トップ画像

不真面目/真面目が1/1=1になるように
カテゴリー ストウブ 海外旅行 プロフィール
クリスマスプレゼントは用意しましたか?
人気のプレゼントを見てみる
期間限定 最強のふるさと納税知ってます?
最強のふるさと納税を見てみる
クリスマスプレゼントは用意しましたか?
人気のプレゼントを見てみる
期間限定 最強のふるさと納税知ってます?
最強のふるさと納税を見てみる

タイ旅行 SIMカード料金プラン比較【2018】滞在日数別にオススメを紹介

スポンサーリンク

初めて行く国だとSIMカードの購入もひと苦労ですよね。

この記事ではタイの旅行者用SIMカードについて、滞在日数別に料金プランを比較してみました。

各社似たようなプランなんですが、滞在日数によってお得な会社が違うんです。

タイで8日間使えるSIMカードは、日本でも購入可能。日本で買った方が安いですよ。設定マニュアルが付いて入るので、慣れてない人でも安心して購入できます。
2019年1月6日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で年末年始セールを開催中。テーマパーク、ツアーの料金が最大10%オフになります。【シンガポール・バリ・マレーシア・タイ・韓国・ヨーロッパ】

年末年始セールを見てみる

タイのSIMカードは、3つの通信会社から選べる

バンコクのスワンナプーム国際空港、ドンムアン空港では3社の携帯会社で契約ができます。

まずはタイの携帯会社最大手のAIS。グリーンの外観が目印。
タイ バンコク 携帯会社

念のため料金プランのパンフレットを載せておきます。詳しい比較は記事の後半に。
日程ごとのプラン

30日のプラン

続いてタイ携帯業界2位のdtac。水色の外観が目印。
タイ 携帯 スワンナプーム

dtacの料金プランパンフレット。
料金プラン

最後がtrue。赤い外観が目印。
タイ 携帯 スワンナプーム

trueの料金プラン。
trueの料金プラン

【料金比較】滞在日数別にオススメのプランを紹介

3社とも似たようなプランなんですが、通信容量などによって微妙に違ってきます。また、プランによって使用できる日数がちがいます。

タイに滞在する期間によって、割安のプランが変わってくるんです。

ということで、3社の料金プランを表にしてみました。

AIS
日数 通信容量 電話  料金
3日
7日
8日 3GB 100 299
10日 3.5GB 449
15日
30日 4.5GB 50 549
9GB 50 849
15GB 50 1,049
24GB 100 1,849
36GB 100 2,699
48GB 100 3,549
dtac
日数 通信容量 電話  料金
3日
7日 4.5GB 20 299
8日 3GB 100 299
10日 4.5GB 35 449
15日 6GB 100 599
30日 4.5GB 85 549
9GB 65 849
20GB 135 1,349
true
日数 通信容量 電話  料金
3日 1GB 50 200
7日
8日 3GB 100 299
5GB 45 299
10日
15日 8GB 50 599
30日 6GB 50 600
10GB 50 850
15GB 50 1,050

比較項目は下記の3つ。

  • 通信容量
  • 電話
  • 料金

「通信容量」は、データ通信の速度制限がかかる値。これを超えてもデータ通信はできますが、極端に速度が落ちます。

「電話」に関してはプランに含まれている通話料。3社ともデータ通信とは別に、一定額の通話料が含まれてます。

「料金」に関して、単位はタイバーツ。大体3.5倍くらいすると日本円と同じくらいの金額になります。

比較表から、滞在日数によってお得なプランが変わってきます。

  • 滞在日数 1〜 3日 : true
  • 滞在日数 4〜 7日 : trueの8日プラン
  • 滞在日数 8日 : 3社とも同じ(trueだと5GBのプランあり)
  • 滞在日数 9〜 10日 : true
  • 滞在日数 11〜 15日 : dtac、true(データ通信が多いならtrue)
  • 滞在日数 15〜 30日 : 通信量に応じて3社から選択

一般的な旅行の日程なら、trueにしておけば間違いないかなとなります。別記事でtrueに契約する時の様子を書いています。参考にしてください。

trueの8日間SIMカードは、自販機で購入できます。自販機の方が並ばないので楽チンですよ。

注意事項として、trueは僻地の通信状況が悪いそうです。タイの旅行先によってはAISかdtacにすることをおすすめします。

スポンサーリンク

契約設定は空港で済ませてしまおう!

SIMカードの契約、設定は空港で済ませてしまうのがおすすめです。
タイ バンコク SIM 契約

実は空港で旅行者用のプランを契約しなくても、街中のコンビニなどで一般的なプランを契約する方が安く済みます。

しかし、コンビニなとは店員さんが慣れていないため、契約から設定までのハードルが高いそうです。

時間のロスや、契約できないリスクを考えたら、空港で契約してしまうのが一番!

ドンムアン空港で契約したときも、簡単な英語と身振り手振りで契約できました。

パンフレットに指差しするだけで伝わるので、英語ができなくても大丈夫ですよ!

タイで8日間使えるSIMカードは、日本でも購入可能。日本で買った方が安いですよ。設定マニュアルが付いて入るので、慣れてない人でも安心して購入できます。

我思う故に我あり

空港に付いてからだと、慌ただしくてSIMカードを選んで入る余裕はありません。

この記事を読んで、事前にどのSIMカードにするか決めておくといいですよ。

タイの空港ではフリーWi-Fiが使えるので、SIMカードを契約するまでWiFiを利用しましょう。

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール

当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!
毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはこちら。当ブログではスポンサー、純広告を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加

follow