MENU

カテゴリー

海外旅行に必須のエポスカード 当日受取可能!

ホーチミン 空港から市内まで安全なタクシーに乗る方法

はじめて行く海外だと、空港から市内への移動が不安ですよね。どうやって行けばいいかわかりません。

ホーチミンのタンソンニャット国際空港から市内に行くには、基本的にはタクシーがオススメ。
(バスもあるけど、ローカル向け)

とはいえ、はじめてのホーチミンだと タクシー乗り場がわからなかったり、ボッタクリの白タクに捕まっちゃうんですよ。

この記事ではホーチミン タンソンニャット国際空港で 安全にタクシーを捕まえ、市内に移動する方法について解説します。

スポンサーリンク

ホーチミン 空港から市内まで安全なタクシーに乗る方法

空港で安全にタクシーに乗るには、次の5ステップがあります。

  1. 現金を用意する
  2. 「TAXI STAND」の、さらに奥の乗り場に行く
  3. スタッフにタクシーを依頼する
  4. タクシーに乗込み、行き先を告げる
  5. 運転手に料金を支払う

現金を用意する

入国審査を終え、荷物を受け取り、到着ロビーに出ます。

到着ロビーに出たら、まずは現金を調達しましょう。ベトナムのタクシーはクレジットカードがつかえません。支払いは現金のみになります。

日本円しかない人は両替所へ。クレジットカードでキャッシングする人はATMへ。

空港からホーチミン市内まで、タクシーなら200,000VND(約1,000円)程度です。念のため 300,000VND(約1,500円)ほどの現金を用意しておけば安心です。

ベトナムで一番大きな紙幣は500,000VND(約2,500円)。

500,000VND札で支払いをすると、運転手がおつりを持っていないことがあります。

できれば50,000VND、100,000VND、200,000VNDのお札で支払えるように現金を用意しましょう。

「TAXI STAND」の、さらに奥の乗り場に行く

到着ロビー内にタクシーの案内がありますが、これらは「エアポートタクシー」。金額が少し高くなります。
タクシー斡旋

到着ロビーを出て、まずは「TAXI STAND」 を目指します。

到着ロビーを出るとたくさんのベトナム人。到着ロビーを出ると白タクが勧誘してきます。無視して左に直進しましょう。
空港でたら人だかり

空港の左端の方に「TAXI STAND」が見えてきます。
タクシースタンド

「TAXI STAND」はエアポートタクシーの乗り場。普通のタクシーは拾えません。ここからさらに奥に行きます。
タクシースタンド

タクシースタンド

タクシースタンドを抜けると、普通のタクシーを拾う場所に出ます。
タクシー乗り場

スタッフにタクシーを依頼する

近くにいるスタッフに人数を告げれば、タクシーを用意してくれます。

ベトナムにはタクシー会社が数社ありますが、安心して乗れるのはビナサン、マイリーンの2社。できればこの2社に乗れるようスタッフさんに伝えましょう。

「ビナサン!」、「マイリーン!」 と言えば伝わります。

安全なタクシーに関して別記事にまとめています。詳しく知りたい方はこちらを読んでくださいね。

タクシーに乗込み、行き先を告げる

タクシーに乗り込んだら、運転手に行き先を告げます。

運転手はあまり英語が話せないので、行き先の住所を見せましょう。ホテル名だけ伝えても通じなかったりします。

タクシーが動き出したら、メーターが動いていることを確認してください。

運転手に料金を支払う

目的地に着いたら料金を支払います。

料金には運賃のほかに 空港使用料(10,000VND)が加算されるので注意しましょう。

例えばメーター運賃が150,000VNDだった場合、支払いは160,000VNDになります。

早朝、深夜でもタクシーを手配できる

飛行機によっては早朝、深夜に空港に到着しますよね。

そんな時間に空港に着いても、タクシーを手配できます。

ボクは早朝5時頃、夜中の2時頃に着いたことがありますが大丈夫でした。

下の写真を撮影したのは夜中の2時頃でした。真夜中でも空港はにぎわっています。
タクシーを手配

スポンサーリンク

GrabCar(グラブカー)が使える

タンソンニャット国際空港ではGrabCar(グラブカー)、uber(ウーバー)といった配車サービスも使えます。

配車サービスの方が普通のタクシーよりも安くなるケースがほとんどです。

GrabCar(グラブカー)、を使った経験があるなら、積極的に使っていくとよいでしょう。

配車サービスを使った場合も空港使用料(10,000VND)がかかります。会計時に注意してください。

以前はuber(ウーバー)も使えたんですが、2018年4月にベトナムから撤退してしまいました。残念。

タクシーが不安なら、送迎サービスを活用

タクシーに乗るのが不安なら、事前にホテルへの送迎サービスを手配しておくといいですよ。

送迎サービスを手配しておけば、到着口にドライバーが待機してくれます。料金はタクシーとそれほど変わりません。

5人乗りの車でも1,500円程度で手配できます。

送迎車サービスを見てみる
※スマホから簡単に予約できます
※2日前まで予約可能です

スポンサーリンク

我思う故に我あり

旅の最初に失敗すると、その後もズルズルと引きずってしまいます。

空港から上手くタクシーに乗れれば、あとはホーチミンで遊ぶだけ。市内ならタクシーを捕まえるのは簡単ですよ。

別記事に安全なタクシーの見分け方について解説しています。こちらも読んでみてください。

別記事で、ベトナムの治安についてまとめています。はじめてのベトナムなら、こちらの記事も参考にしてください。

2 COMMENTS

きくりん

自分の経験ですと、Grabが一番安全ですね。ただ、旅行者には色々とハードルが高いかもですね。最近は逆にGrabを待っていると目印になってしまってピンポイントで狙われることもあるので何を信用してよいかわからないところですので、決して誘いに乗ってついて行ってはいけません。下記に記載の被害にあいます。

ビナサンやマイリーンでも怪しげな運転手は多いです。特に最近はGrabに押されて売り上げが悪いこともあり詐欺的な行為に2回ほど遭遇しています。具体的には後ろの席に余裕があるのに助手に乗れと言い、料金を払う時に訳の分からないこと言いながら財布を渡せと言います。親切なフリをして抜き取るのですね。決して渡してはいけません。実に見事に抜き取ります。

1回目は1区で、2回目は空港から移動するときに遭遇しましたから、不慣れな外国人はどこでもカモになる可能性があります。乗車したら牽制として、掲示してある身分証明書をカメラで撮影(しなくてもしたフリでもOK)するとおとなしくしていることが多いですが、逆切れする運転手もいましたので、日本語でも良いので大声で苦情を言って遠慮なく降りましょう。

返信する
ブッキー

やっぱりGrabが一番いいですね。ただ、旅行慣れていない人にはハードル高いかなと。

え〜、ビナサン、マイリーんでもそんなことあったんですか。
それも記事にしておこうかな。

空港から乗車だと、空港使用税を知らなくてトラブルになることはあるみたいですが。笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください