不真面目/真面目が1/1=1になるように

【ナイトサファリ】夜の動物園はスリル満点!楽しみ方と攻略情報まとめ【2016年9月シンガポール旅行記】

img_4279

本日はシンガポールのナイトサファリ(Night Safari)を紹介します。

「ナイトサファリ」は名前の通り夜に開演する動物園です。暗闇の中、ジャングルのようなパーク内を見学します。

今まで「シンガポール動物園」、「リバーサファリ」を紹介してきましたが、それらとはひと味違った興奮が楽しめます。

本記事ではナイトサファリの見どころや、行く前に知っておきたい情報などをまとめました。

広告


子供の頃に味わったドキドキ感が楽しめる

「子供じゃないんだから、もっと遅くまで起きていたい」

子供のときって、いつもより遅く起きていることにドキドキ、ワクワクしましたよね。

そんな子供のときの感覚を、ナイトサファリで楽しめます。

夜行性の動物たち。暗やみの中でひびく鳴き声。

昼間の動物園と違った表情に、心拍数が上昇。ちょっとしたスリルが味わえますよ!

ナイトサファリの情報

住所と地図

80 Mandai Lake Road

ナイトサファリの営業時間

ナイトサファリの営業時間は19:15〜24:00です。(レストランショップは17:30〜)

入園してからだいたい2時間〜3時間ほどで、ひと通り楽しめます。

ナイトサファリの営業時間は19:15からですが、17:30から開門します。

かなり混み合うので、できるだけ早く来てチケットを買った方がいいですよ。チケットによって入園時間が決まっているんです。チケットの購入が遅いと、入園時間が20:15、21:15になってしまいます。
シンガポール ナイトサファリ 入園

僕らはお昼に来て「4パーク共通チケット」を購入していたので、19:15から入園できました。
シンガポール ナイトサファリ 共通チケット

ナイトサファリの行き方帰り方と料金

オススメの移動方法はタクシーです。オーチャード通りからタクシーで約30分ほど。料金は20〜25シンガポールドルで行けます。

広告

実際、僕らはオーチャード付近でタクシーに乗車し,22シンガポールドルで行けました。

MRT(地下鉄)やバスを使う方法もあるのですが、移動時間が倍以上かかるうえ、金額的にも大きく節約できません。ガイドブックの情報ですが、市内からのバスを利用すると大人6シンガポールドル、子供3シンガポールドルかかります。

帰りも断然タクシーがオススメです。動物園で遊んだあとは疲れ切っているので、歩いたりバスに乗る気にはなりません。注意点として午後6時以降はタクシーにピーク料金が加算されます。シンガポール市内まで25〜30シンガポールドルくらいかかります。
シンガポール動物園 帰り タクシー

ナイトサファリのチケット値段

パーク内には「シンガポール動物園」、「リバーサファリ」、「ナイトサファリ」、「ジュロンバードバーク」の4つの施設があります。

チケットはそれぞれ単体で購入できますが、複数の施設の共通チケットを買った方がお得です。
シンガポール動物園 入園料

・ナイトサファリ単体チケット
大人:45シンガポールドル
子供:30シンガポールドル
(子供は3歳〜12歳)

・2パーク共通チケット(ナイトサファリ含まず)
大人:49シンガポールドル
子供:29シンガポールドル
(子供は3歳〜12歳)

・2パーク共通チケット(ナイトサファリ含む)
大人:59シンガポールドル(オススメ)
子供:39シンガポールドル(オススメ)
(子供は3歳〜12歳)

・4パーク共通チケット
大人:69シンガポールドル(オススメ)
子供:49シンガポールドル(オススメ)
(子供は3歳〜12歳)

オススメなのは「シンガポール動物園」と「ナイトサファリ」を含んだ共通チケット。この二つは必見です。

僕らは「シンガポール動物園」、「リバーサファリ」、「ナイトサファリ」の3つを楽しみたかったので、4パーク共通チケットを購入しました。

「ジュロンバードバーク」は他の3つとは離れた場所にあるで、僕らは行くのをやめました。

入園前に夕食を食べておこう

夕食は入園前に食べておくのがオススメです。ナイトサファリをひと通り見学すると、退園するのは22時頃になります。

見学中はゆっくりと食べている時間はないので、入園前に食べておきましょう。

ナイトサファリの営業時間は19:15からですが、レストランなどは17:30から利用できます。

中華系、インド系、アメリカンなど料理の種類はいろいろあますが、どれも値段が高いです。一人前で15〜20シンガポールドルくらいします。
ナイトサファリ 夕食

カットフルーツも販売しているので、あまりお腹が空いてないならフルーツでもいいかもしれません。熱帯地方のフルーツは紫外線対策にもいいですからね。
ナイトサファリ 果物

美味しそうなジェラートもありました。
ナイトサファリ アイス

19時前になると入場門に行列ができます。早めに入場した方がその後の行動がスムーズにいくので、18:45くらいには入場門の近くにいた方がいいですよ。
ナイトサファリ 入園前

ナイトサファリの楽しむための攻略法

ナイトサファリの楽しみ方は3つあります。

「ナイトショー(Creature of the Night Show)」、「トラム」、「徒歩コース」です。

混雑状況にもよりますが、「ナイトショー(Creature of the Night Show)」か「トラム」を優先して楽しむといいですよ。

「ナイトショー」は時間が決まっています。「トラム」は5〜10分ごとの運行で、混雑していると長く待つことになります。

「徒歩コース」はじっくり見学すると1時間半ほどかかりますが、見たいものだけ見れば1時間ほどに短縮できます。

まずは「ナイトショー」と「トラム」を優先してスケジュールを組み、空いている時間に「徒歩コース」を楽しむのがオススメです。

僕らは入園後すぐに「ナイトショー」へ行き、19:30からのショーを観賞。ショーが終わったら「トラム」乗り場に移動。15分ほど並んでトラムに乗車。トラムを降りてから「徒歩コース」を楽しみました。合わせて2時間半程度です。

ナイトショー

ナイトショーの開演は19:30、20:30、21:30の計3回(金・土・祝前日は22:30もあり)。19:15に入園できれば、19:30の回に間に合います。
ナイトサファリ ナイトショー

900人収容できるショー会場。できるだけ前の方にいきましょう。ショーはすべて英語です。英語が苦手な人は後ろの席だとあまり楽しめないですよ。
ナイトサファリ ナイトショー 会場

カワウソのゴミ仕分け。しっかりとゴミを仕分けました。こういうのは英語がわからなくても理解できます。
ナイトサファリ ナイトショー 動物

中には観客が参加する催しもあります。巨大な蛇と記念撮影するチャンスですよ。
ナイトサファリ ナイトショー 蛇と記念撮影

トラム

30人ほど乗車できるトラムに乗って、夜の園内を回ります。

一周45分程度です。途中下車して「徒歩コース」を歩くこともできますが、しっかりと一周してくるのがオススメです。(乗る前にトイレは済ませておきましょう)

有料になりますが、日本語トラムもあります。料金は一人10シンガポールドル。日本語トラムは本数が少なく、20〜30分に一本程度です。事前にチケットカウンターで予約が必要になります。

徒歩コース

徒歩で「ワラビー」、「イーストロッジ」、「レオパード」、「フィッシングキャット」の4つのコースをまわります。

すべてまわると1時間〜1時間半程度。トラム乗り場の近くにある「ワラビー」か「フィッシングキャット」のコースから順にまわっていきます。

ワラビートレール。オーストラリアの動物が観賞できます。
ナイトサファリ 徒歩コース ワラビー

ワラビー。ワラビーは昼間のシンガポール動物園でも見ましたが、夜に見るとまた違った雰囲気が楽しめます。
ナイトサファリ 徒歩コース ワラビー

イーストロッジトレール。マレートラやハイエナがいます。
ナイトサファリ 徒歩コース イーストロッジ

ハイエナ。夜のハイエナはなんだか不気味でした。
ナイトサファリ 徒歩コース ハイエナ

レオバードトレール。運がいいとムササビが飛ぶ姿を見られます。僕らは見られませんでした……。
ナイトサファリ 徒歩コース レオパード

オオコウモリ。夜行性の動物が見られるのは、ナイトサファリの楽しみのひとつです。
ナイトサファリ 徒歩コース オオコウモリ

フィッシングキャットトレール。スナドリネコ(フィッシングキャット)や、とても小さなマメジカが展示されています。
ナイトサファリ 徒歩コース フィンシングキャット

シンガポール動物園とリバーサファリも楽しもう

せっかく来たので「シンガポール動物園」、「リバーサファリ」も楽しんでいきましょう。

「シンガポール動物園」の営業時間は8:30〜18:00なので、「リバーサファリ」の営業時間とかぶってしまいます。両方楽しみたいならスケジュールに注意してください。

「ナイトサファリ」は19:15からなので、「シンガポール動物園」や「リバーサファリ」とは時間が重なりません。「ナイトサファリ」前に夕食を食べる時間も確保できます。

僕らはどんなスケジュールで楽しんだか

実際、僕らがどんなスケジュールで楽しんだか、参考までに大体のスケジュールを書いておきます。

13:00 オーチャードを出発
13:30 シンガポール動物園到着・入園
16:30 リバーサファリに移動
17:45 リバーサファリを出て夕食
19:15 ナイトサファリ入園
21:50 ナイトサファリを出て市内へ移動

僕らは午後からシンガポール動物園に行きましたが、「シンガポール動物園」、「リバーサファリ」、「ナイトサファリ」の3つを楽しめました。「シンガポール動物園」で全部のショーを見たわけではありませんが、とても満足しています。

午前から行けばすべてのショーを見られたかもしれませんが、ナイトサファリまで体力がもたなかったと思います。

気温が高く,かなり歩き回るので想像以上に疲れるんですよね。子供、女性と一緒に行くならそのへんのことも考慮した方がいいですよ。

我思う故に我あり

いや〜、3つのバークを観賞しましたが、ナイトサファリが一番興奮しました。

暗くて上手く写真が撮れなかったのが残念です。

よっぽど性能が良いカメラでないと、キレイに撮影するのはむずかしいですね。撮った写真のほとんどが使いモノになりませんでした……。

写真に気を取られよりも、素直に見学に集中した方がよかったかな〜。

別記事でシンガポール動物園リバーサファリも紹介しているので、そちらの記事もどうぞ。

2016年9月シンガポール旅行記の目次

こちらの記事もどうぞ

・立興潮州魚圓面 〜 こだわりのローカルフード「フィッシュボール」は超プリプリ

・レッドハウス ロバートソンキー店 〜 名物チリクラブを堪能!リバーサイドのシーフードレストランは雰囲気も最高

・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ 〜 まるでSFの世界!近未来型植物園はシンガポールの定番観光スポット

・TWG Tea〜 シンガポール発祥の紅茶専門店!おすすめはマリーナベイサンズ ショッポングモールの運河上

・キリニー・コピティアム 〜 パリッとしたカヤトーストが旨い!シンガポールのローカルな朝食セットを堪能

・チャターボックス 〜 名物の高級チキンライスとラクサを堪能!マンダリンホテルに併設するシンガポールレストラン

・オアシア ホテル ノベナ 〜 シンガポール中心部で料金安くてキレイ!地下鉄直結で観光にも便利

・シンガポール チャンギ国際空港でSIMカード購入・設定方法〜iPhoneが繋がらなくて悪戦苦闘

旅行の準備は済んでますか?

ホテルの予約

Expediaは航空券の予約特典として、ホテルを特別割引で予約できます。これがけっこうお得!全てExpediaで予約すれば、管理がらくにできるのでおすすめです。

すでに航空券を予約してるなら、ホテルの予約はagodaがおすすすめ。

シンガポール旅行におすすめの本


広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする