【8月9日まで】楽天お買い物マラソン攻略法

シンガポール フォトジェニックツアー【体験レポート】カトン・チャイナタウン・リトルインディアなどを巡りました

シンガポール フォトジェニックツアー【体験レポート】カトン・チャイナタウン・リトルインディアなどを巡りましたのアイキャッチ

本記事では、シンガポール フォトジェニックツアーに関して紹介します。

シンガポールには多種多様な国の人が住んでいます。

そのため、〇〇ストリート、〇〇タウンと呼ばれる観光スポットが多数あるんですよ。

どのエリアにも魅力があり、探索するだけで1エリア半日以上かかります。

観光旅行で全部まわるのはキツイんですよ。

どうしても全部のエリアを回りたいなら、効率的に回れるツアーがおすすめ。

本記事では、人気のカトン・チャイナタウン・リトルインディアを巡るツアーを写真多めに紹介します。

ブッキー

1日で人気エリアを全部まわれますよ!

➡︎ フォトジェニックツアーの申し込みはこちら

\ 日本語ガイド付き! /フォトジェニックツアーに申し込む

2020年8月31日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で割引クーポンコードを配布中。シンガポールのテーマパーク、ツアーの料金がお得になります!
➡︎ 期間限定のクーポンコードはこちら

クーポンコードを見てみる

シンガポール フォトジェニックツアー(日本語ガイド付き)【体験レポート】

それでは、ツアーの様子をレポートしていきます。

ホテルで集合

集合は8:35にフェアモントホテルの1階ロビーでした。基本的には中心部の高級ホテルが集合場所となるようです。
フェアモントホテル1階ロビー

最初の移動は大型バス。
バスの大きさ

カトン散策

最初の目的地はPeranakan Housesプラナカンハウス
プラナカンハウス

プラナカンは中国系移民の子孫たちのこと。

15世紀後半頃、中国からマレーシアやシンガポールへの移民し、その地に根付きました。

ブッキー

ガイドさんが日本語で、各地の歴史や文化について解説してくれますよ。

Peranakan Housesプラナカンハウスはパステルカラーの建物で、インスタスポットとして人気なんですよ。
プラナカンハウスで記念撮影

Peranakan Housesプラナカンハウスを楽しんだあとは、カントの街並みを見学。
カントの街並み

お土産屋へ。パステルカラーの磁器じきがかわいい。
お土産

お土産屋の2階に上がり、昔のプラナカンの自宅を見学させてもらいました。
お土産ショップ2階
へ

当時のインテリア

昔のベッド。派手派手です。笑
ベッド

場所を移動し、プラナカン式のテラスハウスを見学。こちらはパステルカラーではなく、白一色。
プラナカン式のテラスハウス

ペラナカン式の家撮影

チャイナタウン散策

チャイナタウンに移動。

まずは東興トンヘンへ。
東興

東興トンヘンはエッグタルト、ココナッツタルトなどで有名なお店です。
ズラッと並ぶエッグタルト

ツアー料金にエッグタルトが含まれています。

店外のイートスペースへ。甘さ控えめで、エッグクリームはプルンプルンでした。
エッグタルト

新加坡佛牙寺龍華院シンガポールぶつがじりゅうかいんに移動。
新加坡佛牙寺龍華院(シンガポール仏牙寺龍華院)

中に入り拝観。きらびやかな装飾。
1階を参拝

仏像さま

チャイナタウンを観光。旧正月前だったこともあり、いつもより人が多かったです。
中華ストリート

スリマリアマン寺院は外から見学。
スリマリアマン寺院

スリマリアマン寺院の全体写真

チャイナタウンを楽しんだあとは、ランチのためにマリーナ・スクエアに移動。

ツアーバスから、市内を走るオープントップバスに乗り換えます。
オープントップパス

オープントップバスからの眺めは最高。シンガポール滞在中に一度は乗った方がいいですよ。
オープントップバスからの風景

昼食

ランチは威南記ウィーナムキー マリーナ・スクエア店。

威南記ウィーナムキーは、シンガポール政府が国賓をもてなす際に利用する老舗の名店。
威南記

威南記ウィーナムキーの本店に訪れた様子は、別記事で紹介しています。よかったらこちらもどうぞ。

リトルインディア

ランチの後はリトルインディアに移動。

ezlinkカードが支給され、ここからは公共の電車・バスでの移動となります。
ezlinkカード

リトルインディアのショッピングセンター Tekka Centreテッカセンターへ。
tekka センター

インド系の服はカラフルですね。
tekka センター

アラブストリート・ハジレーン

アラブストリートへ移動。

絶対に外せないのがSultan Mosqueサルタン モスク。シンガポールで一番大きいモスク(イスラム教寺院)。
サルタンモスク

アラブストリートの街並み。建物に統一感があり、おしゃれなんですよ。歩いているだけで楽しくなります。
街並み

Sultan Mosqueサルタン モスクを奥にして撮影してみました。
サルタンモスクの別写真

つづいて、Haji Laneハジレーンへ移動。

Haji Laneハジレーンといえば、ポップなウォールアートが有名。
ハジレーン

カフェやバーが多く、夜になるといっそう盛り上がるそうです。
ハジレーンの街並み

Haji Laneハジレーンにある、Selfie Coffeeセルフィーコーヒーへ。
セルフィーコーヒー

店内で写真を撮影し、ラテクリームに転写してくれます。
フォトラテ

タンジョンパガー

最後はTanjong Pagarタンジョンパガー

Tanjong Pagarタンジョンパガーは多文化エリア。日本からの移住者も多く住んでいるそうです。
タンジョンパガー

Tanjong Pagarタンジョンパガーを歩き、チャイナタウンの新加坡佛牙寺龍華院シンガポールぶつがじりゅうかいんで解散しました。

➡︎ フォトジェニックツアーの申し込みはこちら

\ 日本語ガイド付き! /フォトジェニックツアーに申し込む

シンガポール フォトジェニックツアー 質問と回答(FAQ)

本記事で紹介しているツアーに関して、よくありそうな質問と回答を解説します。

どんな服装・持ち物がいい?

ツアー中は夏服などの涼しい服装に、歩きやすいスニーカーなどがおすすめ。

日差しの強い時間帯に歩くので日傘、日焼け止め、帽子などを忘れずに。

脱水症状を防ぐために、500mlのペッドボトルを持っていっていくといいですよ。

➡︎ フォトジェニックツアーの申し込みはこちら

ツアー中に寄り道・自由時間はある?

ツアー中は自由時間がほとんどなく、寄り道はできません。

多少の自由時間はありますが、写真を撮影するだけで終わってしまいます。

買い物、買い食いなどは基本的にできないと思った方がいいですよ。

➡︎ フォトジェニックツアーの申し込みはこちら

英語がわからなくても大丈夫?

映画がわからない方でも大丈夫。日本語を話せるツアーガイドが同行してくれます。

➡︎ フォトジェニックツアーの申し込みはこちら

解散はどこで、何時ごろになる?

解散場所はチャイナタウンの新加坡佛牙寺龍華院シンガポールぶつがじりゅうかいん

スケジュール上は、解散時間は16:30。実際はもう少し早く解散するケースもあります。
(ボクらは15:30ころ解散だった)

新加坡佛牙寺龍華院シンガポールぶつがじりゅうかいんから、地下鉄のChinatown Stationチャイナタウン駅まで徒歩5分程度。

ツアー後でも、まだまだ遊ぶ時間はありますよ。

➡︎ フォトジェニックツアーの申し込みはこちら

\ 日本語ガイド付き! /フォトジェニックツアーに申し込む

我思う故に我あり

ということで、本記事ではシンガポールのフォトジェニックツアーについて紹介しました。

ツアーガイドの話を聞きながら、効率よくシンガポールを回りたい人におすすめ。

でも、一箇所を深く探索したい人には向かないですね。

本記事を参考にしてくれるとうれしいです。

➡︎ フォトジェニックツアーの申し込みはこちら

\ 日本語ガイド付き! /フォトジェニックツアーに申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください