トップ画像

不真面目/真面目が1/1=1になるように

【まとめ】タイ バンコク旅行の1ヶ月〜1週間までにやっておくべき手配・申込、準備、用意

スポンサーリンク

初めての海外旅行、初めて旅行する国だとどんな手続き、用意が必要になるのかわからないですよね。

インターネットで調べてみても色々の情報があって逆に混乱していませんか? いつまでに、どんな用意をしないといけないのかわかりましたか?

そこで、この記事ではタイ バンコク旅行の1ヶ月〜1週間までにやっておくべき手配・申込、準備、用意に絞って情報をまとめました。

9/24までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)でシルバーウィークセールを開催中。テーマパーク、ツアーの料金が最大8%オフになります。【シンガポール・バリ・マレーシア・タイ・韓国・ヨーロッパ】

シルバーウィークセールを見てみる

旅行代の確認・予算をたてる

海外旅行は予想外の出費がかさみます。旅行後にあわてないために、ある程度予算を組んでおくといいですよ。

別記事でバンコク旅行に必要な旅行代金をまとめています。

手配・申込

バスポートの写真

バンコク旅行前にやるべき手配、申込に関してまとめました。

手配・申込は旅行の1ヶ月週間前には済ませておくのが理想です。少なくとも1週間前には終えておきましょう。

パスポートの申請

パスポートは申請から受領まで約1週間以上かかります。旅行直前に申請すると間に合わないので、できるだけ余裕を持って申請しておきましょう。

飛行機の予約

シーズンによっては飛行機の席が全然取れないなんてことがあります。飛行機は出来るだけ早目に予約しましょう。

注意点として、片道航空券だけでは入国時に注意を受ける可能性があります。バンコクに入国するときに出国用の航空券も用意しておきましょう。

航空券を比較してくるれサイトを紹介しておきます。どの比較サイトも大きな違いはないので、2社くらい調べれば十分ですよ。

数日間の旅行なら、ツアー旅行の方が費用を抑えられます。

飛行機、ホテル付きのツアーを探すなら次の4つがオススメ。とくにH.I.S.、エアトリはツアーを検索しやすいですよ。

ホテルの予約

ホテルの予約は早目がオススメです。人気のホテル、格安なホテルは直前だと予約がとれないことがあります。

バンコクなら2、3星レベルのホテルは6,000円前後で宿泊できます。
(もっと安ホテルもある)

比較サイト、ホテルサイトのクーポンなどを利用すればもっと安く宿泊もできますよ。

注意点として、ホテルの場所に注意しましょう。中心地から離れていると、観光の移動にタクシー代がかさみます。

ホーチミンで宿泊するならベンタイン市場、ドンコイ通り、ファングーラオ通り、ブイビエン通り、ブイティスアン通り周辺がオススメです。

ホテルを安く利用する方法を紹介していきますね。

ツアー旅行で費用を抑える

飛行機代の項目でも書きましたが数日間の旅行なら、ツアー旅行の方が費用を抑えられます。

飛行機、ホテル付きのツアーを探すなら次の4つがオススメ。とくにH.I.S.、エアトリはツアーを検索しやすいですよ。

海外のホテルサイトで安く予約する

ホテルを予約するなら、次の3つのサイトがオススメです。

バンコクのホテルでは、とくにBooking.com、agodaが安いですよ。

Booking.comで安く予約する

Booking.comで予約するなら、さらに安くする方法があります。

「友達に紹介でキャッシュバック」と「Booking.comのクレジットカード」です。

Booking.comを紹介することで、紹介した人、紹介された人の両方に2,000円がキャッシュバックされるんですよ。

キャッシュバックのリンクコードを貼っておくので、こちらから予約してくれくとうれしいです。

宿泊した時点で2,000円のキャッシュバックを得られますよ。

2,000円のキャッシュバック受け取る

Booking.comのクレジットカードに申し込むだけで、様々な特典がつくGenius会員にアップグレード。10%割引などが受けられます。

さらにBooking.comから予約して宿泊すると、最大6%のポイント還元が受けられるんですよ。

年会費無料なんで、作っておかないと損ですよ。

【年会費無料】ホテル予約最大16%割引
Booking.comカードをつくる

※5分ほどで申し込めます。



Expedia(エクスペディア)で安く予約する

Expedia(エクスペディア)からホテル予約するなら、クーポンコードを使うことで8〜10%割引できます。

クーポンコードはクレジットカードごとに違うんですよ。

別記事にまとめているので、こちらを読んでくれるとうれしいです。

海外旅行保険の申請

万が一に備え海外旅行保険には加入しておきましょう。

海外旅行保険は、普通に契約すると数千円かかります。そのため、旅行旅行保険が自動付帯するクレジットカードがオススメです

もっているだけで海外旅行保険が適用されるオススメのクレジットカードがあります。別記事でまとめているので、ぜひ読んでみてくだいさい。旅行保険の代金が節約できますよ。

クレジットカードの申請

現地での支払い、現金の引き下ろしなど海外旅行にはクレジットが必須です。クレジットカードはVISA、マスターカードなら、市内の大抵のお店で使用できます。(ローカル店、個人経営店では無理です)

保険が自動付帯するクレジットカードを1枚持っておきましょう。自動付帯ならカードを持っているだけで保険の対象となります。

年会費が無料でオススメのクレジットカードは別記事でまとめていますので、ぜひ読んでみてください。保険が自動付帯するクレジットカードもありますよ。

レンタル品の手配

レンタル予定のモノはできるだけ早目に予約しておくのがオススメです。

旅行直前になると予約が埋まってしまいますよ。海外用Wi-Fiルーター、スーツケース、カメラなどはレンタルできます。

海外Wifi(レンタル)は事前予約をしておくと、日本の空港で受け取れます。年一回程度の旅行ならレンタルの方がいいですよ。事前予約すると少し安くなるのでオススメです。

タイ向けの海外Wi-Fi レンタル料金プラン比較Wi-Fiレンタル料金比較は別記事でまとめていますので、そちらを参考にしてください。

家にスーツケースを保管するスペースがないなら、レンタルがオススメ。「DMM.comいろいろレンタル」なら、2泊3日の旅行で4,5000円ほどでレタンル可能です。DMM.comはカメラもレンタル可能。

DMM.comいろいろレンタル 公式HP

※予約後キャンセル可能。受け取り、返却時の配送を手配してくれるので楽チンです

駐車場の予約

旅行中に車を停める駐車場は予約済みですか? 当日空港に行って満車の可能性があるので、事前に予約しておく方がいいですよ。

羽田・成田空港を利用するならサンパーキングが安くて便利です。

サンパーキングで駐車場を予約する

スポンサーリンク

観光の準備

ワットアルン

旅行の1週間前までには巡りたい観光地を決めて予定組んでおきましょう。

ガイドブック購入

旅行を楽しむために事前にガイドブックを読んで旅の予定を組みましょう。

地球の歩き方 arucoシリーズはコンパクトで持ち運びが便利です。荷物を極力減らしたい人は電子書籍のガイドブックをどうぞ。電子書籍なら旅行先でも購入できます。

現地ツアーの予約

英語が苦手だったり、海外旅行に慣れていないなら現地のツアーを利用した方がいいですよ。

時間を有効に使え、満足度の高い旅行が楽しめます。

現地オプショナルツアーなら,「タビナカ 」がオススメ。

タビナカでにはプライベートツアーがあるので新婚旅行、子供連れ、年配の方には特にオススメですね。

タビナカのツアーは日本語ガイドが付き。タイ初心者、英語が話せない方でも安心して楽しめます。

また、日本の会社がすべて運営しているので、いろいろ柔軟に対応してくれるんですよ。ツアーによっては前日、当日予約でも受け付けてくれます。

定番のアユタヤツアーはランチ、水上マーケットまでセットになった人気のツアーです。

「タビナカ 」を利用して、充実した旅を楽しんでくれるとうれしいです。

クーポンチケットの購入

観光先によっては事前にクーポンチケットの購入がオススメ。窓口で買うより断然安くなります。

クーポンチケットの購入はVoyagin(ボヤジン)がオススメ。割引率が高く、スマホで手軽に購入できます。

Voyagin(ボヤジン)のクーポンチケットを見てみる

バンコクで体験できるタイ料理教室は別記事でまとめています。

バンコクで人気のカリプソキャバレー ニューハーフショー。割引クーポンを利用すると安く鑑賞できます。別記事で割引クーポン情報をまとめています。

現地での会話

現地の会話はタイ語か英語になります。中心地であればほとんどのお店、ホテル、観光名所で英語が通じます。

英語に慣れていない人、英語を忘れてしまった人は軽く練習してから行った方がいいですよ。少しでも練習していれば、とっさの時に単語が出やすくなります。

下記のサイトにアクセスし、無料体験レッスンを受けてみましょう。

DMMの無料体験レッスンを見てみる

タイ語で会話したい人のために、評価の高いタイ語の参考書を紹介します。

持ち物の用意

ワットポー

旅行の一週間前には持ち物がそろっているのが理想です。

持ち物リストは別記事でまとめています。そちらを参考にしてください。

持ち物リストの中からついつい忘れてしまうものだけ抜粋してみました。

パスポートのコピー

スポートのコピーを用意しておきましょう。コンビニにはコピー機は置いてありません。日本にいるうちにパスポートのコピーしておくといいですよ。

両替所ではパスポート、もしくはコピーの提示を求められます。ホテルに着いたら原本はセーフティーボックスなどにキープ。持ち歩くのはコピーだけにしてください。

僕はパスポートのコピーをもっていかなくて、大変な目にあいました……。

モバイルバッテリー

電池切れに備えてモバイルバッテリーは必須です。cheero Power Plus 3は小型なのに、iPhoneが4回充電できるのでオススメです。

変圧器

変圧器は基本的には不要です。バンコクの電圧は220Vですが、旅行に持っていくような機器はほとんど220Vに対応しています。

心配なら事前確認してくださいね。ヘアアイロンなどは対応していなことが多いようです。

参考までに、任天堂3DSを海外で充電するには海外用のACアダプターが必要になります。

Nintendo SwitchのACアダプターは100V-240Vに対応しているため、変圧器は不要になります。

比較的手頃な値段の変換機を紹介しておきます。

変換用プラグ

バンコクの電源コンセントはA、BF、Cタイプ。Aタイプが主流なので、日本のコンセントをそのまま使用できます。

僕が宿泊したホテルはAタイプのコンセントだったため、変換用プラグは使いませんでした。宿泊先によってはBF、Cタイプしかない場合もあるので、気になる方は変換用プラグを購入しておいた方がいいですよ。

バンコクに行くだけならBFタイプだけで十分です。海外旅行が多いなら全世界で使えるセットを買っておいて損はないですよ。

電源タップ

ホテルはコンセントの数が少ないので電源タップがあると便利です。スマホ、モパイルバッテリー、カメラのバッテリーなど一度に充電できます。

アイマスク

ホテルでの就寝時、飛行機で寝るためにアイマスクがあると便利です。ホテルでは電気消してもドアの隙間から光が入ってきたりします。

天使のシルクアイマスクは感触がとってもなめらかで、着け心地がとても気に入っています。持ち運びにも便利です。

耳栓

ホテルの部屋は防音性能が低く、周りの部屋、道路の音が響いてくことがあります。安眠のために耳栓を持っていくといいですよ。

携帯スリッバ

携帯できるスリッパを持っていれば飛行機の中でも利用できて便利です。

スポンサーリンク

我思う故に我あり

旅行前はけっこうやることが多くて大変ですよね。

この記事が少しでも役にたってくれるとうれしいです。
持ち物リストはしっかりと確認し、忘れ物が内容にしましょう。忘れ物があると旅行が楽しめませんよ。

海外旅行から帰国したあとにやるコト、やった方がいいコトを別記事でまとめています。こちらもどうぞ。

9/24までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)でシルバーウィークセールを開催中。テーマパーク、ツアーの料金が最大8%オフになります。【シンガポール・バリ・マレーシア・タイ・韓国・ヨーロッパ】

シルバーウィークセールを見てみる

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事。毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはこちら。当ブログではスポンサー、純広告を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加

follow