MENU

カテゴリー

海外旅行に必須のエポスカード 当日受取可能!

【ベトナム人との結婚】両親・親戚から借金を頼まれたらどうする? 貸したお金は返ってくる?

疑問

妻の兄弟からお金を貸してくれと言われた。
 
どうしよう……。貸したお金はちゃんと返ってくるかな?

こんにちは。ベトナム人の妻をもつブッキーです。

ベトナムの家族から、お金を貸してくれと言われることがあります。
(まあ、年に1回あるかないかですけどね)

日本人・ベトナム人の夫婦なら、1度は経験するんじゃないかなと。

金額にもよりますが、正直言って迷いますよね。

家族のことだから出来るだけ助けたいですが、ちゃんとお金は返ってくるのか疑心暗鬼になる気持ちはすごくわかります。

相談しようにも、誰に相談したらいいのかわかりません。

ということで、本記事ではベトナムの両親・親戚から借金を頼まれたらどうするべきか、貸したお金は返ってくるのかについて解説します。

スポンサーリンク

エアコンクリーニングは秋がおすすめ! 夏に生えたカビをキレイに掃除するといいですよ。
➡︎ エアコンクリーニング 10社の料金価格とおすすめ度を徹底比較

2020年 おせちの予約販売がスタートしています。早期予約すると割引あり。キャンセル可能なので、まずは予約だけでもしておくといいですよ。
➡︎ 2020年 おせち販売【まとめ】早期予約割引・キャンセル可能・お試し注文の紹介

【ベトナム人との結婚】両親・親戚から借金を頼まれたらどうする? 貸したお金は返ってくる?

DSC 0733 980x654

結論から言ってしまいますが、基本的には貸したお金は返ってこないと思った方がいいですよ。

お金を貸す場合は、返ってこないことが前提で貸さないとトラブルの元。

これはベトナム人だからではなく、日本人でも同じですよね。

とはいえ、これだけではわかりにくいと思うので、ケース別に解説します。

【ケース別】貸したお金が返ってくる確率

お金を貸すにしても、ケース別によって返ってくる確率が変わってきます。

ベトナム人がお金を借りるのは、主に次の3つのケースが多いです。

  1. 生活費
  2. 家を買う
  3. 事業・仕事のため

それぞれくわしく解説していきます。

生活費

生活費として貸す場合、お金は返ってこないと思った方がいいですよ。

なぜなら、借主は お金を借りないと生活できないほど困っている からです。

生活費を借りるということは、ほとんど貯金もなく、毎月の収支がマイナスとなっている場合がほとんど。

もしくは、病気などで働けなくなった場合です。

こんな状態では、お金を返そうにも返せませんよね。

そのため、生活費を貸してくれると言われたら、返ってこないと思ってわたしましょう。

家を買う

ベトナムの田舎などでは、150万円ほどで家が建ちます。

パートナーの両親から家を買うためにお金を貸してくれと言われた場合、お金は返ってこないと思った方がいいですよ。

なぜなら、ベトナムでは子どもが両親に対して援助したり、家を建ててあげることが多いからです。

ベトナム人は家族を大切にし、親孝行をしないと不幸になると教育されます。

年金なども機能していないため、年老いた両親のために仕送りをするのが一般的。

そのため、家を建てるための資金はプレゼントだと思ってわたしましょう。

事業・仕事のため

ベトナム人は会社勤は少なく、自営業の割合が多いんです。

そのため、事業拡大や仕事のための資金を貸してくれと言われることがあります。

仕事のために貸したお金は、返ってくる可能性がありますよ。

なぜなら、ベトナムでは銀行からお金を借りた場合の利子か高く、家族に借りる方が合理的だからです。

銀行の利子は6〜20%ほど。(担保などによって変わる)

銀行に借りるよりも、家族などに借りて利子を抑えた方が事業が軌道に乗りやすい。

ちゃんと返す気はあるんですよ。

とはいえ、事業が成功するとも限りません。

上手くいく可能性があるのか。返済計画はどう考えているのか確認してから貸しましょう。

スポンサーリンク

ベトナム人の両親・親戚からお金を貸してと頼まれたらどうするべき?

SlooProImg 20190820210601

色々なケースを紹介しましたが、お金を貸してくれと言われた場合、前向きに検討した方がいいですよ。

なぜなら、ベトナムでは無許可の貸金業かしきんぎょうが多く、下手に借りるとトラブルが大きくなるからです。

金貸業には日本でいう闇金みたいなものから、個人でやっている小さなものまで様々。

銀行と違って担保は不要なので、信用枠以上のお金を借りられます。

その後、返せなくなるまで借金が膨れ上がってしまうケースも少なくありません。

そのため、お金を貸した方が結局は被害が少なかったなんてこともあります。

家族の性格、自分の懐具合ふところぐあいを考慮して、前向きに検討してみましょう。

また、無下むげに断るとかどが立つので、出せる範囲でわたすといいですよ。

ただし、あくまでも 無理のない範囲で! 無理なものは無理と断りましょう。

我思う故に我あり

ということで、本記事ではベトナムの両親・親戚から借金を頼まれたらどうするべきかについて解説しました。

記事内でも少し書きましたが、ベトナム人は家族を大切にします。

家族が困っていたら、他の家族が助けるのがあたり前という考え。

本当に困っているなら、多少なりとも援助した方が家族関係が上手くいきますよ。

本記事を参考にして、少しでも悩みが解決してくれたらうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください