不真面目/真面目が1/1=1になるように

【2018年】タイ バンコクの治安は悪い?危ない? どんな犯罪がある?

スポンサーリンク

本日はタイ(主にバンコク)の治安について解説します。

東南アジアというと、なんだか治安が悪そうなイメージがありますよね。

ボクは年に1〜2週間はタイに滞在しています。また、知り合いがバンコクに駐在しているため、現地の情報は簡単に手に入ります。

この記事ではボクの経験、知り合いから聞いた話をもとに、バンコクの治安に関して解説。

この記事を読めば、バンコクの治安に対する不安は解消されますよ。

この記事で分かる事
  • バンコクの治安はいい? 悪い?
  • バンコクでは、どんな犯罪に巻き込まれるのか
  • 犯罪に巻き込まれないために、どうすればいいか

バンコクの治安は悪くないです【体験談】

結論から言ってしまいますが、タイ バンコクの治安は悪くないです。

今まで何度もバンコクに行きましたが、身の危険を感じるようなアクシデントにはあったことがありません。

ボクのまわりでも強盗に巻き込まれたり、怪我をしたなんて話は聞いたことないですね。

ただし、過去にテロ事件などが起きています。また、政治的な暴動が起きこともあります。

渡航前には外務省のHPにて、危険レベルを確認しておきましょう。

観光客をカモにした、ぼったくりの被害にあいました

バンコクの街並み

身の危険を感じたことはありませんが、ぼったくりの被害にあったことはあります……。

悲しいことですが一部のタイ人はあの手この手で、無知な観光客からお金をぼったくろうとします。

タクシーの運転手に騙された

ワットアルン、ワットポーに観光に行くとき、駅からタクシーを使ったんですよ。

するとタクシーの運転手が言い出しました。

ベトナム人
 運転手

今週は国王の誕生日だから道が混んでる。ボートツアーを使った方がいいよ

運転手の言葉にまんまと騙されて。ボートツアーへ。

ボートツアー自体は気持ち良かったんですが、たかだか河をわたるのに2人で7,000円ほどかかりました……。

確かに国王の誕生日時期だったんですが、道はそんなに混んでなかったんですよ。

多分、カモを見つけてはツアーに案内して、紹介料をもらっているだと思います。

詳しい様子は別記事に書いていますので、読んでみてください。

中華街で親しげに話しかけてきたおじさん

中華街で食事をし、お土産を物色していると、おじさんが親しげに話しかけてきました。

ベトナム人
 おじさん

お土産を買うなら、いいとこ紹介するよ。相場の3割引くらいで買えてお得だよ

親切なおじさん。こん人が嘘をつくはずがない。

純粋なボクらは、おじさんの言葉を信じました。紹介されたお店にノコノコと行ってしまいました。

結果、全然安くない……。むしろ高い……。店員の目が死んでいる……。

金銭的な被害はなかっんですが、時間をかなり無駄にしました。

気の弱い人は、ついつい買っちゃうんじゃないかな。

飲食店では観光客向けのメニューをわたされた

あるレストランでは、タイ人向け、観光客向けにメニューを変えています。

英語表記されているとかではなく、料理の値段が違うんです。

観光客は値段の相場なんかわかりませんよね。

多少高くても、「まあこんなもんなのかな」と納得してしまいます。納得していなくても、タイ語がわからないので反論できません。

タクシーでメーターを使わない

タイのタクシーは、日本と同じくメーター制です。走った距離に応じて料金が増えていきます。

でも、悪質なドライバーはメーターを回しません。彼らの言い値で払うことになります。

ボクもプーケットで被害にあいました。さりげなく帽子をメーターに被せていたんです。

メーターなら数十バーツ程度の距離なのに、300バーツ要求されました。

スポンサーリンク

タイ バンコクで日本人が被害にあっている犯罪

仏像

バンコクで身の危険を感じたことはないですが、実際には犯罪に巻き込まれるケースもあります。

バンコクで遭遇する犯罪は、事前に手口を知っていれば回避できるものがほとんど。

日本人がバンコクでどんな犯罪の被害にあっているのか、外務省のHPから抜粋します。

  • 睡眠薬強盗
  • 見せ金詐欺
  • 宝石・洋服(オーダースーツ)のキャッチセールス
  • わいせつ犯罪
  • スリ
  • 窃盗,置き引き,ニセ警官
  • バイクを利用した犯罪及び路上強盗
  • いかさま賭博

どんなことに注意すればいい?

バンコク滞在中、犯罪に巻き込まれないためには、どんなことに気をつければいいの。

かんたんにまとめました。どれもむずかしいことではないですが、海外旅行の開放的な雰囲気では忘れがちです。

  • 親しげに話しかけてくる人は疑う
  • 知らない人から食べ物、飲み物をもらわない
  • 知らない人についていかない
  • 財布、お金をむやみに見せない
  • 深夜のタクシーはさける(とくに女性)
  • 観光中はつねに荷物管理(とくに財布や、スマホの位置に注意)
  • バッグなどは歩道側の手でもつ

観光客に親しげに話しかけてくる人は、基本的に疑った方がいいですよ。(タイ人だけでなく、欧米人、日本人も含め)

家や、行きつけのお店など、相手のテリトリーに連れ込まれないように注意しましょう。

人が多い場所、マーケットなどでは、スリの被害をよく耳にします。また、道を歩いているときに、バイクにバッグごと盗まれることもあるそうです。要注意。

スポンサーリンク

食あたりにも注意

治安とは関係ないですが、タイ旅行中に食あたりにあった話もよく聞きます。

ホテルの水道、ローカル店の氷、生野菜・フルーツなどが原因のようです。

バンコクでは気にしすぎる必要はないですが、さらに移動する場合は気をつけてください。
(田舎に行くほど危険です)

海外旅行保険には必ず加入しておこう

タイに旅行するなら、海外旅行保険には絶対に加入しておきましょう。

スマホの破損・盗難や、ケガ、病気になったときに補償してくれます。

海外旅行保険は普通に加入すると数千円かかりますが、一部のクレジットカードには海外旅行保険が無料でついてきます。

ボクのオススメはエポスカード。海外旅行には必須のクレジットカードです。

エポスカードもっているだけで、自動的に海外旅行保険がついてきますよ。

我思う故に我あり

ちょっとした注意さえしておけば、タイはホントに安全な国です。

また、多くのタイ人は基本的には親切なので、あまり警戒しすぎなくてもいいですよ。

ホテルやレストランのスタッフは、とてもホスピタリティ高いです。屋台のおじさんとかは、よくオマケしてくれます。

この記事を読んで、楽しいタイ旅行の思い出をつくってくださいね!

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事。毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはこちら。当ブログではスポンサー、純広告を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。

LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください