MENU

カテゴリー

海外旅行に必須のエポスカード 当日受取可能!

【仕事がつまらない】悩みながら11年働いたサラリーマンの末路【メーカー系エンジニア】

心配している男性

会社の仕事がつまらない

仕事に興味がもてない

仕事にやりがいを感じない

人生が無意味なモノに思える

割り増しで退職金をくれるなら、今ここでサインしたい

正直に答えてほしいんですが、会社の仕事面白いですか?

すいません。サラリーマンの方をバカにしているわけではないんです。

ただ、会社の仕事がつまらないと悩みながら、辞めるわけにもいかず働いている人が多いと思うんですよ。

実際、ボクもそうでした。

仕事がつまらないと悩みながら、11年間サラリーマンとして働いていたんです。

その結果、今では仕事が楽しくてたまりません。

仕事がつまらないと感じても、打開する方法はあるんですよ。

あ、最初に言っておくと「一生懸命やっていれば、どんな仕事も面白くなる」なんて根性論じゃないですよ。

この記事ではボクがどんな風に悩んできたのか告白。

記事の後半では、どうやってこの地獄から抜け出したのか、同じように悩んでいる人へのアドバイスも書いています。最後まで読んでくれるとうれしいです。

スポンサーリンク

【割引あり】エアコンクリーニングは秋がおすすめ! 夏に生えたカビをキレイに掃除するといいですよ。
➡︎ エアコンクリーニング 10社の料金価格とおすすめ度を徹底比較

「仕事がつまらない」と悩みながら働いた11年間の軌跡

階段に登る

ちょっとだけ、ボクの昔話に付き合ってください。

ボクがどれだけ会社の仕事がつまらないと感じ、悩んでいたかがわかるかなと思います。

そもそも就職活動から失敗していた

思い返してみると、就職活動から失敗していたんです。

ボクは都内の公立大学に通っていました。

小学生のときから理系科目が得意だったこともあり、大学では工学部を専攻。

大学院まで進学しました。

とくに勉強がしたかったわけではありません。学部卒よりも、大学院卒の方が初任給がいいんですよ。

まあ、それほど勉強に熱心な学生ではなかったってことですね。

就職活動も、イマイチ真剣さが足りなかったと思います。

とりあえず理系の大学院なので、企業の実態もわからず理系の会社を面接。

だいたい、メーカー系のエンジニア職を狙っていましたね。

まあ、そんな具合だから面接が上手くいかず、不採用が続きました。

周りの友達がどんどん就職先を決めていくなか、ボクはなかなか内定がもらえなかったんです。

梅雨が終わり、夏の気配がただよってきた7月。

大学の推薦制度を利用して、なんとか内定がとれたんです。

東京に本社がある、中堅のプラントエンジニア会社でした。

入社して半年。すでに仕事がつまらなかった

入社して1ヶ月。研修を終え、配属先が決まりました。

本社の設計部門です。ボクは機械系出身だったので、まあ妥当な人事ですね。

ボクが配属されたのは、官庁の上下水道施設を設計する部署でした。

配属後、試験雇用期間が終わるまではかんたんな業務ばかり。

ひたすら書類のチェックや、図面のチェックなんかしていました。

でも、試験雇用期間が終わると大きな仕事がやってきました。

ちょうど派遣の方が辞めるタイミングだったため、その人の仕事を引き継いだんです。

たしか、3億円くらいの案件でした。

そのあと立て続けに1.5億くらいの案件。1億くらいの案件を担当することに。

なんだかんだで合計5億以上の仕事。

「新入社員にこんな大きな仕事任せてくれるなんて。すごいな〜」と思ったのを記憶しています。

額が大きいだけあって、やりがいはあります。

たまに「新入社員は雑用ばかり。やりがいのある仕事がなくてつまらない」って話を聞きますよね。

ボクの場合はそんなことありませんでした。

合計5億の仕事。みんなのくらしに直結するインフラ設備。

バリバリやりがいがある仕事。

バリバリやりがいがある仕事のはず。

バリバリやりがいがある仕事だと思った。

バリバリやりがいがある仕事だと言い聞かせて、がんばった。

でも、終わってみるとぜんぜん心が震えない。

建設し終わった設備を見ても、興味がわかない。ぜんぜん達成感がない

このとき、ボクは自覚しました。

「あ、自分にはこの仕事はつまらないや。興味がないや」って。

現場に出て、さらに興味をなくしていく

工事現場

仕事がつまらないと感じても、打開策が思いつかないまま、ダラダラと仕事をしていました。

そして、3年目の春。

異動の辞令がでました。

設計の部門から、建設部門に移ることになったんです。

建設部門では工事現場に派遣され、現場監督して工事をまとめていきます。

まあ、プラントエンジニアとしては悪くないキャリア。

現場を知らず、設計だけやっていると頭でっかちになってしまい、上手い設計はできないんですよ。

異動の辞令が出たとき、現場なんてめんどくさいなと思いながらも、違う感情もありました。

淡い期待を抱いていたんです。

「もしかしたら、現場の仕事は面白いかもしれない」

ボクには設計の仕事があわなかったけど、現場の仕事は好きになるかもしれない。

いや、現場の仕事を経験したら設計の仕事も面白くなるかもしれない。

そんな風に前向きに考えんたですよ。

でも、移動して3ヶ月ほどでわかっちゃいました。

「あ、現場監督の仕事は、設計の仕事よりも興味がわかない」

幸か不幸か、現場監督の仕事は給料がよかったです。

手当もいれると、手取りで50万円くらいもらっていましたね。

仕事がつまらないと悩みながらも、お金の力によってつなぎとめられていました。

会社を辞めることを視野にいれながら仕事を続けていた

3年間の現場経験を終え、再度の異動で設計部門に戻ってきました。

経験も積んだので、もう立派な中堅社員。任される仕事の規模も大きくなっていきます。

数十億の案件を任されるようになりました。

エンジニアとしては喜ぶべきなのかもしれません。

でも、ボクにはもうぜんぜん興味がわきませんでした。

このとき、会社を辞めることを視野にいれながら、仕事を続けていくと決意しました。(詳しくは記事の後半)

週に数回の出張。

出張手当はスズメの涙ほどの金額です。

仕事のために出張をすればするほど業務はたまり、給料が少なくなっていく。

会社にいる日は遅くまで残業。週末も出社。

疲弊していく。

自分の中でやりがいがあれば頑張れますが、そんなものはなかったです。

ただ疲弊していく。

「いつか会社を辞めるぞ!」これだけを心の支えにしてがんばっていました。

会社を辞めるための転機がやってきた

光の階段
転機が二つやってきました。

一つは、ベトナム人の彼女です。仕事でホーチミンに派遣されとき、カフェでナンパしました。

ベトナム人は日本人に比べ、仕事を辞めることに寛容です。

ボクが会社を辞めたいと打ち明けても、かんたんに受け入れてくれました。

もう一つの転機は体調不良です。

激務とストレスからくる頭痛。眠れない日が続きました。

「あ、これ以上嫌な仕事を続けたら、鬱病になるな

仕事に興味がわかないし、無理してまで仕事する理由がない。

年に二回ある上司との面談で、退職を切り出しました。

意外とすんなり退職できた

引きとめられるはしましたが、ボクの意思が固かったため、退職届けが受理されました。

7月の中旬に切り出し、7月の下旬には退職届けを受け取ってくれましたね。

8月下旬から有給休暇の消化がはじまり、9月には無事に退職。

11年間悩んでいたのがバカらしくなるくらい、トントン拍子に事が進みました。

退職したときに書いた記事はこちら。

会社員・つまらない仕事を辞めたあと、どんな人生を送っているか

会社を辞めて約3年が経ちました。

今では個人事業主という名の無職です。笑

ブログから、なんとか生活できるくらいの収入を得られるようになりました。

決まった給料はないし、ボーナスもありません。ぜんぜん安定しない生活。

それでも、会社員時代に比べ、めちゃくちゃ幸せです。

朝から晩までブログをいじくっています。丸一日休んだ日はありません。

365日、24時間ブログのことを考えています。

全然苦痛じゃありません。ストレスもありません。

自分が面白いこと、興味があることを仕事にするとこんなに幸せなんて。

スポンサーリンク

仕事がつまなかった会社員時代に、どんな準備をしたか

ステップアップ

ボクはなんとか生活できていますが、行き当たりばったりでは行動しませんでした。

サラリーマン時代に会社を辞めることを念頭におき、少しずつ準備をしていました。

仕事がつまらないと愚痴るのはいいですが、何も準備しないなんて、それは甘すぎですよ。

ボクがどんな準備をしていたか、紹介しますね。

貯金をしていた

とりあえず、ガッツリと貯金していました。

つまらない仕事でも、お金はしっかりと入ってくるじゃないですか。

ストレス発散、刺激を求めて使いたい気持ちもわかりますが、しっかりと貯金した方がいいですよ。

貯金があれば、つまらない仕事を辞めることができます。

仕事を辞めて、ゆっくりと自分にあう転職先を探すこともできます。

好きなことを仕事にするために、自己投資にも使えます。

ここらへんは別記事にも書いているので、よかったらどうぞ。

お金はあるだけあった方がいいんです。

仕事がつまらないと感じたら、とりあえず貯金おきましょう。

ボクは会社を辞めるときに、年収の2年分くらいは貯金していましたよ。

自己投資をしていた

サラリーマンをしながら、いろいろ自己投資をしていました。

本、セミナー、道具、経験。

興味が湧いたら、なんでも手を出していましたね。

薄々気が付いていると思うんですが、仕事がつまらないって愚痴っていても、1mmも人生は好転しませんよ。

可能性が低くてもいいから、自分で決めて、行動しましょう。

複業をしていた

サラリーマン時代からせっせとブログを書いていました。

通勤時間にスマホで書き書き。

出張の移動時間に書き書き。

休みの日も書き書き。

今の時代、ネットを使って副収入を得ている人は多いんですよ。

あ、ボクみたいにブログに固執しなくてもいいですよ。

ツイッターでもいいし、写真が好きならInstagramでもいい。

動画編集に興味があるなら、YouTubeもいいですね。

実際に仕事に繋がらなくても、自分の世界が広がります。

自分の好きが仕事になる可能性もあります。

気分転換も兼ねて、何か試してみてください。

あ、仕事と一緒で相性があります。

つまらないと感じたら、すぐに辞めてもいいんですよ。笑

仕事しながら汎用性の高いスキルを磨いていた

サラリーマンをしながら、仕事で汎用性の高いスキルを磨いていました。

ボクの場合はメールとか、客先に出していた報告書ですね。

どうやったら見やすくて、簡潔なメールが書けるか。

どうやったら、客先に納得してもらえる報告書になるか。

クレーム対応の仕事が多かったので、報告書の技術は磨かれました。笑
(あ、ボクのクレームではなく、他人の尻拭いが多かったです)

サラリーマン時代に磨いたスキルは、ブログに超生かされています!

つまらない仕事だったとしても、貴重な時間を費やしているじゃないですか。

仕事しながら、何かしら得る努力はした方がいいですよ。

過去の自分にアドバイスをするとしたら?

アドバイス

当時はボクなりに考えて行動しましたが、今思うと考え足りなかったなと後悔しています。

もしボクが過去の自分にアドバイスできたら……。

後悔しないように、アドバイスしたいことがいっぱいあります。

この記事を読んでいるあなたにも参考になると思うので、まとめてみました。

ここまで記事を読んでくれたなら、「人生を変えたい」という思いが本気なんだと思います。

3つのアドバイスを紹介するので、どれか1つでも実践してみませんか。

最初のステップは5分で完了します。

1mmでもいいので、人生を良い方向に動かしましょうよ。

ここでなにもしないと、一生悩みつづけることになりますよ。

アドバイスは次の3つです。

サラリーマンがつまらない人へのアドバイス
  • 転職活動してみる
  • 複業をはじめてみる
  • 少額から資産運用をしてみる

転職活動してみる

まずは転職活動を本気で考えてみましょう。

ボクは11年間もサラリーマンをやっていながら、1回も転職活動をしなかったことにめちゃくちゃ後悔しています。

最終的に個人事業主を選ぶかもしれませんが、もう1社くらい他の会社を経験しておけばよかった……。

もしかしたら、自分が心から楽しめる会社が他の業界にはあったかもしれません。

仕事かつまらないと感じるなら、今すぐ転職する気がなくても、転職サイトに登録しなきゃダメですよ。

つまらない仕事ほど身体にストレスがたまるんです。

ストレス・疲労が限界に達しってからでは、転職サイトに登録する気力すらわかないですよ。(会社辞めたとき、ボクはそんな気力ありませんでした)

転職サイトに登録し、気になる会社をチェックしておけば、限界を感じる前にすぐ行動に移せます。

転職サイトは登録無料。とりあえず登録しておけば、条件にあったオススメの企業を紹介してくれます。

仕事がつまらないと感じるなら、選択肢として転職できる準備をしておきましょう。

新入社員・20代の転職

20代ならキャリアをリセットして、異業種・異職種への転職も可能。早く動いた方がいいですよ。

たとえ新入社員でも、いい転職先を見つけて、さっさと転職しちゃった方がいいですよ。

ムリに働いてもいいことなんてありません。

ボクが勤めていた会社でも、ムリをして2年目くらいに鬱病で来なくなった同期、後輩がいました。

今の時代なら第二新卒専用の転職会社があります。

新入社員で転職しても、ほとんどハンデはありません。一度目の就職で失敗したなら、試してみる価値はあります。
第二新卒エージェントneoに登録する

大手のマイナビに登録しておけば間違いないです。
大手転職サイト マイナビエージェントに登録する

これからも伸びて行く分野としては、ITやプログラム系がおすすめ。

ITやプログラムのスキルを身につければ年収1,000万円も達成可能。フリーになって海外移住しながら働いている人もいます。

まったくの初心者でも、ProgrammerCollege(プログラマーカレッジ)なら無料で講習と就職支援までサポートしてくれます。(企業からの協賛金ですべて無料)
【完全無料プログラミング研修&就活塾】ProgrammerCollegeに登録する

30代以降の転職

30代以降になると異職種への転職はやや難しくなります。

いままでのキャリアを生かして、同業種への転職の方がハードルが低いですよ。

例えばボクみたいにメーカー系のエンジニアなら、他のメーカを探してみるのもいいですね。

ボクはビールが好きなので、ビール工場のエンジニアだったら転職してもよかったかなと思います。笑

転職サイトは大手のマイナビに登録しておけば間違いないです。
大手転職サイト マイナビエージェントに登録する

また、30代以降の転職ならキャリアアップや海外勤務を目指してみるといいですよ。

同じ仕事でも海外だと面白くなることがあります。ホーチミンに駐在時、仕事は大変だけどやりがいがありました。

日本のサラリーマンがつまらなくても、海外勤務でやりがいを見つける人はけっこういるんです。

キャリアアップ、海外勤務でおすすめな転職サイトはビズリーチ。ハイクラスな転職案件が多いことで有名です。
ハイクラスな転職に強い ビズリーチに登録する

複業をはじめてみる

自分の可能性を広げるために、複業をはじめてみましょう。

ライスワーク(お金を稼ぐ仕事)と、ライフワーク(やりがいのある仕事)を別で考えるんです。

つまらないと感じる仕事でも、サラリーマンの恩恵ってデカいんですよ。

とりあえず、会社行けば給料もらえますからね。すぐに辞めるのはもったいない。

信用があるのでクレジットカードが作りやすいし、ローンも組めます。

ライスワークとしてサラリーマンをしながら、複業してライフワークをどんどん育てましょう。

複業が大きくなれば、会社を辞めて本業にすることも可能。

たとえ稼げなくても、ライフワーク(やりがいのある仕事)があるだけで人生的にはプラスですからね。

複業をするなら得意で好きなことがおすすめ。

コツコツと資産運用をしてみる

転職活動、複業と同時に資産投資もはじめてみましょう。

仕事がつまらないなら、他でお金を稼ぐ方法を増やしておいた方がいいですよ。

なぜなら、つまらない仕事ほど身体にストレスがたまるからです。

ボクみたいに体調不良になって、人によってはいきなり倒れるかもしれません。

少しでも資産運用をしおけば、会社を辞めるときにハードルが下がります。

転職する場合にも、資産運用をしていると有利ですよ。

投資で稼げていれば、給料の増減なんて気にせずに転職できます。給料よりも、仕事の面白さを優先できるじゃないですか。

毎月1,000円でもいいので、資産運用をしてみましょう。

あ、投資の「と」の字も知らない人は、いきなり投資なんて初めちゃダメですよ。

まずは無料のセミナーに参加して、なんとなくでもいいから雰囲気をつかみましょう。

オススメはファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」とかかな。

資産運用の基本、株式投資、FX投資、不動産投資に関して教えてくれます。ボクもサラリーマン時代に受講しました。

しつこい勧誘はないので、とりあえず参加して損はありません。
【無料】ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に申し込む

スポンサーリンク

我思う故に我あり

11年はホント長かった……。

色々行動したおかげで、結果的に今は楽しく仕事できてます。やったー。

何も行動しないでいたら、定年まで愚痴を言いつづけていたでしょう。

仕事がつまらないまま65歳を迎えるなんて、考えただけで地獄です。

ここまで本記事を読んでくれたあなた!

何かしら行動してくださいね。

こんな長い記事を読みきったんだから、まだ気力はあるはず。

なにか一個でもいいので、行動して、人生を切り開いてください!

本記事で紹介したサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください