MENU

カテゴリー

海外旅行に必須のエポスカード 当日受取可能!

李白(Li Bai) シェラトン・サイゴン・ホテルの中華レストランでランチを堪能

ホーチミンに滞在中、シェラトン・サイゴン・ホテル&タワーズに宿泊しました。
(名前が長すぎるので、以降はシェラトン・サイゴンと略します)

シェラトン・サイゴンには3つのレストランがあるんですが、そのうちランチが食べられるのは2店のみ。

1階にあるSaigon Cafeと、本記事で紹介する李白(Li Bai)です。

Saigon Cafeはブュッフェ形式で、朝食会場にもなっています。

そのため、ランチを楽しむなら中華レストランの李白(Li Bai)がおすすめ。

本記事では、李白(Li Bai)のランチの様子をレポート。営業時間や、ドレスコードに関しても詳しく解説します。

スポンサーリンク

李白(Li Bai)はどこにある?行き方は?

李白(Li Bai)はホテルの2階にあります。

海外のホテルではレセプション(受付)がある階をグラウンドフロア、ロビー階と表記するのが一般的。

シェラトン・サイゴンでもレセプションがあるロビー階があり、その上の階を1階と表記しています。

つまり、李白(Li Bai)はロビー階の2つ上。日本でいう3階にあるんですよ。

李白(Li Bai)の営業時間は?

李白(Li Bai)ではランチの営業時間は11時〜 14時30分。ディナーの営業時間は18時30分〜22時です。

休業日はないので安心してください。

スポンサーリンク

李白(Li Bai)店内の様子・雰囲気は?

店内はしっかりと中国を意識した内装になっています。

シェラトン・サイゴンは海外からの宿泊客が多いんですよ。中国人のお客さんが来ても楽しめるよう、内装には気をつかっているんだと思います。
李白(Li Bai) 店内様子

団体客には回転テーブルのある円卓。4人程度ならボックス席などに通されるようです。
李白(Li Bai) ボックス席

ボクらは2人だったので、比較的小さめのテーブル席に案内されました。2人で食事するには十分な広さでしたよ。
李白(Li Bai) テーブルセッティング

店内は窓がないため、やや暗い雰囲気です。ディナーにはいいけど、ランチタイムにはもう少し明るい方がうれしいなと感じました。

明るい雰囲気でランチを食べたいなら、1階にあるSaigon Cafeの方がオススメですよ。

李白(Li Bai) の個室は、写真のように壁一面がガラス張り。個室を利用するには予約が必要です。
李白(Li Bai)の個室 窓あり

李白(Li Bai)のドレスコードは?

李白(Li Bai)はスマートカジュアル以上のドレスコードを求められます。

でも、ランチではそれほど気にする必要はありません。カジュアルな格好でも利用可能。

ボクらはTシャツ、ジーンズで来店しましたが何も言われませんでした。

他のお客を見てもラフな格好が多かったです。中にはタンクトップのお客さんもいました。

とはいえ、スポーツウェア、サンダルなどは避けた方が無難です。

スポンサーリンク

李白(Li Bai)のメニューは?

李白(Li Bai)のメニューは中国語、英語、ベトナム語が併記されています。残念ながら日本語のメニューはありませんでした。
李白(Li Bai) 外にあるメニュー

アラカルトメニューの他に、点心の食べ放題メニューがあります。

約50種類の点心が食べ放題で大人698,000VND、子供600,000VND。日本円だと大人が約3,500円、子供が3,000円です。
李白(Li Bai) 点心食べ放題

アラカルトメニューは1品120,000〜300,000VNDの価格帯が中心です。日本円だと約600〜1,500円。

手の込んだ料理はさらに値段が上がり、サイズによっても値段が変わってきます。
メインメニュー

海鮮系はとくに値段が高く、ものによっては「時価」で金額が書かれていないものもありました。

李白(Li Bai)でランチ 本格的な中華料理を堪能

ではでは、実際にボクらが利用した時の様子をレポートしますね。

この日は12時過ぎにホテルにチェックイン。せっかくだからランチもホテル内で食べてみようと思い、2階にある李白(Li Bai)へ。

入り口があまり目立たず、レストランに見えません。
李白(Li Bai) 外観

「李白」と書いて「Li Bai」と読みます。
李白(Li Bai)の看板

お店の外から店内の様子が見えないし、思ったより高級そうな雰囲気にやや緊張。
李白(Li Bai) 入り口

店内に入り最初に見かけたのは水槽。
李白(Li Bai) 水槽

大きなロブスター。これを注文したらいくらになるんだろう……。
李白(Li Bai) ロブスター

テト(ベトナムの旧正月)前だったため、年末の休暇を楽しむベトナム人のお客さんが多かったです。

ボクはアルコール類を飲む気が無かったので、LiBai Tea(25,000VND)を注文。
李白(Li Bai) オリジナルティー

嫁(ベトナム人)はピナコラーダを注文。
李白(Li Bai)ピナコラーダ

嫁がアルコールを注文したからか、おつまみ的なものが出てきました。奥のキャベツの酢漬けが絶品。
李白(Li Bai) 突き出し

待つこと約15分。最初に出てきたのはLI BAI DELUXE COMBINATION PLATTER (388,000VND)
李白(Li Bai)盛り合わせ

パリッと焼かれた豚の皮。強目の塩味、質のよい豚肉の脂。ビールが欲しくなるやつ。
李白(Li Bai)  豚のクリスピー

大きくカットされたクラゲは食べ応え抜群。クラゲ好きにオススメ。
クラゲ

STEAMED SUPERIOR PRAWN DUMPLINGS(120,000VND)。ゴロッとした海老の塊。海老の歯ごたえがしっかりとあり、満足できる食べ応え。
李白(Li Bai) 点心

SIEW MAI WITH SALMON ROE(120,000VND)。肉感を感じるシュウマイ。上に乗ったイクラの塩味がいいアクセントになっています。
李白(Li Bai) 点心

SEASONAL VEGETABLES STIR-FRIED IN CRAB MEAT SAUC(200,000VND)。ほうれん草をメインとした野菜炒めの上に、カニを使ったあんかけがのっています。やや薄味。
李白(Li Bai) 野菜炒め

デザートに注文したSOFT CUSTARD BUNS(58,000VND)。3個入りでこの値段はお得。
李白(Li Bai) カスタード饅頭

温かいカスタード饅頭。黄身の濃厚な味。少し甘みが強いですが、これは美味しい。オススメです。
李白(Li Bai) カスタードたっぷり

李白(Li Bai)の料金はいくらだった?会計は?

さて、気になるお会計ですが、1,008,810VNDでした。
李白(Li Bai) 会計

日本円だと5,000円くらいですね。

安くはない値段ですが、本格的な中華料理を楽しめたので満足。

LI BAI DELUXE COMBINATION PLATTERを注文せずに、麺料理にすればもう少し安くなったかなと思います。

ホテルの宿泊者は伝表に部屋番号を書き、サインをするだけ。支払いはチェックアウト時にまとめて請求されます。

我思う故に我あり

中華料理はどこに国で食べても、ハズレることはあまりないんですよ。

ベトナムは中国文化が根付いているので、街中で安く美味しい中華料理が食べられます。

李白(Li Bai)の中華料理は、街中で食べるものと違って洗練されていました。

さすがシェラトン・サイゴンのレストランだけある。李白(Li Bai)の料理なら、値段以上の味を楽しめますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください