トップ画像

不真面目/真面目が1/1=1になるように

【まとめ】京都「出町ふたば」名物の名代豆餅(豆大福)のすべて

スポンサーリンク

京都といえば和菓子の名店が多いですよね。

その中でも「出町ふたば」の名代豆餅(豆大福)が人気です。

出町通の本店には連日行列ができ、百貨店の数量限定販売はすぐに売り切れ。

人気すぎて、事前にちゃんと調べておかないと買えないんですよ。

この記事では「出町ふたば」の名代豆餅を徹底解説。

本店の行列はどれくらい並ぶのか、本店以外ではどこで買えるのか、さらに買い逃さないための予約方法、美味しく食べられる賞味期限に関してまとめました。

これを読めば、出町ふたば 名代豆餅のことは全部わかりますよ!

出町ふたば 名代豆餅の魅力

豆餅 5個入り

まずは出町ふたば 名代豆餅の魅力に関して、簡単に説明します。

出町ふたばの和菓子は、保存料を一切使用していません。作りたての商品が店頭に並びます。

作りたてのお餅は、めちゃくちゃ柔らかい。まるで赤ちゃんのほっぺたのようです。

餡子は自家製のこしあん。やらかい餅を邪魔しないなめらかな舌触り。甘すぎず、餅と豆の旨味を消しません。

餅に入っている豆は、大粒の赤えんどう。贅沢すぎるくらいたっぷりと入っています。

赤えんどうの外側は少し固めに茹でてあるんですが、中はふっくら。赤えんどうには少し塩気が効いていて、餡子とお餅の甘さを引き立ててくれます。

出町ふたば 名代豆餅を食べたら、他の豆大福では満足できない身体になりますよ。笑

出町ふたば 本店は連日行列ができます

出町ふたば本店の行列

出町ふたばの本店は、京都の上京区出町通にあります。京都駅からだいたい30分くらい場所です。

本店の前はいつ行っても行列。名代豆餅を目当てのお客さんが並んでいます。

本店まで行って名代豆餅を購入したことがあるんですが、15分ほど行列に並びました。(行列のわりに、人が進むのが速い)

行列に並んだ様子は、別記事にまとめています。行き方などもくわしく解説しているので、参考にしてくれるとうれしいです。

スポンサーリンク

出町ふたば 本店以外だとどこで買える?

名代豆餅は出町ふたばの本店以外でも購入することが可能。

一部の百貨店で購入できるんです。

ただし、お店に行けばいつでも買えるわけでなく、曜日・時間などが決まっています。

さらに数に限りがあるので、争奪戦になります。

京都駅 伊勢丹

京都駅にある伊勢丹では、地下1階の「京銘菓」

京都駅にある伊勢丹では、地下1階の「京銘菓」で名代豆餅が購入可能です。

販売される曜日、時間は次のようになります。

名代豆餅 京都駅伊勢丹での販売曜日・時間
  • 月、水、金、日曜日の12時、14時半
  • 土曜日の14時半
  • 第4水曜日を除く

16時くらいには売り切れてしまうので、気をつけてくださいね。

さらに詳しい説明は、別記事で解説しています。こちらを読んでくれるとうれしいです。

東京 日本橋三越本店

東京 日本橋三越本店 整理券

東京の日本橋三越本店 地下1階の「菓遊庵」でも、出町ふたばの名代豆餅を購入可能です。

ただし、毎月第3土曜日に100パックだけの限定販売。人気すぎて整理券の配布があるんですよ。

日本橋三越本店での購入の様子は、別記事にくわしく紹介しています。こちらを参考にしてくれるとうれしいです。

名代豆餅の賞味期限はどれくらい?

出町ふたばの商品は保存料などを使っていないので、賞味期限は当日までです。

賞味期限をすぎても食べられることは食べられるんですが、味が大きく落ちます。

一度試してみたんですが、せっかくの柔らかいお餅が、固くなってしまいました……。伸ばそうとしても、ぜんぜん伸びないくらい固いんです。
お餅が伸びない

お土産にするなら、手渡し日に気をつけてください。

スポンサーリンク

名代豆餅の予約方法

行列に並んだり、数に限りがある出町ふたばの名代豆餅ですが、一部の店舗では予約が可能です。

予約ができるのは出町ふたば 本店と、京都駅伊勢丹の「京銘菓」。

出町ふたば 本店の予約方法

出町ふたばの本店は、電話で予約可能。予約は前日まで。

名代豆餅だけでなく、そのほかの商品も予約できます。季節の限定品が人気なので、ぜひ一緒に予約してみてください。

くわしい予約方法などは、別記事でまとめています。

京都駅伊勢丹「京銘菓」の予約方法

京都駅伊勢丹にある「京銘菓」は、事前にWEB予約ができます。

「京銘菓」のWEB予約に関しては、別記事で詳しくまとめています。こちらを読んでみてください。

名代豆餅の値段・料金は? 1個でも買える?

出町ふたばの名代豆餅は2017年に値上げし、1個180円になりました。

出町ふたば 本店では1個から購入可能。(予約も1個からできます)

京都伊勢丹では2、3、5個入り。東京 日本橋三越本店では5個入りのみの販売です。

美味しいので1人2個くらいならペロリと食べられますよ。

名代豆餅だけじゃない! 出町ふたばで人気の季節限定品

出町ふたばで人気なのは、名代豆餅だけではないんですよ。

四季に販売される季節の限定品が、とっても人気なんです。

季節の限定品には春の桜餅、初夏の水無月、秋の栗餅、冬のゆきうさぎなどがあります。

本店に行くさいには、ぜひ季節の限定品も食べてみてください!

我思う故に我あり

出町ふたばの名代豆餅は、ホントに美味しいんですよ。

ウチの嫁(ベトナム人)は餡子があまり好きではないんですが、名代豆餅は「美味しい!」と食べていました。

この記事を参考にして、美味しい名代豆餅をゲットしてくれとうれしいです。

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事。毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはこちら。当ブログではスポンサー、純広告を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加

follow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください