不真面目/真面目が1/1=1になるように

ベトナムの旧正月(テト)に帰省するための準備、買っておくモノまとめ

本日はベトナムのベトナムの旧正月(テト)に帰省するための準備、買っておくモノをまとめました。

我が家はがベトナム人のため、旧正月(テト)にはベトナムの田舎に帰省します。

ベトナムにはベトナム独自の文化があったりして、初めて帰省する時には十分に準備できませんでした。

この記事では、ボクの経験から帰省前に準備すること、買っておくモノをまとめています。

スポンサーリンク

お年玉を用意する

ベトナムにもお年玉の文化があります。(ベトナム語でLÌ XÌ(リーシー))

日本と少し違うのは、子供達だけでなく親にもお年玉をあげるんですよ。
お年玉袋

相場などはあまりないらしく、仕事が上手くいっていたらお年玉を多く包むし、仕事か上手くいっていなかったら包む金額も減らすようです。

参考に去年ボクがわたした額を書いておきますね。(ちなみに前年に会社を辞めて、あまりお金がないときでした)

子供には200,000VNDずつ(日本円で1,000円くらい)
彼女の両親には2,000,000VNDずつ(日本円で10,000円くらい)包みました。

ベトナムのお年玉袋には、赤い袋が好まれます。

ベトナムに着いてから現地で調達するか、日本にいるうちに赤いお年玉袋を用意しておききしょう。中国系のお年玉袋は赤くて、ベトナム人に好まれます。

中国のお年玉袋をもっと見てみる

せっかくなので日本のお年玉袋でプレゼントするのも良いと思います。赤や金色を使ったお年玉袋にするか、日本っぽい和紙を使ったお年玉袋がオススメ。

日本のお年玉袋をもっと見てみる

正月に着る「赤い服」を用意する

旧正月の元旦には縁起をかついで赤い服を着ます。
赤い服あ来た家族

子供達も赤、ピンク系の服を着ていました。
子供達も赤い服

ベトナムでも服は買えますが、日本人の体型には合わなかったりします。できるだけ日本で赤い服を購入し、ベトナムにもっていきましょう。

僕はGildan(ギルダン) の赤いポロシャツを持っていく予定です。お値段が手頃。ユニクロより安い。

できれば襟付きの服がいいので、半袖のポロシャツがオススメ。

赤いポロシャツを見てみる

スポンサーリンク

日本からのお土産を用意する

ベトナム人は帰省するときに、大量にお土産を持って帰ります。(下の写真は大量のお土産を抱えるボクです)
お土産抱えていくボク

お土産はベトナムでも用意できますが、せっかくだから日本のお土産を買って行きましょう。

日本のお土産を買っていくときのポイントは次の3つ。

  1. 家族の好みを聞く
  2. 家電製品は電圧が違うので注意する
  3. 日本のお菓子を買っていく

家族の好みを聞く

当然のことながら、相手の家族の好みを聞きましょう。

せっかくお土産を持って帰っても、喜んでくれなければ意味がありません。

お土産をサプライズにしたいなら、せめて奥さん(もしくは旦那さん)から家族の好みを聞き出してから決めましょう。

家電製品は電圧が違うので注意する

ベトナムでも日本の家電製品は人気です。ベトナム人にとって日本の家電は高級なので、お土産に持って帰ると喜んでくれます。

ただし、電圧に注意してくだいさ。ベトナムは電圧が220V。周波数は50Hz。日本の家電は使えないことがあります。(スマホとか、カメラは充電できるものが多い)

購入するときは海外で使用できるか、しっかりと確認してから購入しましょう。

家電の中でも炊飯器が人気みたいです。よく観光客が爆買いしているのを見かけますよね。

炊飯器以外にも海外向けの家電製品が売っているので、まずはチェックしみるといいですよ。

海外で使える家電製品をもっと見てみる

日本のお菓子を買っていく

ベトナムでも日本のお菓子が人気です。帰省先に子供がいるなら、ぜひ日本のお菓子を買っていってあげましょう。(大人もけっこうお菓子食べますし)

どれかいいか迷ったら、抹茶味がオススメ。抹茶味のキットカットは人気高いです。

ベトナムの都心でも抹茶味のキットカットは売っていますが、ちょっと高級品。
キットカット

日本なら大袋が格安で買えるので、何袋か買っていくといいですよ。

抹茶を濃くしたキットカットも売ってます。コレはベトナムには売ってないのでオススメ。

白い恋人も嫁の家族には好評でした。空港でも買えますが、種類が少ないので事前に買っておくといいですよ。

二日酔い対策の薬を用意する

これは主に男性だけですが、ベトナムの旧正月はけっこうお酒を飲みます。

お酒を飲んでも悪酔い、二日酔いにならないように薬を用意しておくといいですよ。

ボクはお義兄さんにウォッカのようなお酒を何杯もすすめられ、大変な目にあいました……。お義父さんもお酒をすすめてくるので、ちゃんと二日酔い対策をしておかないといけないなと痛感しました。

オススメの二日酔い対策は下の2種類。どちらも場所をとらず、錠剤なので飛行機機内にも持ち込めます。

相性があるので、日本にいるうちに試してみて、自分に合うものをもっていきましょう。(ボクは二つとも持っていき、使う予定です)

我思う故に我あり

お年玉、お土産を合計するとかなりの出費になります。

お土産はできるだけ年末年始のセールで安く買っておくといいですよ。

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事

月間40万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA