不真面目/真面目が1/1=1になるように

【ベトナムの治安】 スマホのひったくり、スリに注意! 安全に守る方法は?

こまった女性

え!! スマホが盗まれた……

海外旅行でスマホは欠かせませんよね。

観光名所やレストランを調べたり、地図を使うのに手放せません。

そんなスマホですが、管理は大丈夫ですか?

ベトナムでは気を抜くと、スマホが盗まれれちゃいますよ!

この記事では、元駐在員の経験からどんなときにスマホがひったくられやすいのか。また、どうしたら防げるのか解説します!

この記事の内容は、スマホだけでなくすべての貴重品にも共通します

ベトナムではスマホのひったくり事件が多いので注意

ベトナムは命の危険を感じるような犯罪は少ないんですが、ナニかを盗まれたって話はよく聞きます。

とくに多いのがスマホのひったくり被害です。

ボクの知り合いだけでも5人ほどひったくり被害にあっています。
(日本人だけでなく、ベトナム人も含む)

別記事にベトナム人の給料について書きましたが、彼らの給料からするとスマホは高級品なんですよ。金の延べ棒をもって歩いているようなもんですね。

どんなときに盗まれるの? ひったくり防ぐ方法は?

知り合いの被害状況、ベトナム人のアドバイスから、どんなときに盗まれるかまとめてみました。

  • 道で歩きスマホをしていきるとき
  • 胸ポケットにスマホを入れているとき
  • タクシーの窓あけてスマホで写真を撮っているとき
  • 食事中、スマホをテーブルに置いておいたとき

それぞれ対策方法も含めて解説します。

道で歩きスマホをしていきるとき

一番狙われやすいのが、歩きスマホをしているときです。

ついついスマホで地図を見ながら歩いてしまうと思いますが、気をつけてつけてください。

後ろからからやってきたバイクにスマホをひったくられ、そのまま逃げられケースが多いんですよ。

対策としては、できるだけ歩きスマホを控えてください。

もし歩きスマホをするなら、車道側でなく歩道側の手で持って使いましょう。歩道側の手で持っていれば、ひったくられる確率がグッと減ります。
車道・歩道

胸ポケットにスマホを入れているとき

歩きスマホをしないために、胸のポケットに入れておくと逆効果です。

すれ違いざま、胸ポケットからスマホをひったくられます。

ボクがホーチミンに駐在していたとき、知り合いがこの方法でiPhoneを盗まれました。

盗まれた

え! え! なんなん。 
胸ポケットからシュッて。なんなん。

あまりに素早い手口に、唖然として動けなかったそうです。

絶対、胸ポケットにスマホを入れたまま観光したらダメですよ!

胸ポケットに財布を入れている人も注意してください。

また、お尻のポケットだけとしても、ポケットから飛び出していると盗まれやすいです

タクシーの窓あけてスマホで写真を撮っているとき

はじめてのベトナムだと、見るものがすべて新鮮で写真を撮りたくなりますよね。

でも、タクシーに乗っているときは気をつけてください。

窓を開けて撮影しているとスマホ、カメラをひったくられますよ。
タクシーから乗り出してスマホ

大抵の場合、犯人はバイク。ひったくった後は、スイスイと逃げてしまいます。

ボクははじめてベトナムに行ったときに、車の窓を開けて撮影していたらベトナム人にめっちゃ怒られました。

それくらい危険なので、撮影するときは窓を閉めたままにしましょう。

食事中、スマホをテーブルに置いておいたとき

食事中、ついついスマホをテーブルに置きっぱなしにしてしまいますよね。

日本では問題ないですが、ベトナムでは気をつけてください。

いつのまにかなくなっていた……、なんてことがあるそうです。とくにローカルのお店は気をつけてください。

スポンサーリンク

通常

海外旅行保険には必ず加入しておこう

ベトナムに旅行するなら、海外旅行保険には絶対に加入しておきましょう。

スマホの破損・盗難や、ケガをしたときに補償してくれます。

海外旅行保険は普通に加入すると数千円かかりますが、一部のクレジットカードには海外旅行保険が無料でついてきます。

ボクのオススメはエポスカード。海外旅行には必須のクレジットカードです。

航空会社のクレジットカードにも、海外旅行保険が付いてきます。エポスカードと合わせてもっておく、安心感がグッと上がりますよ。

我思う故に我あり

ボクは危険意識が低くて、よく嫁(ベトナム人)に怒られます。

幸いなことに被害にあったことはないですが。

この記事を読んだみなさんは、気をつけてくださいね。

別記事で、ベトナムの治安についてまとめています。はじめてのベトナムなら、こちらの記事も参考にしてください。

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事

毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはコチラ

LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加




Comments (4)
  1. きくりん より:

    わたしの知り合いがホーチミンで一緒に飲んだ後、空港近くのホテルに帰るのに千鳥足で歩いていたら、見事に後ろからバイクでiPhoneをやられました。クレジットカードで購入していた機種だったので、ヘルプデスクに電話したら、ベトナムでは警察に届けに行くこと自体が時間の無駄なので、同行していた人の保証があれが保険手続きを受け付けてくれるという誠に素晴らしい対応だったそうです。スマホを2台持っているというのと、警察に「行かなかった!」ところがポイントですね。全く持って同感です。もうひとつ個人的にはポイントがあって、ベトナムでは通信料が安いので、写真を撮影したらすぐにクラウドにアップロードすることです。スマホ本体は保険で賄えても、撮影した思い出類が全てなくなっちゃうのが痛いですからね。

    1. ブッキー より:

      おお、ここにも被害者が……。

      ちなみにどこのクレジットカード会社でした? サービスいいですね。

      警察に行っても、ちゃんと対応してくれるかわかりませんからね……。
      言葉も通じなそうだし。

  2. きくりん より:

    カード会社はダイナースでございます。
    ネットでは使えないサイトが多いですが、こういうところはさすがです(^^)

    その人もスマホ本体そのものより、撮影した写真が全てなくなってしまった方がショックだったようです。
    そりゃそうですね。

    iPhoneはAppleのサーバでアクティベーションが必要なので、盗んでも簡単に転用できないのですけどね。

    1. ブッキー より:

      お〜年会費が高いだけあって、ダイナースさすがですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.