不真面目/真面目が1/1=1になるように

Gong cha(ゴンチャ) 飲み物の注文方法を解説します

本日はGong cha(ゴンチャ) の注文方法を解説します。

嫁(ベトナム人)が大のゴンチャ好きで、週に1回くらいはゴンチャでミルクティーを飲みます。

ボクもついていくのですが、慣れていないと注文方法が複雑でわかりにくいですよ……。

スターバックスよりむずかしいんじゃないかな。

この記事では、ゴンチャの注文方法を詳しく解説。事前に読んでおけば困りませんよ!

ゴンチャの注文方法

ゴンチャは注文の仕方が少し難しいです。並んでいるうちメニューを見ながら決めておきましょう。
注文の仕方

注文の流れとしては

  1. ドリンクを決める
  2. サイズを決める
  3. 甘さを決める
  4. 氷の量を決める
  5. トッピングを決める(必要なら)

となります。

ドリンクを決める

ゴンチャのメニュー。カスタマイズのベースとなるオリジナル ティーは4種類。
オリジナルティー

  • ジャスミン グリンティー
  • ウーロンティー
  • ブラックティー
  • 阿里山 ウーロンティー

オリジナルティーをベースとしたメニュー。ゴンチャスペシャル(ミルクフォーム入り)、ミルクティー、ティーエード(フルーツ入り)。さらにジュース、スムージー。
メニュー

サイズを決める

アイスのサイズはS・M・Lの3種類。ホットのサイズはS・Mの2種類です。
サイズ

甘さを決める

甘さは4段階。

  • ゼロ
  • 少なめ
  • ふつう
  • 多め

お茶の種類によってオススメの甘さが変わります。
甘さ

ブラックミルクティーは甘さゼロ、もしくは少なめがオススメ。

ジャスミングリンティーは独特の香りと苦味あり。甘さは普通以上がオススメ。甘さを少なめにすると、後味が少しキツくなります。

氷の量を決める

氷の量は3段階。

  • 少なめ
  • 普通
  • 多め

味が薄くなってしまうので、普通か少なめがオススメです。
氷

トッピングを決める

最後にトッピングの選択。トッピングは各70円。最大3つまでトッピングできます。

  • パール(タピオカ)
  • ミルクフォーム
  • アロエ
  • ナタデココ
  • バジルシード
  • グラスジェリー

トッピング

ミルクティー系にはタピオカ入りがオススメ。

ミルクフォームは少し塩っけがあります。濃厚さがますので、濃い味が好きな人にオススメ。美味しいですよ。

迷ったらオススメメニュー

どうしても決められない人、初めてでよく分からない人はオススメメニューから選びましょう。ハズレはないです。
オススメ

スポンサーリンク

通常

我思う故に我あり

いろいろカスタマイズできるのはうれしいのですが、初心者には不親切ですよね。笑

ゴンチャに行ったときの様子は、別記事でまとめています。こちらも読んでみてください。

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事

毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはコチラ

LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.