トップ画像

不真面目/真面目が1/1=1になるように

【さらばガリガリな身体】ボクが1年で11kg体重を増やした方法

スポンサーリンク

ガリガリが悲しい人

ガリガリに痩せているとすぐに体調をくずしちゃう。

スタイルが良くないし、もっと太りたい

世の中、痩せたい人って多いとは思うんですが、太りたい人だっているんです。

ガリガリだと色々大変なんですよ。

実際、ボクがそうでした。身長は177cmあるんですが、体重55kgを切っていました。

体重が少ないと身体が弱くなり、すぐに体調をくずします。

痩せすぎると体型に合う服が少ないですよね。身体には合っても、どこか貧相なイメージ。

「あれ、痩せた? どこか病気なんじゃない?」

友達に会う度に言われました。これが地味に辛い。(実際には痩せてない。むしろ体重が増えていたこともある)

特にダイエットしているわけではなく、もう体質なんですよね。体脂肪率は1ケタ。

夕食にお腹いっぱい焼肉を食べたのに、朝起きたら体重が減っているなんてミラクルもありました。

そんなボクですが、1年間かけて体重が11kg増えました!

こんなに体重が増えるなんて、37年生きてきて初めて! 

この記事では、ボクが体重を増やした方法を解説。

最初に言ってしまうと、特別なことはやっていません。

読んだ人は、「なんだそんなことか。知っているよ」ってなると思います。

でも、実際にやっている人って少ないんですよね。

どれも簡単なことなので、この記事を読んだら実践してみてください。

そうすれば、1年後にはガリガリから脱出しているはずです。

2019年1月6日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で年末年始セールを開催中。テーマパーク、ツアーの料金が最大10%オフになります。【シンガポール・バリ・マレーシア・タイ・韓国・ヨーロッパ】

年末年始セールを見てみる

1年間で11kg体重が増えました

冒頭にも書きましたが、1年前のボクはガリガリでした。

身長177cmなのに、体重は55kg。BMI値だと18を切っています。

とくに病気だったわけではありません。

1日3回食べていたし。甘いモノも食べていました。(1年間でパフェを50杯食てました)

外食するときはご飯は大盛り。ラーメンも大盛り。飲み会ではテーブルにのらないくらい料理を注文します。

それでも太らない。

とくに原因もなく、体質として痩せていたんです。

もうこれは体質だからどうしようもない。 ガリガリのまま生きていくしかないと諦めていました。

そんなボクですが、1年間で11kgも体重を増やすことができました!

今では177cm、66kgまで体重が増えたんです。

たった3つ! 体重を増やすためにボクがやったこと

ボクが体重を増やすためにやったことは次の3つ。

  1. 3食しっかり食べた
  2. ジムに通って週3回筋トレした
  3. タンパク質をしっかりとった(主にプロテイン)

ね? 全然特別なことではないですよね。

もう少し詳しく解説します。

3食しっかり食べた

まず、3食で食べる量を増やしました。

というか、結婚して食べる量が増えました。

結婚してから、食事は嫁が用意してくれます。

うちの嫁は、何回言っても料理を作りすぎるんです。残したら怒られるので、頑張って食べました。

結婚当初、ボクの胃袋は毎食パンパン。3食しっかり食べる習慣が身についたんです。

ガリガリに痩せているとき、ボクの胃袋は小さかったわけではありません。飲み会に行くと人一倍食べていました。

「いやいや、ボクはガリガリだけど食事はしっかりと食べているよ。太らないのは体質なんだ」

なんて思っていました。

でも、違ったんです。3食コンスタントに食べていたわけではないんです。

いっぱい食べる日もあれば、ほとんど食べずに1日1食で済ませてしまう日もあったんですよ。

そのため、いっぱい食べたときの記憶だけが頭に残っていたんですね。トータルで見るとむしろ少ない方だったんです。

3食しっかりと食べることで、徐々に体重が増えていきました。

あ、3食しっかりと食べる習慣を身につけるには、誰かと一緒に食事するようにした方がいいですよ。

1人だけで食事すると、「まあ、かんたんなものでいいか」とか「食べなくてもいいか」と手を抜いてしまいますから。

ジムに通って週3回筋トレした

ジム食事の量を増やすと同時に、ジムに通うようになりました。

目的は筋トレです。筋肉をつけて体重増やしたんです。

1年間で11kg体重が増えましたが、そのうち4kgは筋肉ですね。

筋肉を増やすことだけが目的ではなく、スタイルを維持することが目的です。

ガリガリ君が食事だけで体重を増やすと、脂肪だけが増えて不恰好になるんですよ。

ビール腹のように、お腹まわりだけ太ったりします。

ジムには週3回通い、毎回筋トレ。

週3回が無理なら、週2回でも効果ありますよ。週1回だと効果は薄いですね。

筋トレは大きな筋肉を中心にトレーニング。具体的にいうとベンチプレスで胸の筋肉。スクワットで太ももの筋肉を鍛えています。

しっかりと食事をすれば、ガリガリ体質でも少しずつ筋肉がつきます!

さらに、運動することで食欲が刺激されるんですよ。

ジムは24時間ジムがオススメ。自分の好きな時に行けるし、会費が安い!

運動着のまま行って、40分くらいサクッとトレーニングして帰ります。

あ、素人は独学で筋トレしてはダメですよ。未経験者ではウェイトの設定もわかりませんよね。効果が出なくて、筋トレが続きません。

ボクは大学時代に陸上部に所属していたので、筋トレ経験者なんですよ。

未経験者はジムでパーソナルトレーナーについてもらった方がいいですよ。

もしくは、パーソナルジムですね。筋トレのやり方だけでも習ってからにしましょう。

パーソナルトレーニングジム【BiP】なんかは、値段がお手ごろです。

タンパク質をしっかりとった(主にプロテイン)

ただ食べるだけでなく、タンパク質をしっかり摂るよう意識しました。

我が家の昼食、夕食には毎回1品は肉料理が出てきます。(うちの嫁が肉好きなんですよ)

ペラペラのバラ肉とかではなく、肉の塊を買ってくることが多いですね。おかげで、我が家のエンゲル係数が高いです。

さらに3食の食事に加え、プロテインを積極的に摂取しました。

ボクが愛用しているのは、バルクスポーツのプロテイン。高濃度のホエイプロテインです。

5kgで約1万円と、コストパフォーマンスが最高です。これ1袋で5ヶ月はもちます。

見た目が気になる女性ならジェシカズ・フォーミュラのプロテインがオススメです。

ジェシカズ・フォーミュラはソイ(大豆)からできたプロテインなので、タンパク質だけでなくイソフラボン、サポニンが配合。美容効果も期待できます。

スポンサーリンク

【まとめ】1年間で11kg体重を増やした方法

最後にこの記事の内容を簡単にまとめます。

ガリガリで痩せていましたが、1年間て11kg体重が増えました。

体重を増えすためにやったのは、次の3つです。

  1. 3食しっかり食べた
  2. ジムに通って週3回筋トレした
  3. タンパク質をしっかりとった(主にプロテイン)

食事は自分の感覚で食べると量が少ない(カロリーが低い)ので、誰かと一緒に食べた方がいいです。

料理を作ってくれるパートナーがいるとよりいいですね。

食事の量が増えたら、ジムに通って筋肉をつけましょう。オススメは時間の都合がつきやすい24時間ジム。

週3日が理想的ですが、週2日間でも効果ができるはずです。

筋トレ初心者は、まずはパーソナルトレーニングジムなどで筋トレのやり方学びましょう。
⇨飯田橋 大塚 田町のパーソナルトレーニングジム【BiP】

普段の食事でタンパク質を摂るようにしました。肉は積極的に食べましょう。

効率よくタンパク質を摂るにはプロテイン。

バルクスポーツのプロテインは、コストパフォーマンス高いです。
⇨【コスパ最高】バルクスポーツのホエイプロテイン

女性ならジェシカズ・フォーミュラのプロテイン。イソフラボン、サポニンが配合。美容効果も期待できます。
⇨キレイのためのプロテイン ジェシカズ・フォーミュラ

我思う故に我あり

体重が増えてから、体調がいい感じです。寝込むことが少なくなりました。

上半身ががっしりし、胸筋がついてきたのでTシャツを着た時のシルエットがいい感じです。

ガリガリで悩んでいる人は、諦めずに体重増やした方がいいですよ。

唯一、太もも、お腹周りが大きくなりすぎで、ズボンがはけなくなったのがデメリットかな。笑

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール

当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事。毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはこちら。当ブログではスポンサー、純広告を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加

follow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください