海外旅行に必須のエポスカード 当日受取可能!

ドンムアン空港【安全なタクシーの乗り方】バンコク市内へぼったくりに合わずに移動

バンコク ドンムアン空港 タクシー
今回はドンムアン空港でボッタクリにあいにくいタクシー乗車の方法について書きます。

それほど難しい方法ではないんですが、慣れない異国の地で、言葉も通じないと不安になります。パニックになって、優しい言葉をかけてきたタイ人についていって…。

そんなことにならないように、最低限の方法を書いておきます。

スポンサーリンク

2019年9月8日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で夏休みセールを開催中。タイのテーマパーク、ツアーの料金がお得になります!
➡︎ 期間限定の夏休みセールを見てみる

夏休みセールを見てみる

ドンムアン空港の安全なタクシー乗り場は8番出口

入国審査を終え、ゲートを出たらまずはsimカードを購入。空港だと受付のお姉さんも観光客慣れしているので、簡単に手続きできますよ。

simカードを買ったら8番出口を目指してください!ドンムアン空港のパブリックタクシー受付は8番出口になります。

気が付かずに外に出てしまうと、直接タクシー運転手と交渉することになり、トラブルのもとです。

少し順番待ちがあってもパブリックタクシー受付を利用しましょう。受付後は乗車するタクシーのもとに案内してくれます。(親切丁寧な案内ではないので、少々不安になりますが)

タクシーに乗り込む前に確認!ドンムアン空港からバンコク市内までいくらくらい?

タイのタクシーはえらいカラフルです。ピンクとかありますからね。国民性なのかタイ人は派手な色(日本人の感覚からしたら)を好むようです。

タクシーに乗る前に次のことを確認しましょう。ちゃんと確認する前に発進するとトラブルのもとです。

  • 行き先の確認
  • 高速道路の利用・代金の確認
  • 目的地までのおおよその金額を確認

タクシーの運転手でも意外と道を知らなかったりします。もしくはこちらの発音が悪くて伝わらないことも。住所、名前、目印になるものをしっかり伝えて確認しましょう。

高速道路の利用料金はこちらが払う必要があります。タクシー受付でも明記されてます。事前に高速道路を使うのか。いくらなのか確認しておきましょう。(バンコク市内までなら60バーツくらいだったかと。うろ覚えです。)

メーターで課金していくので、おおよその金額も教えてくれないかもしれません。それでも聞いておきましょう。

スポンサーリンク

タクシーが発進したらメーター確認しよう

タクシーが発進しても油断は禁物。次のことに注意してください。

  • メーターはしっかり動いているか
  • 遠回りしてないか

タクシーのメーターがしっかりと動いているか確認しましょう。メーターを動かしてないと、運転手の気分で請求されます。まあ、どう考えても気前よく安くしてくれるなんてないですね。高額を請求されることでしょう。

古典的な出口ですが、遠回りして高額を請求することもあるそうです。スマホの地図アプリを使ってチェックしましょう。

空港からのタクシーはメーター金額以外にも空港利用料金が請求される

会計時にもひとつ注意することがあります。メーター金額+50バーツを請求されるんです。

でも、これはちゃんと理由があります。空港に乗り入れてるタクシーには空港利用料として50バーツを払う必要があるんです。ほら、タクシー受付にも明記されてます。

タクシーを降りるときに、トラブルにならないように覚えておきましょう。

スポンサーリンク

ドンムアン空港からバンコク市内までいくらかかった?

今回バンコク市内のレストランまで運んでもらいました。気になるお値段ですが400バーツほどでした。(高速道路利用料、空港利用料含む)

2015年11月の為替レートで1400円くらい。考え方は人それぞれですが、目的地を指定していけるタクシーはやっぱり楽です。バスや電車を併用すると色々めんどくさいですからね…。

我思う故に我あり

注意してもボッタクリにあうことはあります。

でも、100バーツぼったくられたとしても350円くらい。いちいち揉めていても時間・気持ちのムダなのでサッサと払ってしまうのが良いとおもいます!

それよりも旅を楽しみましょう!

タイについたのがお昼頃だったので、このあとランチに向かいます。向かったのはブルーエレファント。別記事で紹介しいるので、よかったらどうぞ。
・ブルーエレファント バンコク 〜 ベルギーから逆輸入された高級タイ料理店でランチを食らう!洗練された味を堪能した

絶対食べてほしいバンコクのオススメ料理

・バンコク ソンブーン | プーパッポンカリー発祥の店で豪快にカニを喰らう!

・バンコクのグルメ旅行なら「ティダイサーン」のガイヤーンは必食 パリッとジューシー

バンコクで 一番旨いカオマンガイ!ピンクのポロシャツで有名なラーン・ガイトーン・プラトゥーナム

タイ旅行おすすめのガイドブック