海外旅行に必須のエポスカード 当日受取可能!

ジュロンバードパーク【徹底ガイド】行き方・営業時間・混雑状況・チケットの買い方など

アイキャッチ ジュロンバードパーク【徹底ガイド】行き方・営業時間・混雑状況・チケット買い方など

本記事ではシンガポールのジュロンバードパーク(Jrong bird park)を紹介します。

シンガポールと言えば、北部にあるシンガポール動物園が有名ですよね。

敷地内にシンガポール動物園リバーサファリナイトサファリがあり1日中楽しめます。

でも、西部にあるジュロンバードパークも負けないくらいおすすめのスポット。

シンガポール動物園と同じ運営元ですが、ジュロンバードパークは少し離れた場所にあります。

そのため、ガイドブックとかにはあまり載っていないんですよ。

本記事ではジュロンバードパークの行き方・営業時間・混雑状況・格安チケット買い方、攻略法などを詳しく解説します。

ジュロンバードパークの格安チケット。パーク内を走るトラムが無料になり、昼食ブュッフェが半額以下で予約できますよ。日本語対応。Eチケットなのでシンガポールでも購入可能。
➡︎ 【14%オフ】格安チケットの購入はこちら

\ ランチ付が超お得! /14%オフ ジュロンバードパーク
格安チケットを見る

※スマホで購入可能。予約後に日程変更可能

2020年3月31日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で割引クーポンコードを配布中。シンガポールのテーマパーク、ツアーの料金がお得になります!
➡︎ 期間限定のクーポンコードはこちら

クーポンコードを見てみる

ジュロンバードパークとは? その魅力は?

ジュロンバードパークは、1971年にオープンしたアジア最大のバードパークです。
Jurong bird park 1

敷地面積は20.2ヘクタール。東京ドームのおよそ4.5倍の面積。
フラミンゴ

自然に近い環境で飼育されている鳥たちを観察できます。

飼育されている鳥は400種、3,500羽。年間約850,000人が訪れる人気動物園です。
キタカササギサイチョウ

2つのバードショーや、珍しい鳥へのエサやりなど日本では味わえない体験ができますよ。

ジュロンバードパーク【基本情報】行き方・営業時間・混雑状況・チケット買い方など

まずはジュロンバードパークの基本情報について解説します。

住所・場所

ジュロンバードパークは、シンガポール西部のジュロンに地区あります。

シンガポール中心部から約15キロ。タクシーなら30分かからないくらいの距離です。

住所 : 2 Jurong Hill, シンガポール 628925

行き方・帰り方・アクセス方法

ジュロンバードパークのアクセス方法は、主に3つの方法があります。

タクシー

移動時間を優先するならタクシー。

市内からジュロンバードパークまでタクシーで約20〜30分ほど。料金はS$20〜30ほど。

実際、僕らはチャイナタウン付近からタクシーに乗車してS$24でした。

注意点として18:00以降はタクシーにピーク料金が加算されます。帰りの乗車時に注意してください。

ジュロンバードパークの入口にタクシー乗り場があるので、帰りはこちらから乗車します。
タクシー乗り場

往復でタクシーを利用した場合、合計S$40〜70かかると思ってください。

往復送迎バス(サファリゲート)

節約・楽しみを優先するなら往復送迎バス。

市内、ジュロンバードパークを送迎してくれます。
往復送迎バス

オープントップバスなので、気持ちいいですよ。
オープントップバス

往復送迎バスなら1人S$12。(2歳以下は無料)

3人以下なら往復送迎バスの方がお得。4人ならタクシー1台と同じくらいの料金。

帰りの最終発車時刻は12:30、15:30、17:00。

別記事で詳しく紹介しているので、こちらも読んでくれるとうれしいです。
➡︎ サファリゲートバスの紹介はこちら

➡︎ 日本語でのチケット予約はこちら

サファリゲートバスを予約する
※スマホで購入可能。予約後に日程変更可能

地下鉄とバス

MRT(地下鉄)やバスを使う方法もあるのですが、移動時間が1時間以上かかります。

金額的にも大きく節約できません。

営業時間

ジュロンバードパークの営業時間は8:30〜18:00です。

最終入場は17:30。

午前はショーの開始が10:00なので、9:30までには到着した方がいいですよ。

午後はショーの開始が15:00なので、14:30までには到着がおすすめ。

混雑状況

平日であればジュロンバードパークの混雑状況はあまり気にする必要はありません。

統計データを見ると、土日は平日の1.5〜2倍くらいの混雑となります。

でも、並ぶようなアトラクションがあるわけではないので、混雑状況はあまり気にしなくて大丈夫ですよ。

混雑のピークは10:00〜14:00。午前中から昼にかけてが混み合います。

混み合う土日に行くなら、ショーには注意してくだいさい。

時間ギリギリに行くと後ろの席しか空いていないので、15〜30分前には待機していた方がいいですよ。

所要時間・滞在時間

ジュロンバードパークの滞在時間は4〜5時間程度です。

閉園時間が18:00なので、遅くとも14:00までには入園するといいですよ。

日差しが強いときは、こまめに休憩を取らないとキツいです。女性、子供、年配の方と行くときは、滞在予定時間に1時間ほどプラスしてください。

チケット料金・入場料

ジュロンバードパークのチケット売り場

ジュロンバードパークのチケット料金についてまとめました。

2歳以下は無料。

チケット料金
種類 価格
(SGD)

大人
(13歳〜)
32
子供
(3〜12歳)
21
シニア
(60歳以上)
15

パーク内で乗れるトラムの料金をまとめました。

トラム料金
種類 価格
(SGD)

大人
(13歳〜)
5
子供
(3〜12歳)
3

格安チケットの買い方・クーポン情報

ジュロンバードパーク チケットを買った

ネットを使って旅行会社から買うと、通常より安くチケットを購入できます。

格安チケットの購入なら、Voyagin(楽天が運営する旅行会社)がおすすめです。

Voyaginの特徴

  • 割引率が高い
  • 日本語で予約 できる
  • 当日券を購入できる
  • トラムチケットが無料 で付いてくる
  • クーポンを使うとさらに安くなる
  • 昼食ブュッフェを半額以下 で予約できる

昼食ブュッフェは通常の半額以下で予約できるので、大変お得ですよ。

Voyaginでは定期的にクーポンを発行。クーポンを利用してまとめてチケットを購入すると、さらに割引率が上がります。
➡︎ Voyaginのクーポンはこちら

➡︎ 【14%オフ】格安チケットの購入はこちら

14%オフ ジュロンバードパーク
格安チケットを見る

※スマホで購入可能。予約後に日程変更可能

ジュロンバードパークの楽しみ方、見所は?

ジュロンバードパークの楽しみ方は主に次の3つです。

歩きながら鳥を見学

ジュロンバードパークでは400種、3,500羽の鳥が飼育されています。

バーク内を歩きながら、自然に近い形で飼育されている鳥達を鑑賞できますよ。
檻の様子

世界中のペンギンが見られるPenguin Coastペンギンコースト
ペンギンコート

ペンギンはどこに行っても人気ですね。
ペンギンの様子

南アフリカ出身のアフリカンペンギンは、シンガポールの気温なら外でも暮らせます。
.アフリカンペンギン

ハシビロコウ。絶滅危惧種に指定されている希少な鳥です。
ハシビロコウ

南アメリカの中部や南部の熱帯雨林に生息するシロムネオオハシ。キツツキの仲間。大きなくちばしを持っていますが、中はスカスカで軽いそうです。
シロムネオオハシ

ワシの中でも一番大きなフィリピンイーグル。全長は90〜100cm。上手く写真が撮影できなかったので看板を載せておきますね。
フィリピンイーグル

Wings of Asiaウイングス・オブ・アジアにいたカンムリバトおりなどは無く、手で触れる距離で観察できます。
カンムリバト

Waterfall Aviaryウォーターフォール・エイヴィエリには是非行ってみてください。
ウォーターフォール・エイヴィエリ

滝の近くには、立派な羽を持ったクジャクが放し飼いされています。
孔雀

10:30、14:30のエサやりでは、ジュロンバードパークのイメージアニマルになっているコンゴウインコを間近で撮影できますよ。
コンゴウインコ

Parrot Paradiseパロット・パラダイスには、絶滅危惧種のアオコンゴウインコがいます。
アオコンゴウインコ

バードショー

ジュロンバードパークでは、2つのバードショーが1日2回開催されます。

Kings of the Skies(キングス・オブ・ザ・スカイズ)

1つ目はKings of the Skiesキングス・オブ・ザ・スカイズ
ジュロンバードパーク Hawk Arena

Hawk Arenaホーク・アリーナで開催されます。

10:00と14:00に開催。人気のショーで、開始分前には最前列の席が埋まってしまいます。
キングス・オブ・ザ・スカイズの会場

Kings of the Skiesキングス・オブ・ザ・スカイズはタカやワシなどが出てくるショー。
キングス・オブ・ザ・スカイズのタカ

猛禽類もうきんるいの勇姿が楽しめます。
キングス・オブ・ザ・スカイズのワシ

ショーの途中で観客席からアシスタントを募集。希望者は元気に手を挙げると選ばれやすいですよ。
キングス・オブ・ザ・スカイズ 観客が参加

High Flyers Show(ハイ・フライヤーズ・ショー)

2つ目のショーはPools Ampphitheatreブールズ・アンフィテアトルムで開催される、High Flyers Showハイ・フライヤーズ・ショー
High Flyers Show(ハイ・フライヤーズ・ショー)

Ampphitheatreアンフィテアトルムは『野外劇場』や『円形劇場』という意味があります。真ん中のいい席は早目に埋まってしまうので注意。
High Flyers Show(ハイ・フライヤーズ・ショー)の劇場

オウムのゴミ分別。紙、金属、プラスチックを分別してゴミ捨てまでします。
オウムのゴミ分別

ショーの途中で観客席からアシスタントを募集。英語がわからなくても大丈夫なので、勇気を出して手を挙げてみてください。
観客参加

2匹のオウムが玉入れ競争。
オウムの玉入れ競争

前方の席に座ると鳥を間近で見られます。中段の席に座ると、近くを鳥が飛行するので、こちらもおすすめ。
ジュロンバードパークのショー

エサやり

ジュロンバードパークでは、鳥たちにエサやり体験ができます。

エサやりの料金はS$2。

フラミンゴのエサやりは1日1回13:30。Flamingo Poolフラミンゴ・プールで開催。
フラミンゴのエサやり

ペンギンのエサやりは1日2回10:30、15:30。Penguin Coastペンギン・コーストの外で開催。
ペンギンのエサやり

ペンギンのエサやりはすぐに締め切ってしまうので、迷わずに申し込んだ方がいいですよ。
ペンギンにエサやりしている様子

Lory Loftロリー・ロフトでは、9:00〜17:30までインコにエサやり。
インコにエサやり

水に溶かしたエサを与えます。
インコにエサをあげている様子

Waterfall Aviaryウォーターフォール・エイヴィエリでは、10:30と14:30にエサやり体験。
バードFeeding

写真のような虫を鳥に食べさせます。
エサやり用のワーム

ブッキー

虫が少し気持ち悪いですが、ここのエサやりが一番楽しいです

カップのまま食べさせるだけではありません。虫を投げると、空中で鳥がキャッチ。地上から1mくらい高さで虫を持っていると、鳥がジャンプして食いついてきます。
ワームを食べる鳥

レストランの料金・食事の種類

ジュロンバードパークには4つのレストランがあります。

Lunch with Parrots(オウムとランチ)

Flamingo Lodgeフラミンゴロッジでは、オウムとランチが食べられるLunch with Parrotsランチ・ウィズ・パロッツが開催されます。

食事はブュッフェ形式。ブュッフェランチは12:30〜14:00。
Lunch with Parrotsのブュッフェ

13:00からテラスでオウムのショーが開催されます。
Jurong bird park  Lunch with Parrots

通常料金は大人S$25、子供S$20。

ネットから事前予約すると大人S$8、子供S$4に割引されるので、大変お得ですよ!
➡︎ 【14%オフ】格安チケットの購入はこちら

HAWK CAFE(ホークカフェ)

入園ゲートの外にあるHAWK CAFEホークカフェ。営業時間8:30〜18:00。
ジュロンバードパーク HAWK CAFE(ホークカフェ)

一面がガラス張りで、明るい雰囲気の店内。
HAWK CAFE(ホークカフェ)の店内

主に鶏肉を使った料理が食べられます。料金はS$10〜16くらい。日本円だと約850〜1,350円くらいです。
HAWK CAFE(ホークカフェ)のメニュー

Singapore Dry Ramenシンガポール・ドライ・ラーメン。S$9.9。
HAWK CAFE(ホークカフェ)のラーメン

Spicy Chicken Wok Riceスパイシー・チキン・ウォック・ライス。S$10.9。
HAWK CAFE(ホークカフェ)の食事

CURRY GARDEN(カリーガーデン)

入園ゲートの外にあるCURRY GARDENカリーガーデン。営業時間8:30〜18:00。
ジュロンバードパークのレストラン カリーガーデン

店内の様子。やや照明が暗いですね。
CURRY GARDEN(カリーガーデン) 店内

カレーなどインド系の料理が食べられます。料金はS$10〜16くらい。日本円だと約850〜1,350円くらいです。
CURRY GARDEN(カリーガーデン) メニュー

LORY LOFT CAFE(ロリーロフトカフェ)

LORY LOFTエリアにあるカフェ。営業時間9:30〜17:30。
ジュロンバードパークのレストラン LORY LOFT(ロリーロフト)

店内の様子。レストランというよりは軽食が食べられるカフェですね。
LORY LOFT(ロリーロフト)店内

サンドイッチ、パスタなどの料理が食べられます。料金はS$9〜12。日本円だと約750〜1,000円くらいです。
LORY LOFT(ロリーロフト)のメニュー

スポンサーリンク

ジュロンバードパークの攻略法

ジュロンバードパークを楽しむための攻略法について解説します。

入口でパンフレットをもらう(地図付き)

ジュロンバードパークの入園ゲートをくぐったら、まずはバンフレットをゲットしましょう。
ジュロンドバードパーク 入園ゲート

ゲート近くにいるスタッフさんに言えば、地図付きのパンフレットをくれます。(日本語版はなし)
ジュロンバードパークのパンフレット

注意
ジュロンバードパークの中の方にはパンフレットが置いてありません。必ずゲート付近でゲットしてください。

地図は公式サイトからもダウンロード可能。とはいえ、スマホで見るよりも紙のパンフレットの方が見やすいですよ。
➡︎ 【公式サイト】ジュロンバードパークの地図

邪魔な荷物は入り口のロッカーへ

不要な荷物は入園ゲート近くのロッカーにあずけるといいですよ。

大きなロッカーは3時間でS$10。3時間以降はS$2かかります。小さなロッカーは3時間でS$5。3時間以降はS$1かかります。
ジュロンバードパークのロッカー

レンタル品を上手く利用する(電動スクーター、ワゴン、ベビーカー)

ジュロンバードパークでは電動スクーター、ワゴン、ベビーカー、車椅子などがレンタル可能。
ジュロンバードパークのレンタル品

レンタル品の値段表。安くはないですね。車椅子は無料です。
ジュロンバードパーク レンタル品の料金

歩くのに疲れたら園内トラム

歩くのに疲れたら、ジュロンバードパーク内を走るトラム利用しましょう。4つの停留所をグルグルと回っています。
ジュロンバードパーク トラム

トラムは料金は大人S$5、子供S$3。

Voyaginのチケットなら、園内トラムの利用券が無料でついてきます。

水遊びのために水着を持っていく

Birds of Playバーズ・オブ・プレイには、子供たちが水遊びできる施設があります。
ジュロンバードパーク 遊び場

水遊びをする場所なので、水着の着用が必須。
ジュロンバードパーク 水遊び場

水遊び用のおむつでもOK。110cm以下のお子さん1人につき、1人の保護者が必要です。
ジュロンバードパーク 水遊び場の身長制限

売店で水着が買えますが、それなりのお値段。できれば持参がおすすめ。
ジュロンバードパーク 水着売り場

再入場できる

ジュロンバードパークでは、ゲートを出たあとに再入場可能。

ブッキー

HAWK CAFEホークカフェCURRY GARDENカリーガーデンはゲードの外なので、再入場を利用して食べに行きましょう。

再入場を希望する場合は、ゲートを出るときにスタンプを押してもらってください。
ジュロンバードパーク 再入場スタンプ

ジュロンバードパークのお土産は何が人気?

ジュロンバードパークのお土産に関して解説します。

お土産ショップはゲートの横の出口にあるので、見逃すことはないですよ。
ジュロンバードパーク 出口  兼 お土産売り場

ジュロンバードパーク お土産売り場の雰囲気

いろいろ売っていますが、バードパークなので鳥のぬいぐるみが多いです。
ジュロンバードパーク 鳥のぬいぐるみ

フラミンゴのぬいぐるみ。
ジュロンバードパーク フラミンゴのぬいぐるみ

ペンギンのぬいぐるみ。
ジュロンバードパーク ペンギンのぬいぐるみ

大きいものだとS$60。小さいものならS$15から買えちゃいます。
ジュロンバードパーク 鳥のぬいぐるみ

クッションカバーは2つでS$30。
ジュロンバードパーク クッションカバー

他がプリントされたTシャツ。
ジュロンバードパーク Tシャツ

かわいいペンギンのフィギュア。
ジュロンバードパーク ペンギンのフィギュア

ブロックを組み立ててつくる鳥。
ジュロンバードパーク ブロックおもちゃ

ジュロンバードパークにいくときの服装・持ち物は?

ジュロンバードパークを訪れるときの服装・持ち物について解説します。

服装

基本的には服装はあまり気にしなくて大丈夫です。

気温、湿度が高いので夏服を着ていけば問題ないですよ。

かなり歩きまわるので、歩きやすいシューズがおすすめ。

日差しが強いので、サングラス、帽子などをもっていくといいですよ。

持ち物

あると便利な持ち物は次の3つです

  • 虫除けスプレー
  • 日焼け止め
  • 水着・タオル(子供用)

シンガポールでは蚊が大量発生しジカ熱、テング熱が流行った時期がありました。

シンガポール旅行前に確認しておくといいですよ。

万が一蚊が発生しているなら長袖がオススメです。

念のため、日本から虫除けスプレーをもって行きましょう。

すでにシンガポールについているなら、コンビニなどで買ってください。

虫除けはジュロンバードパークでも買えます。
ジュロンバードパークで買える虫除け

日本から持っていくなら、ムヒの虫よけムシペールα30がおすすめ。

「ジカ熱」「デング熱」「つつが虫病」「重症熱性血小板減少症候群:SFTS」の感染予防に効果的です。飛行機の持ち込みも問題ありません。

12歳未満の子供には、イカリジンが配合された天使のスキンベープがおすすめ。

イカリジンは肌にやさしく、赤ちゃんにも使えます。

注意
「今はシンガポールに蚊はいないよ!」と書き込んでいるブログなどを見かけますが、そんなことはありません。確かに蚊は少なくなりましたが、ゼロではないんですよ。シンガポールに在住している友人に確認しました。子どもがいる家庭では蚊に注意するように学校から手紙がわたされ、しっかりと虫除け対策をしているそうです。

日差しが強いので、日焼け止めを塗ったほうがいいですよ。日焼けは肌の色が変わるだけでなく、体力も奪います。

記事内で紹介していますが、ジュロンバードパークでは水遊びができます。

子供用の水着、タオルをもってきた方がいいですよ。

ジュロンバードパーク【格安チケット・割引クーポン情報】まとめ

最後に、ジュロンバードパークの格安チケットに関して再度紹介します。

格安の購入なら、Voyagin(楽天が運営する旅行会社)がおすすめです。

Voyaginでチケットを購入すると、有料トラムの料金が無料。

また、ランチブュッフェは半額以下になります。

Voyaginでは定期的にクーポンを発行。クーポンを利用してまとめてチケットを購入すると、さらに割引率が上がります。
➡︎ Voyaginのクーポンはこちら

➡︎ 【14%オフ】格安チケットの購入はこちら

\ ランチ付が超お得! /14%オフ ジュロンバードパーク
格安チケットを見る

※スマホで購入可能。予約後に日程変更可能

我思う故に我あり

ということで、本記事ではシンガポール ジュロンバードパークについて紹介しました。

ここまで鳥に特化した動物園は珍しいので、鳥好きだけでなく一度訪れて損はありません。

少し場所は離れてしまいますがシンガポール動物園、リバーサファリ、ナイトサファリもおすすめ。

別記事でまとめているので、よかったらこちらも参考にしてくれるとうれしいです。
➡︎ シンガポール動物園の紹介
➡︎ リバーサファリの紹介
➡︎ ナイトサファリの紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください