不真面目/真面目が1/1=1になるように

【ベトナムフェスティバルに行ってきた】料理の味・値段、混み具合、持参した方が良いモノを解説

ベトナム人の嫁はベトナムが恋しくて、ちょくちょく日本のベトナム情報を見つけてきます。

“ミン1”/

東京でベトナムフェスティバルやってる! 行きたい行きたい!

ということで、ベトナムフェスティバル2017に行ってきました。

会場の様子、料理の味・値段、混み具合、持参した方が良いモノなどについて解説します。

スポンサーリンク

ベトナムフェスティバル2017(代々木公園イベント広場開催)に行ってきた

会場となっているのは代々木公園の屋外ステージ・イベント広場。代々木公園はかなり広い公園なので、降りる駅とか注意してくださいね。

土曜日のお昼過ぎに訪れました。ベトナム人もいますが、日本人の方が多かったです。
会場の様子

人が多い

ベトナムフェスティバルなんですが、タイ料理も出店しています。東南アジアというくくりで、ベトナム・タイ料理レストランが多いんですからね。
タイ料理、ベトナム料理

料理だけでなくお酒も飲みめますよ。ベトナムの缶ビールが揃っているます。
アジアンビールバー

どのお店も行列ができていました。だいたい10〜20分くらい並ぶと思っておいた方がいいですよ。
行列

特に高円寺の人気店「マイヒエン」の行列が長いです。
高円寺の人気店

高田馬場のバインミー人気店「バインミーシンチャオ」。ここはベトナム人に人気のバインミー(ベトナム風サンドイッチ)専門店。ベトナム本場の味が楽しめます。うちの嫁も大好きです。
バインミーシンチャオ

色々歩きまわったすえ、「HANOI CONER」で料理を購入しました。「HANOI CONER」は池袋にあるベトナムレストランです。
ハノイコーナー

ブンチャー(500円)。ベトナム北部にあるハノイの名物料理。ちょっと酸味があるつけ汁にブン(米粉麺)をつけて食べます。オススメ料理。
ブンチャー

喉が渇いていたので注文したジュース。梅ジュースのような味でした。
ジュース

つづいて「Dong Khoi」へ。
タイ、ベトナム料理

ここの冷やしフォーが気になったんです。ベトナム本場には冷やしフォーなんてないですからね。
冷やしフォー

冷やしフォー(400円)。キンキンではないですが、スープが冷えています。暑い日に食べるならいいかも。
冷やしフォー

日本ではあまり見かけないサトウキビジュース。ベトナムの街中などでよく見かけます。美味しいのでぜひ飲んでみてください。
さとうきびジュース

生のココナッツジュース。こちらも日本ではあまり見かけないので、飲んだことない人はぜひ。
ココナッツ

即席麺の販売コーナー。
即席麺売り場

ベトナムで人気の即席麺「Hao Hao」。エースコック株式会社がベトナムで発売している即席麺です。
エースコックの麺

2個100円で購入。うちの嫁も学生の時によく食べていたそうです。ちなみにベトナムだと1個20円くらいで買えます。
即席麺購入

ベトナムの雑貨、服なんかも売っています。
服売り場

料理はいくらぐらい?高い?

料理の価格帯は400〜600円前後。量の割にはちょっと高いかなと感じます。
料理の看板

大人は2品くらい食べないとお腹いっぱいにならないですね。

ドリンクの価格帯は300〜600円前後。缶ビールなどは一本500円で売られています。

大人一人の飲食代で1,000〜2,000円前後かかると思っておいてください。

料理の味はどう?

実際にレストランを経営しているお店ばかりなので、料理の味は美味しいです。食べてがっかりすることはないと思います。

ただし、本場の味、ボリュームと比べてしまうとやっばり見劣りします。

ベトナム人には不評らしく「値段の割に美味しくない、量が少ない」なんてレビューされているようです。ベトナム人を連れていくときは気をつけてください。

土曜日、日曜日どっちに行った方がいい?

僕らが行ったのは土曜日の昼ごろでしたが、例年の混雑状況を見ていると日曜日の方が混みあうようです。

日本に住むベトナム人は土曜日に仕事、学校に通っています。土曜日に来られるベトナム人は少なく、日曜日に集中するようです。

混み合うのが嫌いな人は土曜日。ベトナム人と交流したい人は日曜日に行くと良いですよ。

持っていった方が良いものはある?

会場に持っていた方が良いモノをまとめました。

  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • ウェットティッシュ
  • レジャーシート
  • ゴミ袋

会場内は日光を遮るものはなく、直射日光にさらされます。帽子、サングラス、日焼け止め等で対策した方がオススメです。男性でも帽子、サングラスはつけた方が良いですよ。

屋台で作った料理なので、どうしても容器などに調味料、スープなどがついています。食べ終わった後に手が汚れるのて、ウェットティッシュがあると便利です。

会場内には写真のようにテーブルが設けられています。ただし、数が少ないのでなかなか座れません。レジャーシートなどがあれば地面に座ることができます。
テーブルあり

会場内にはエコステーション(ゴミ捨て場)があります。ただ、いちいちゴミがでるごとにエコステーションに行くのは面倒です。コンビニ袋を持参してゴミ袋にし、最後にまとめてエコステーションで捨てるのがオススメです。
エコステーション

我思う故に我あり

人が多くて少し疲れましが、嫁がよろこんでくれてよかったです。

料理の値段、量を考えるとコストパフォーマンスはよくないですが、ベトナムの雰囲気が味わえておもしいですよ。

スポンサーリンク

ベトナム好きなら「いいね」お願いします!
「ベトナム旅行」のお役立ち情報をお届けします。

Twitter で
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職

調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。

ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間29万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5