類は食べないようにしていたんですが、我慢できずにクロワッサン。さらに蜂蜜。バターたっぷりクロワッサン最高すぎる。蜂蜜と合わせると神。
クロワッサンと蜂蜜

最後にフルーツの盛り合わせ。タイでは珍しくないフルーツばかりですが、そこらで食べるフルーツと味が違います。糖度が高く、実がしっかりしていました。
フルーツ

ロッシーニ(Rossini’s)朝食の料金はいくらだった?会計は?

ロッシーニのエグゼクティブブレイクファストは、通常1人980バーツします。日本円だと約3,300円。

2人だと1,960バーツ。日本円にすると約6,600円になります。

でも、ボクらはホテル予約時に朝食をつけるプランにしたので、宿泊費プラス900バーツで利用できました!

2人で900バーツなので、半額くらいになったことになります!
(消費税なども入れても約1,000バーツ)

我思う故に我あり

いや〜、贅沢な朝食でした。

朝からしっかりと食べたので、お腹も気持ちも満足。1日中エネルギッシュに活動できました!

シェラトングランド・スクンヴィットに宿泊した際は、ぜひロッシーニで朝食を食べてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください