MENU

カテゴリー

海外旅行に必須のエポスカード 当日受取可能!

【食レポ】サバイジャイ ガイヤーンで有名なバンコクのタイ料理レストラン トムヤンクンも美味しい

疑問
フマジーメ53世

サバイジャイのガイヤーンが美味しいって聞いたんだけど、そんなに美味しいの? トムヤンクンとかも食べられる?

こんにちは。毎年1回はバンコク旅行をするブッキーです。

東南アジアの代表食材といえばにわとり。日本の鶏に比べて、身が引き締まっていて美味しいんですよ。

バンコクグルメを堪能するなら、カオマンガイ(チキンライス)ガイヤーン(鶏の炭火焼)はぜひ食べてみてください。

そして、ガイヤーンを食べるなら本記事で紹介するサバイジャイがおすすめ。

自分正面
ブッキー

「サバイジャイと言えばガイヤーン。ガイヤーンと言えばサバイジャイ」というくらい有名です

また、ガイヤーンだけでなくトムヤンクンも美味しいんですよ!

本記事ではサバイジャイへの行き方、店内の様子、予約方法、メニュー、食事の様子を紹介します。

スポンサーリンク

2019年11月4日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)でハロウィンセールを開催中。タイのテーマパーク、ツアーの料金がお得になります!
➡︎ 期間限定のハロウィンセールを見てみる

セールを見てみる

バンコク サバイジャイ 詳細情報

店名 サバイジャイ
住所 87 Ekkamai 3 Alley, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon
時間 10時30分〜22時30分
定休日 なし
電話 02-714-2622
HP

バンコク サバイジャイ 行き方(アクセス)・地図・最寄駅

サバイジャイへは電車、もしくはタクシーで行くのがいいでしょう。

電車を使った場合、最寄駅はBTS(スカイトレイン)のエカマイ駅(Ekkamai)。

駅から徒歩15分ほどの場所にあります。

 
エカマイ通りを歩いていると写真の看板が見えてきます。
バンコク サバイジャイ 道にある看板

看板の矢印に沿って小道に入ってください。
バンコク サバイジャイ 小道を入る

スポンサーリンク

バンコク サバイジャイ お店の外観

サバイジャイの外観。にわとりと太陽のロゴマークが目印です。
バンコク サバイジャイ お店の外観 太陽と鶏

バンコク サバイジャイ 店内の様子・雰囲気

サバイジャイには半屋内席と、屋内席があります。

半屋内席は屋根がありますが、クーラーは効いていません。個人的には半屋内席で、冷たいビールを飲むのが好み。
バンコク サバイジャイ 半屋内の店内

ガラスで区切られた屋内席。クーラーが効いています。
バンコク サバイジャイ クーラーの効いた店内

スポンサーリンク

バンコク サバイジャイ 混雑状況

サバイジャイは10時30分から開店し、22時30分に閉店します。

開店から17時までは混雑しないので、予約無しで大丈夫です。

18時頃からお客さんが増えていき、混雑のピークは19時〜21時。

19時〜21時に来店予定なら、予約を検討した方がいいですよ。

バンコク サバイジャイ 予約方法

サバイジャイの予約は電話のみ。

ネットでの予約は受け付けていません。

電話はタイ語だけでなく、英語も通じるようです。

サバジャイの公式ホームページを載せておくので、予約の際にお役立てください。
⇨サバイジャイ 予約連絡先

バンコク サバイジャイ メニュー

サバイジャイは主にイサーン料理を扱うレストラン。

イサーン料理とは?
タイ東北部(イサーン地方)のことを指します。代表的なイサーン料理はソムタム(青パパイヤのサラダ)、ガイヤーン(鶏の炭火焼)などです。

ガイヤーン、トムヤンクン以外にも色々な料理がありますよ。
バンコク サバイジャイ メニュー

おつまみは120バーツ前後がメインの価格帯です。
バンコク サバイジャイ スープ系メニュー

名物のガイヤーンはラージサイズが180バーツ。スモールサイズが90バーツ。
バンコク サバイジャイ ガイヤーンのメニュー

トムヤンクンはラージサイズが280バーツ。スモールサイズが150バーツ。
バンコク サバイジャイ トムヤンクンのメニュー

つづいて、実際にボクらが利用した時の様子をレポートします。

バンコク サバイジャイ 料理

サバイジャイには名物のガイヤーンと、トムヤンクンを目当てに来店しました。

駐在員の知り合いから、サバイジャイはガイヤーンだけでなくトムヤンクンも美味しいと聞いていたんです。

まずやってきたのがガイヤーン(90バーツ)。妻と2人だったので、スモールサイズを注文。
バンコク サバイジャイ ガイヤーン

お店の名物だけあって、めっちゃ美味しいです。

じっくりと焼いていて、皮はバリッとした仕上がり。
バンコク サバイジャイ ガイヤーンのアップ

胸肉の部分でさえ、パサつかずしっとりとしています。
バンコク サバイジャイ 胸肉の部分

ガイヤーンはタレに漬け込んでから焼いているので、ソースをつけなくても美味しく食べられます。

ソースはかなり辛いので、つけすぎに注意。

つづいて、トムヤンクン(150バーツ)。スモールサイズを注文しました。
バンコク サバイジャイ トムヤンクン

大きなエビ。
バンコク サバイジャイ トムヤンクンのエビ

トムヤンクンはくっきりとした酸味と辛さを感じます。

大きくカットされた玉ねぎ、トマトなどの野菜。全体的にミルキーな感じはなく、さっぱりとした舌触りと後味です。
バンコク サバイジャイ トムヤンクン小皿

心地よい酸味のおかげで、どんどんと飲みたくなるスープ。

さっぱりしているので、ご飯には合わないですね。スープ単体で飲むのがおすすめ。

トムヤンクンのおすすめ店まとめはこちら

バンコク サバイジャイ 料金はいくらだった?会計は?

気になる会計ですが、妻と2人で食事して340バーツ。
バンコク サバイジャイ 会計

日本円だと1,200円前後ですね。

量はひかえ目で注文したので、こんなもんかなと。

空腹時に来店しても1人1,500〜2,000円あれば十分かと思います。

我思う故に我あり

ということで、本記事ではサバイジャイのガイヤーンとトムヤンクンを紹介しました。

サバイジャイのガイヤーンはバンコクでも本当に有名。

本記事を参考にして、美味しいガイヤーンとトムヤンクンを食べてくれるとうれしいです。

トムヤンクンのおすすめ店まとめはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください