不真面目/真面目が1/1=1になるように

バンコク ワットアルン 改修工事中(2017年7月)だけど観光する価値あり

今日はバンコクの観光地として有名なワットアルンの様子をお伝えします。(2017年7月時点で改修工事中です)

改修工事中ではありますが、観光として訪れる価値は十分にあります。

前回のボッタクられ気味のボートツアーのあと、ワット・アルンにやってきました。ワット・アルンは三島由紀夫さんの小説『暁の寺』の舞台にもなったそうです。

スポンサーリンク

ワット・アルンの行き方 渡し舟が安い

ワット・アルンはバンコク市内から行くと、チャオプラヤー川の対岸側に位置します。そのため、チャオプラヤー川を渡る必要があります。

僕らはボッタクられ気味ボートツアーの終着点をワット・アルンにしました。しかし、もっと安くわたる方法があります。

ターティアン船着場から渡り船利用して、ワット・アルン船着場まで行くことができるんです。この方法だと数バーツで川を渡ることができます。(メモし忘れたんですが、5バーツくらい)
ワット・アルン 渡し舟
ター ティアン船着き場 [バンコク]を徹底ガイド【フォートラベル】

女性は服装に注意!入場制限がある

やってきましたワット・アルン。海外の観光客も多いですが、タイ人もいっぱい見かけます。ワット・アルンはタイ人にも人気の観光地なんです。
ワット・アルン

入り口あたりには休憩できるスペースが。暑い中観光していると疲れちゃいますよね。熱中症になる前に水分補給などをしておきましょう。
ワット・アルン 休憩スペース

お土産なんかも売ってます。こういう仏像関係のお土産ってもらって困りますよね…。捨てるのも気がひけるし。気に入らない上司がいたら、お土産に買っていってあげてはどうでしょうか!
ワット・アルン お土産

ワット・アルンは50バーツの入場料がかかります。日本円だと200円いかないくらい。でも、タイのローカル店なら一回食事できるくらいです。タイ人にとっては結構高いんじゃないかな。
ワット・アルン チケット

スリに注意の看板が。お寺でスリをする奴もいるんですね。僕がスリだったら、なんとなくバチがあたりそうで嫌だな。
ワット・アルン 看板

注意事項なんですが、ワット・アルンは服装に制限があります。肌の露出が多いものは禁止されています。
ワット・アルン 看板 服装

広告

修復工事は2017年7月も続いています

50バーツ払って入場したワット・アルンなんですが、残念なことにただいま補修工事中。補修工事は2016年の2月頃までの予定だそうです。
ワット・アルン

ただ、本当に予定通りに終わるかはちょっと疑問。東南アジアの工事はその辺がルーズですからね。また、観光客を配慮しているのか、作業している人は見かけませんでした。閉園後に作業しているかもしれません。
(※ 2017年7月時点でまだ工事中でした)

残念ながら仏塔の周りには足場ががっつりと設置されてますが、それでもやっぱり見応えはあります。

日本の塔と違って装飾の色が派手。

メインの仏塔には途中まで階段で上がることができます。なかなか良い眺め。階段が急なので登るときは注意してください。カメラをかまえたまま登ってたら、転げ落ちそうになりました。

こういう装飾はタイっぽいです。

個人的に気に入ってるのは入り口にいた仏像(?)。金ピカってところがいやらしい。なんだか生々しいです。

そして、目元がもっといやらしい。目も金にしちゃえばいいのに。

こちらの仏像も目の部分が目立ちます。こういうのにクスッとわらってしまうんですよね。

ワット・アルンの中ではお祈りをする場所が何箇所かあります。こちらもそのひとつ。
ワット・アルン お祈り

お祈りに使う道具。値段はあなた次第。売っているのではなく、寄付金と交換することができます。
ワット・アルン お祈り

お祈りの作法はよくわからないのですが、それぞれ決まった位置にお供えするようです。
ワット・アルン お祈り

見よう見まねでやってみましたが、けっこうみんな適当にやっていますね。
ワット・アルン お祈り

最後に仏像に金箔を貼っておしまい。こういうのは日本ではないですね。なかぬか面白いから一回やってみるといいですよ。
ワット・アルン お祈り

我思う故に我あり


観光名所だけあって、それなりに楽しめました。今度は修復工事が終わった後に来てみたいな。

ちなみにワット・アルンは夜にあるとキレイにライトアップされるそうです。場内には入れませんが、対岸からみるとめちゃくちゃキレイだとか。夕方くらいに観光して、対岸から夜のワット・アルンを眺めるのもいいですね。

ベタな観光地ですがおすすめです!

タイ旅行を楽しみたい方はこちらもどうぞ

ホーチミンの旅行もおすすめですよ!

ダナン旅行のまとめ 2015年5月版 海が綺麗で刺激とゆったりした時間の両方が味わえる!

フーコック旅行まとめ 2015年9月版 ベトナム最後の秘境は楽園でした。絶対また行くぜ!

ホーチミンからフーコック島へ!ジェットスターパシフィックで約1時間のフライトで着いちゃうんです!

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間40万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5