海外旅行に必須のエポスカード 当日受取可能!

【2020年】ホーチミンの治安は悪い?危ない?元駐在員が教えます

ブッキー

本記事ではホーチミンの治安について解説します。元駐在員、妻がベトナム人の経験から解説。ホーチミンでの注意すべき危険事項、治安の悪い地域、対策について紹介します。

東南アジアというと、なんだか治安が悪そうなイメージがありますよね。

ボクは仕事の関係でホーチミンに駐在していました。

また、妻がベトナム人なので、年に数ヶ月ほどホーチミンに旅行滞在しています。

この記事ではボクの経験からベトナム(特にホーチミン)の治安に関して解説。

この記事を読めば、ベトナムの治安に対する不安は解消されますよ。

航空券を安く買う方法

日本⇔ベトナムの航空券はベトジェットエアが一番安いですよ。スカイチケットで一括検索すれば往復1.5万円以下で買えちゃうことも。  ➡︎ スカイチケットで一括検索してみる

【2020年】ホーチミンの治安は悪い?危ない?元駐在員が教えます

結論から言ってしまいますが、ベトナムの治安は悪くないです。

ボクはホーチミンに半年間駐在し、今でも年に数ヶ月ほどホーチミンに旅行滞在しています。

駐在中も、旅行滞在中にも、身の危険を感じるようなアクシデントにはあったことがありません。

ボクのまわりでも強盗に巻き込まれたり、怪我をしたなんて話は聞いたことないですね。テロなどの被害もなく、安心して旅行できます。

2019年の1、2月にもホーチミンに滞在しましたが、まったく身の危険を感じるようなことはありませんでした。

ただし、海外なので100%安全ということはありません。

➡︎ 旅行中に気をつけるべき危険事項を見る

➡︎ 治安の悪い地域を見る

➡︎ 安全のために準備することを見る

ホーチミン旅行中に気をつけるべき危険事項

身の危険を感じるような犯罪はありませんが、スリやボッタクリなどの被害はたまに聞きます。

旅行中に嫌な思い出はつくりたくないですよね。

ベトナム旅行中に気をつけるべき危険事項を、4つまとめました。

  1. ひったくり・スリ
  2. タクシー運賃ボッタクリ
  3. バイクタクシーガイドのボッタクリ
  4. 道路横断の交通事故

ひったくり・スリ

強盗などの被害は聞きませんが、ひったくり・スリの被害は耳にします。とくにスマホのひったくりが多いんですよ。

街中で歩きスマホをしていると、後ろからバイクが近づいてきて、サッとひったくるんです。

別記事にベトナム人の給料について書きましたが、彼らの給料からするとスマホは高級品なんですよ。金の延べ棒をもって歩いているようなもんですね。

ひったくり・スリに関して、くわしくは別記事にまとめています。対策方法も載せているので参考にしてください。

タクシー運賃ボッタクリ

ベトナムで安心して乗れるタクシーは2社だけです。、そのほかのタクシー会社や白タクに乗ると通常の数倍の運賃を請求されます。

白タクはとくに空港で声かけられるケースが多いです。はじめてのベトナムで、何も知らない観光客を狙っています。

空港から安全なタクシーに乗る方法は、別記事でくわしくまとめています。参考にしてください。

バイクタクシーガイドのボッタクリ

観光地を歩いていると、バイタク(バイクタクシー)の運転手が声をかけてきます。

格安で観光案内をしてくれると誘ってきますが、絶対についていってはダメです。

散々連れまわされ、法外な値段を請求されます。

彼らの手口は、別記事でくわしく紹介しています。旅行前に読んでおきましょう。

道路横断の交通事故

ベトナムではほとんどの横断歩道に、信号がついていません。

慣れてくればバイク・車を避けながら横断できますが、初心者にはかなり危険です。

別記事で道路のわたり方を解説しています。事故に合わないために、こちらの記事を読んでおいてください。

ホーチミンで治安の悪い地域を紹介

ホーチミンの治安はとてもいいんですが、地域によっては治安が悪い場所があるんですよ。

治安が悪い地域を3つ紹介しますね。

  1. ブイビエン通り
  2. チョロン(中華街)
  3. 観光地の周辺

ブイビエン通り

ブイビエン通り

ブイビエン通りはバックパッカーが好んで宿泊する場所です。宿が安く、常に賑やかなためベトナム人や観光客にも人気の繁華街です。

ただし、人が多いためスリの危険性が高いんですよ。お酒を飲んで、ガンガンに音楽を聞いていると警戒心が薄くなり、スリの被害に合う人が多発。

また、ホテルにはセーフティーボックスなどはなく、盗難のリスクがあります。

チョロン(中華街)

チョロンはホーチミンの第5区にある中華街です。

物価が安く、お土産を買ったり、中華料理が食べられるので観光客にも人気のエリア。

でも、チョロンもスリが多いので気をつけてください。ベトナム人でも警戒する場所です。

観光地の周辺

ベンタイン市場、戦争証跡博物館など観光地の周辺も注意が必要です。

ひったくり、スリなどはいないんですが、バイクタクシーガイドのボッタクリが多いんです。親しげに話しかけてるドライバーには注意。

また、観光地の前で待ち構えている「Vantaidulich」タクシーには乗ってらダメですよ。外見的特徴は白い車体に、緑色で文字などが書かれています。
R0353170 2

「Vantaidulich」の料金メーターはすごい勢いで上がっていくんです。普通のタクシーの2倍〜3倍くらいの料金を請求されます。絶対乗ってはダメですよ。

ホーチミンを安全に旅行するために準備すること

ホーチミンを安全に旅行するために、旅行前に次の3つを準備しておきましょう。

くわしく解説していきますね。

旅行前に外務省 海外安全ホームページでベトナムの治安を確認する

ホーチミンの治安は悪くないですが、旅行前には外務省の海外安全ホームページを確認した方がいいですよ。

危険レベルが4段階で表示されます。(2020年10月時点は全域で危険レベル0)

海外安全ホームページでは、過去の犯罪例が解説されています。

最近では見かけない手口が多いですが、一通り読んでおくと現地で犯罪に巻き込まれ可能性かグッとへります。

海外旅行保険には必ず加入しておく

ベトナムに旅行するなら、海外旅行保険には絶対に加入しておきましょう。

スマホの破損・盗難や、ケガをしたときに補償してくれます。

海外旅行保険は普通に加入すると数千円かかりますが、一部のクレジットカードには海外旅行保険が無料でついてきます。

ボクのオススメはエポスカード。海外旅行には必須のクレジットカードです。
海外旅行初心者に必須のエポスカードの紹介はこちら

緊急時に連絡がとれるように、ポケットWi-Fiは絶対に持っていく

海外旅行時にはポケットWi-Fi、もしくはSIMフリースマホを忘れずに持って行きましょう。

ホーチミンの治安がいいとはいえ病気、ケガ、盗難などリスクはゼロではありません。

緊急時に連絡が取れるよう、ネット環境はとっても重要。

海外旅行保険に加入していても、緊急時に連絡が取れないと意味がないんですよ。

ホーチミンの中心部ならフリーWi-Fiが豊富ですが、少し郊外に行くとフリーWi-Fiはありません。

チョロン(中華街)観光や、メコン川のツアーなどに参加する場合は絶対にポケットWi-Fiを持って行きましょう。

➡︎ ベトナム旅行 海外Wi-Fiレンタル 料金プラン比較とおすすめを紹介

スポンサーリンク

我思う故に我あり

ちょっとした注意さえしておけば、ベトナムはホントに安全な国です。

ベトナム人は基本的には親切なので、あまり警戒しすぎない方がいいですよ。

この記事を読んで、楽しいベトナム旅行の思い出をつくってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください