不真面目/真面目が1/1=1になるように

ニューバランス M1400 MGを購入!【口コミ】形、色、履き心地が最高のオシャレスニーカー!

本日はニューバランス M1400 MG (MOUNTAIN GREEN マウンテングリーン) の紹介。

M576CNNに続いて、ニューバランスを購入。もう、完璧にニューバランスの虜です!

M1400はニューバランスの中でもオシャレ度が高いスニーカー。さらに履き心地が抜群です。

スポンサーリンク

ニューバランス(new balance) M1400 MGを購入!形、色、履き心地が最高のオシャレスニーカー

購入したのはニューバランス M1400 MG (MOUNTAIN GREEN マウンテングリーン)

M1400は丸みを帯びたデザイン。ニューバランスの中でもオシャレで、人気が高いモデルです。

ボクはMG (MOUNTAIN GREEN マウンテングリーン)色を購入しました。この他にもグレー、ベージュ、ネイビーなどの色があります。(コラボ商品などを入れるともっとある)

ニューバランスが1985年にリリースしたM1300。M1300は伝説のスニーカーとして人気が高く、M1400はその次のモデルとして発売される予定でした。

しかし、当時の技術では量産がむずかしく、M1400の生産を断念。

1989年にM1500が発売され、生産技術が発達した1994年になってからようやくM1400が発売されました。

どうしてニューバランス M1400 MGを購入した?

ニューバランス M1400 MGは購入した理由は履き心地がよく、シックな服装に似合うオシャレなスニーカーが欲しかったからです。

M1400は一度生産技術が追いつかず、生産を中止したモデル。高い技術を要求されるスニーカーなので、履き心地最高です。

ボクは先日、ニューバランスのM576CNNを購入しました。オールレザーの外見はカッコよく、ジーパンと合います。しかし、シックな服にはちょっと似合いません。

ボクは普段ジーパンばかりをはなく、黒いスキニーパンツなども履きます。そういったちょっとシックな服装に合わせたくてM1400を買いました。

M1400はどのカラーも落ち着いた色で、ちょっと大人の雰囲気があるスニーカーです。

スポンサーリンク

開封と詳細レビュー

やってきました。ニューバランス M1400。(箱はあまりカッコよくないな……)
箱

『MADE IN THE USA』の文字。
箱のUSAの文字

ニューバランスはグレードによって製造地が違うんです。グレードの高いモデルはアメリカや、イングランドが製造国。廉価版のモデルの製造国は東南アジアになります。

開封。
開封

包み紙をめくって、中身を拝見。いや〜新しい靴はテンション上がる。美しいスエードに頬ずりしたくなります。
ご対面

上から見た様子。
並べて上から見た様子

側面(内側)。
内側

側面(外側)。
側面 外側

M1400 MGの紐は、本体のスエードに合わせて絶妙な薄緑。
紐は薄緑

紐を通すとこんな感じ。

側面(内側)。
紐を通した内側

側面(外側)。
紐を通した外側

M1400はつま先、甲の部分が丸みを帯びたデザインになっています。シュッとした尖った感じでなく、柔らかな見た目。
紐を通したあと 上から撮影

ニューバランスのロゴ「N」が大きく縫い付けれています。アメリカ産なので、ここの仕上がりがキレイ。ちなみにロゴマークは反射素材になっているので、夜道などで目立ちます。
「N」マーク

つま先のアップ。丸みを帯びたデザイン。
つま先

かかとを後ろから撮影。かかとの「NB」の周りも反射素材。
かかと

ソールの裏側。カーボンラバーを使用し、耐摩耗性にすぐれています。
ソールの裏側

靴の甲の部分。いわゆる『シュータン』と呼ばれる部分です。『MADE IN USA』の文字。
ベロ

紐を上まで結ぶと、『1400』、『MADE IN USA』の文字が隠れてしまうのが少し残念。
ベロ 紐を結んだあと

足を柔らかく包み込む履き心地が最高!

M1400を履いてみた感想ですが、足を柔らかく包み込む履き心地が最高です!

シュータン部分が厚く、履いた時に甲の部分に柔らかくフィット。靴の内側は全体的にクッションがしっかりしていて、足をやさしく包み込んでくれます。
ベロのクッシッン性

かかとにはスタビライザーが付いているので、長時間歩いても疲れません。

サイズの選び方

ニューバランス M1400 を購入するときは普段履いているサイズより0.5〜1cm大きいサイズがオススメ。

ボクは普段26.5cmを履いていますが、今回は27を購入しました。

すでにニューバランスのスニーカーを持っているなら、同じサイズにした方がいいですよ。

スエード素材なので、手入れに手間がかかる

靴の手入れに関しては、靴に付いている取り扱い方法をよく 確認しましょう。
手入れ方法

ミッドソールにはボリウレタンを使用。そのため、高温、多湿な場所に保管すると、経年劣化が促進されます。
ミットソール

M1400はスエード素材のスニーカーなので、手入れに少し手間がかかります。
甲皮には天然皮革

ABCマートのサイトにスエードの手入れ方法が細かく紹介されています。

雨の強い日は履かない方がいいかも。少なくとも、最初にアメダスなどの防水スプレーをかけておきましょう。

ソールの修理(リペア)が可能

ニューバランスの上位モデルはソールの修理(リペア)が可能。(有料 1万円前後)

M1400 MGは金額が高いモデルですが、ソールを修理(リペア)することで長く愛用できます。トータルで見ればコスパ的にも悪くないと思います。

修理に対する問い合わせはニューバランスのお客様相談室へ。

我思う故に我あり

履き心地がいいので、新幹線とか飛行機など長距離移動の時に良さそう。

お手入れをしっかりして、長く愛用したいと思います。

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事

月間51万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA