トップ画像

不真面目/真面目が1/1=1になるように

【ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ】ガーデンラプソディ(ナイトショー)【徹底レポート】

スポンサーリンク

本日はガーデンズ・バイ・ザ・ベイ ガーデンラプソディ(ナイトショー)の紹介です。

シンガポールで観光スポットとして有名なガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。

近未来的な建物と、植物園の共演。

シンガポールのシンポルとも言える場所です。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは昼間に行くのもいいんですが、夜のガーデンラプソディ(ナイトショー)が最高なんですよ!

この記事ではガーデンラプソディの行き方、営業時間、混雑状況など徹底解説。

この記事を読めば、ガーデンラプソディのことは全部わかります!

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ ナイトショー(ガーデンラプソディ)【基本情報】

ナイトショー(ガーデンラプソディ)の基本情報です。

地図・場所

ガーデンラプソディは、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの「Supertree Grove」で催されます。

行き方・アクセス

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ最寄駅は、MRT(地下鉄)のベイ・フロント駅(Bay Front)。

改札を出ると、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ行きの標識が出ています。
標識

標識にそって、地下街を奥までいきます。
地下街

地下街進むと、写真のような階段が見つかるはず。この階段を登れば、目の前がガーデンズ・バイ・ザ・ベイです。
地上への階段

地下街の奥

ドラゴンフライブリッジ(橋)をわたり、ナイトショー(ガーデンラプソディ)が催される「Supertree Grove」に向かいます。
ドラゴンフライブリッジ

ショータイム

ショーは毎晩19時45分、20時45分の2回開催されます。

ショーの時間は10分程度です。

混雑状況

ガーデンラプソディは無料のショーということもあり、混み合います。

特に20時10分頃のドラゴンフライブリッジは混み合います。

1回目のショーから帰る人、良い席を取るために少し早目に2回目のショーに向かう人々がかち合うんですよ。
混み具合

進めないことはないのですが、子連れの人は迷子にならないよう気をつけてください。

ベビーカーを使っていた人は大変そうでした。

所要時間の目安

チケットの料金

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは敷地ないに入るだけなら無料です。

だから、ガーデンラプソディは無料なんですよ!

シンガポールは観光にお金がかかるので、無料のショーはとっても助かります。笑

チケットの購入・買い方・クーポン情報

チケットは無料ですが、せっかくならフラワードーム、クラウドフォレストなどの施設も楽しみたいですよね。

チケットは受付でも購入できますが、事前にネットで買った方が割引されます。

ボクのオススメは、Voyagin(楽天が運営する旅行会社)のクーポンチケットです。

割引率が高く、定価から17%オフ!

スマホがあれば3分ほどで購入可能。サイトが日本語なのもうれしいです。

フラワードーム、クラウドフォレスト、OCBCスカイウェイのコンボチケットが17%OFFになるクーポンです。

17%オフ クーポンチケットを見る
※スマホで購入可能。予約後に日程変更可能

【体験レポート】ガーデンラプソディ

シンガポールフライヤー(観覧車)に乗ったあと、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのガーデンラプソディに向かいました。

目指すは20時45分からの回。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイについたのは20時過ぎ。

地下街を通り、地上にでるとライトアップされたツリーが見えました。これだけでも幻想的。
スーパーツリーグローブ

19時45分からの回が終わり、ちょうど帰ってくる人たちと遭遇。行く方向かちがいので、かなり混雑してましたね。
ドラゴン橋周辺

ガーデンラプソディは眺める位置によって、3つの見え方があります。

  • 下から眺める
  • OCBCスカイウェイから眺める
  • 横から眺める

ツリーの下に陣取って、頭上のツリーを見上げるパターン。早く行けば座る場所を確保できます。ベンチに奥行きがあるので、寝っ転がって眺めることも可能。
下から眺める

ツリーにあるOCBCスカイウェイ(吊り橋)から眺めるパターン。OCBCスカイウェイは有料です。ツリーの近くで見えるので迫力はありますが、全体像が見えない欠点あり。
OCBCスカイウェイ

オーソドックスなのは横から眺めるパターンですね。全体が見渡せ、光と音のショーが余すところなく堪能できます。
紫

ガーデンラプソディは数ヶ月ごとに演目が変わります。

ボクらが訪れたとき(2018年5月)はスターウォーズでした。
青

緑

後半は赤い光とともに、ダースベイダーのテーマソング。いや〜、迫力ありました!
赤

スポンサーリンク

昼間のガーデンズ・バイ・ザ・ベイもオススメ

本記事ではガーデンラプソディを紹介しましたが、昼間のガーデンズ・バイ・ザ・ベイも面白いですよ!

別記事にまとめているので、ぜひこちらも読んでみてください。

オススメは16時頃にガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ。フラワードーム、クラウドフォレストを楽しで、19時45分のガーデンラプソディ鑑賞するパターンですね。

フラワードームはガラス張りの大きな植物園。
フラワードーム

クラウドフォレストも植物園なんですが、目玉は天空の城ラピュタのような建造物です。
クラウドフォレスト

割引クーポン・オプショナルツアー情報

最後にクーポン・オプショナルツアーの情報をまとめます。

チケットクーポン情報

フラワードーム、クラウドフォレスト、OCBCスカイウェイのコンボチケットが17%オフになります。

サイトは全部日本語なので、英語が苦手な人でも大丈夫。

スマホがあればシンガポールからでも購入可能です。

フラワードーム、クラウドフォレスト、OCBCスカイウェイのコンボチケットが17%OFFになるクーポンです。

17%オフ クーポンチケットを見る
※スマホで購入可能。予約後に日程変更可能

英語が苦手な人はオプショナルツアーがオススメ

海外旅行に慣れていない方、英語が苦手な方はツアーを利用した方がいいですよ。慣れない海外でも短時間でシンガポールの観光名所を周れます。

シンガポールの夜景を楽しむツアーならVoyaginがオススメ。

Voyaginは楽天が運営する旅行会社です。オススメする理由は3つあります。

  • 日本語ガイドがついてくれる
  • 価格が良心的
  • シンガポールに着いてからでも予約できる

日本語ガイドがついてくれるので、英語が苦手な人でも安心です。

オプショナルツアーにしては価格が良心的。同じルートを自分で回っても同じくらいの料金がかかりますからね。

シンガポールに着いてからでも予約でき、予約メールをプリントアウトするなどは不要。

1個のツアーでリバークルーズ(ナイトクルーズ)マリーナ・ベイ・サンズガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、シンガポールフライヤーが楽しめます。

自分達でまわっても結局同じくらいの値段がかかるので、往復の送迎があるツアーの方がお得!

夜のオプショナルツアーを見てみる

スポンサーリンク

我思う故に我あり

ガーデンラプソディは日本では見られないタイプのショーなので、シンガポール旅行では絶対行くべきですよ!

昼間のガーデンズ・バイ・ザ・ベイもオススメなので、ぜひ両方楽しんでください!

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事。毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはこちら。当ブログではスポンサー、純広告を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加

follow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください