▶︎ 【誰でもできる】宅配弁当で5kgダイエットした話

バリ島旅行の費用【徹底解説】予算はいくら必要? 節約する方法は?

疑問
マジメ君

バリ島に旅行したいんだけど、いくら必要なんだろう?

あと、安く節約する方法とかないかな?

初めて行く国だと、旅行にいくらかかるのか予想がつかないですよね。

本記事ではバリ島旅行の予算を、日数ごとに解説。

1人旅、カップル、ファミリーのケース別に紹介します。

どれくらいのお金がかかるのかわかっていれば、旅行計画が立てやすくなりますよ。

さらに、記事の後半では旅費の節約方法と、旅行費用を短期間で稼ぐ方法を解説します。

この記事で分かる事

バリ島旅行の費用 予算、必要な金額はいくら?

まずは、バリ島旅行に必要な費用を、日数・旅行人数別にまとめました。

メジャーな観光施設やツアーを巡って、美味しいものを食べられるくらいの余裕をもった予算を組んでいます。

市内観光だけだったり、ホテルや食事のグレードを落とせばもう少し手軽な価格で旅行できますよ。

1人旅の予算
日数 予算
1泊2日 124,960
2泊3日 145,440
3泊4日 165,920
4泊5日 186,400
5泊6日 206,880

➡︎ 1人旅 予算の内訳はこちら
 

カップル旅行の予算
日数 予算
1泊2日 242,960
2泊3日 284,940
3泊4日 324,920
4泊5日 343,900
5泊6日 404,880

➡︎ カップル旅行 予算の内訳はこちら
 

ファミリー旅行の予算
日数 予算
1泊2日 324,960
2泊3日 372,440
3泊4日 419,920
4泊5日 446,400
5泊6日 514,880

※ファミリーは両親と小学校低学年までの子供1人を想定
➡︎ ファミリー旅行 予算の内訳はこちら

旅行費用の多くを占めているのは飛行機代ですね。

1泊2日だと半分以上が飛行機代金に消えてしまいます。

バリ島旅行なら、2泊以上はした方がいいですよ。

つづいて、予算の内訳を紹介していきますね。

バリ島旅行の費用・予算【1人旅】内訳を日数ごとの解説

1人旅の費用内訳をもう少し詳しく解説。

1泊2日〜5泊6日まで、旅行日数ごとに表にまとめています。

内容をかんたんに解説

まずは、予算の内訳を解説します。

飛行機

飛行機の金額は時期によって変わりますが、経由便はだいたい50,000円前後。

サーチャージ、税金などを足して80,000円以下で手配できます。
(ハイシーズンはもっと金額が上がります)

直行便もあるんですが、往復100,000円以上かかるんですよ。

ホテル

ホテルに関しては星3程度を想定。ちゃんとしたホテルに宿泊すると、だいたい1泊8,000円程度かかります。

リゾートホテルだと1泊15,000円ほどみておくといいでしょう。

観光

観光に関して、市内を歩いて観光するだけならほとんどお金はかかりません。

でも、バリ島に来て市内観光だけでは満足できないですよね。

車をチャーターして寺院などを観光するのがメインになるかと思います。これが結構高いですね。

近距離の移動はタクシーがメイン。タクシーは日本の半額くらい。

食事

食事に関して、ほとんどのホテルで朝食が有料です。

ある程度グルメな旅行にしたいなら、1日食費は5,500円程度予定しておくといいですよ。

通信費

通信費に関して、3大キャリアは海外での通信サービスを開始しています。

ドコモ、auは980円/日。ソフトバンクだけ2,980円かかるんですよ。
(表はドコモ、auを想定してかいています。ソフトバンクユーザーだと3倍くらいかかるので注意)

お土産

お土産は買う個数にもよりますが、だいたい10,000円くらいですね。

その他

海外旅行に備えて購入するもの(スーツケースなど)に、10,000円ほど計上しています。

1泊2泊

1泊2日
項目 内容 予算 1泊2日の合計金額
飛行機 航空券 50,000 50,000
サーチャージ 17,000 17,000
ホテル 宿泊費 8,000/日 6,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
8,000/日 16,000
食事 朝食 1,000/日 11000
昼食 1,000/日
夕食 3,000/日
カフェ 500/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
1960
お土産 10,000 10,000
その他準備 海外旅行保険 3,000 3,000
持ち物 10,000 10,000
合計 124,960

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

2泊3日

2泊3日
項目 内容 予算 2泊3日の合計金額
飛行機 航空券 50,000 50,000
サーチャージ 17,000 17,000
ホテル 宿泊費 8,000/日 12,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
8,000/日 24,000
食事 朝食 1,000/日 16500
昼食 1,000/日
夕食 3,000/日
カフェ 500/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
2940
お土産 10,000 10,000
その他準備 海外旅行保険 3,000 3,000
持ち物 10,000 10,000
合計 145,440

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

3泊4日

3泊4日
項目 内容 予算 3泊4日の合計金額
飛行機 航空券 50,000 50,000
サーチャージ 17,000 17,000
ホテル 宿泊費 8,000/日 18,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
8,000/日 32,000
食事 朝食 1,000/日 22000
昼食 1,000/日
夕食 3,000/日
カフェ 500/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
3920
お土産 10,000 10,000
その他準備 海外旅行保険 3,000 3,000
持ち物 10,000 10,000
合計 165,920

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

4泊5日

4泊5日
項目 内容 予算 4泊5日の合計金額
飛行機 航空券 50,000 50,000
サーチャージ 17,000 17,000
ホテル 宿泊費 8,000/日 24,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
8,000/日 40,000
食事 朝食 1,000/日 27500
昼食 1,000/日
夕食 3,000/日
カフェ 500/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
4,900
お土産 10,000 10,000
その他準備 海外旅行保険 3,000 3,000
持ち物 10,000 10,000
合計 186,400

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

5泊6日

5泊6日
項目 内容 予算 5泊6日の合計金額
飛行機 航空券 50,000 50,000
サーチャージ 17,000 17,000
ホテル 宿泊費 8,000/日 30,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
8,000/日 48,000
食事 朝食 1,000/日 33000
昼食 1,000/日
夕食 3,000/日
カフェ 500/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
5880
お土産 10,000 10,000
その他準備 海外旅行保険 3,000 3,000
持ち物 10,000 10,000
合計 206,880

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

バリ島旅行の費用・予算【カップル】内訳を日数ごとの解説

カップル旅行費用の内訳を詳しく解説します。

1泊2日〜5泊6日まで、旅行日数ごとに表にまとめました。

内容をかんたんに解説

まずは、予算の内訳を解説します。

飛行機

飛行機の金額は時期によって変わりますが、経由便はだいたい50,000円前後。

サーチャージ、税金などを足して1人80,000円以下で手配できます。
(ハイシーズンはもっと金額が上がります)

直行便もあるんですが、往復100,000円以上かかるんですよ。

ホテル

カップルで宿泊するため、1泊15,000円ほどのリゾートホテルを想定しています。

リゾートホテルなどにこだわらないなら、6,000円程度で宿泊できるホテルもありますよ。

観光

観光に関して、市内を歩いて観光するだけならほとんどお金はかかりません。

でも、バリ島に来て市内観光だけでは満足できないですよね。

車をチャーターして寺院などを観光するのがメインになるかと思います。これが高いんですよ。

近距離の移動はタクシーがメイン。タクシーは日本の半額くらい。

食事

食事に関しては、ほとんどのホテルで朝食が有料です。

ある程度グルメな旅行にしたいなら、1日の食費は11,000円程度予定しておくといいですよ。

通信費

通信費に関して、3大キャリアは海外での通信サービスを開始しています。

ドコモ、auは980円/日。ソフトバンクだけ2,980円かかるんですよ。
(表はドコモ、auを想定してかいています。ソフトバンクユーザーだと3倍くらいかかるので注意)

お土産

お土産は買う個数にもよりますが、だいたい1人10,000円くらいですね。

それぞれ付き合いがあるので20,000円計上。

その他

海外旅行に備えて購入するもの(スーツケースなど)に、20,000円ほど計上しています。

1泊2泊

1泊2日
項目 内容 予算 1泊2日の合計金額
飛行機 航空券 100,000 100,000
サーチャージ 34,000 34,000
ホテル 宿泊費 15,000/日 15,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
13,000/日 26,000
食事 朝食 2,000/日 22,000
昼食 2,000/日
夕食 6,000/日
カフェ 1,000/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
1960
お土産 20,000 20,000
その他準備 海外旅行保険 4,000 4,000
持ち物 20,000 20,000
合計 242,960

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

2泊3日

2泊3日
項目 内容 予算 2泊3日の合計金額
飛行機 航空券 100,000 100,000
サーチャージ 34,000 34,000
ホテル 宿泊費 15,000/日 26,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
13,000/日 45,000
食事 朝食 2,000/日 33,000
昼食 2,000/日
夕食 6,000/日
カフェ 1,000/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
2940
お土産 20,000 20,000
その他準備 海外旅行保険 4,000 4,000
持ち物 20,000 20,000
合計 284,940

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

3泊4日

3泊4日
項目 内容 予算 3泊4日の合計金額
飛行機 航空券 100,000 100,000
サーチャージ 34,000 34,000
ホテル 宿泊費 15,000/日 39,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
13,000/日 60,000
食事 朝食 2,000/日 44,000
昼食 2,000/日
夕食 6,000/日
カフェ 1,000/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
3920
お土産 20,000 20,000
その他準備 海外旅行保険 4,000 4,000
持ち物 20,000 20,000
合計 324,920

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

4泊5日

4泊5日
項目 内容 予算 4泊5日の合計金額
飛行機 航空券 100,000 100,000
サーチャージ 34,000 34,000
ホテル 宿泊費 15,000/日 52,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
13,000/日 75,000
食事 朝食 2,000/日 55,000
昼食 2,000/日
夕食 6,000/日
カフェ 1,000/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
4,900
お土産 20,000 10,000
その他準備 海外旅行保険 4,000 3,000
持ち物 20,000 10,000
合計 343,900

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

5泊6日

5泊6日
項目 内容 予算 5泊6日の合計金額
飛行機 航空券 100,000 100,000
サーチャージ 34,000 34,000
ホテル 宿泊費 13,000/日 65,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
15,000/日 90,000
食事 朝食 2,000/日 66,000
昼食 2,000/日
夕食 6,000/日
カフェ 1,000/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
5880
お土産 20,000 20,000
その他準備 海外旅行保険 4,000 4,000
持ち物 20,000 20,000
合計 404,880

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

バリ島旅行の費用・予算【ファミリー】内訳を日数ごとの解説

ファミリー旅行費用の内訳を詳しく解説します。

ファミリーは両親と小学校低学年までの子供1人を想定。

1泊2日〜5泊6日まで、旅行日数ごとに表にまとめました。

内容をかんたんに解説

まずは、予算の内訳を解説します。

飛行機

飛行機の金額は時期によって変わりますが、経由便はだいたい1人50,000円前後。

サーチャージ、税金などを足して1人80,000円ほどで手配できます。
(ハイシーズンはもっと金額上がります)

直行便もあるんですが、往復10万円以上かかるんですよ。

ホテル

ファミリー利用ということで、少し大きの部屋に泊まることを想定して1泊15,000円で予算計上しています。

観光

観光に関して、市内を歩いて観光するだけならほとんどお金はかかりません。

でも、バリ島に来て市内観光だけでは満足できないですよね。

車をチャーターして寺院などを観光するのがメインになるかと思います。車のチャーター代が高いんですよ。

近距離の移動はタクシーがメイン。タクシーは日本の半額くらい。

食事

食事に関しては、ほとんどのホテルで朝食が有料です。

ある程度グルメな旅行にしたいなら、1日の食費は16,500円程度予定しておくといいですよ。

通信費

通信費に関して、3大キャリアは海外での通信サービスを開始しています。

ドコモ、auは980円/日。ソフトバンクだけ2,980円かかるんですよ。
(表はドコモ、auを想定してかいています。ソフトバンクユーザーだと3倍くらいかかるので注意)

お土産

お土産は買う個数にもよりますが、だいたい1人10,000くらいですね。

それぞれ付き合いがあるので20,000円計上。

その他

海外旅行に備えて購入するもの(スーツケースなど)に、20,000円ほど計上しています。

1泊2泊

1泊2日
項目 内容 予算 1泊2日の合計金額
飛行機 航空券 150,000 150,000
サーチャージ 51,000 51,000
ホテル 宿泊費 15,000/日 15,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
15,000/日 30,000
食事 朝食 3,000/日 33,000
昼食 3,000/日
夕食 9,000/日
カフェ 1,500/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
1960
お土産 20,000 20,000
その他準備 海外旅行保険 4,000 4,000
持ち物 20,000 20,000
合計 324,960

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

2泊3日

2泊3日
項目 内容 予算 2泊3日の合計金額
飛行機 航空券 150,000 150,000
サーチャージ 51,000 51,000
ホテル 宿泊費 15,000/日 30,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
15,000/日 45,000
食事 朝食 3,000/日 49,500
昼食 3,000/日
夕食 9,000/日
カフェ 1,500/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
2940
お土産 20,000 20,000
その他準備 海外旅行保険 4,000 4,000
持ち物 20,000 20,000
合計 372,440

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

3泊4日

2泊3日
項目 内容 予算 2泊3日の合計金額
飛行機 航空券 150,000 150,000
サーチャージ 51,000 51,000
ホテル 宿泊費 15,000/日 30,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
15,000/日 45,000
食事 朝食 3,000/日 49,500
昼食 3,000/日
夕食 9,000/日
カフェ 1,500/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
2940
お土産 20,000 20,000
その他準備 海外旅行保険 4,000 4,000
持ち物 20,000 20,000
合計 372,440

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

4泊5日

4泊5日
項目 内容 予算 4泊5日の合計金額
飛行機 航空券 150,000 150,000
サーチャージ 51,000 51,000
ホテル 宿泊費 15,000/日 60,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
15,000/日 75,000
食事 朝食 3,000/日 82,500
昼食 3,000/日
夕食 9,000/日
カフェ 1,500/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
4,900
お土産 20,000 10,000
その他準備 海外旅行保険 4,000 3,000
持ち物 20,000 10,000
合計 446,400

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

5泊6日

5泊6日
項目 内容 予算 5泊6日の合計金額
飛行機 航空券 150,000 150,000
サーチャージ 51,000 51,000
ホテル 宿泊費 15,000/日 75,000
観光 入館料
タクシー
チャーターなど
15,000/日 90,000
食事 朝食 3,000/日 99,000
昼食 3,000/日
夕食 9,000/日
カフェ 1,500/日
通信費 携帯会社の海外通信サービス ソフトバンク 2,980/日
au 980/日
ドコモ 980/日
5880
お土産 20,000 20,000
その他準備 海外旅行保険 4,000 4,000
持ち物 20,000 20,000
合計 514,880

➡︎ 旅行代を節約する方法はこちら

➡︎ 予算内の旅行プランを簡単に作る方法はこちら

バリ島旅行の費用・予算【節約方法】

節約

今まで紹介した予算は、とくに節約テクニックを使っていません。

つづいて、出来るだけ旅行代金を節約するテクニックを紹介していきますね。

節約テクニックを使えば、10〜20%は出費を抑えられますよ。

飛行機代

旅行代金のうち、飛行機が大きな部分をしめていますよね。

飛行機代を削れると、グッと必要な金額が減ります。

比較サイトで格安飛行機をチェックする

まずは複数の比較サイトで格安飛行機をチェックしましょう。

航空券を比較してくるれサイトを紹介しておきます。

ツアー旅行で費用を抑える

数日間の旅行なら、ツアー旅行の方が費用を抑えられます。

飛行機、ホテル付きのツアーを探すなら次の5つがオススメ。H.I.S、阪急交通社、エアトリは格安ツアーが豊富。大手のJTBも人気です。

ホテル

バリ島なら3星レベルのホテルは、1泊6,000円前後します。

1部屋あたりの料金なので、2人で宿泊すれば3,000円程度で済みますよ。

比較サイト、ホテルサイトのクーポンなどを利用すれば安く予約できるので、積極的に利用しましょう。

ボクらが宿泊したときは、ホテルサイトのクーポンを利用して約4,000円で宿泊できました。

注意点として、ホテルの場所に気をつけてください。

バリ島はエリアによって特色があります。

観光したい場所と、ホテルが離れていると移動費がかさみます。

スケジュールを組むときにエリアを意識してみましょう。

では、ホテルを安く利用する方法を紹介していきますね。

ゲストハウス、ドミトリーを利用する

1人旅、学生ならゲストハウス、ドミトリーでもいいでしょう。1泊2,000円くらいで泊まれたりします。

ドミトリータイプは相部屋の場合が多いのでカップル、家族連れにはオススメできません。

中にはひどい施設もあるので、ホテルサイトの口コミをちゃんと調べた方がいいですよ。

ホテルサイトで10点満点中8.5点以上がオススメです。

ツアー旅行で費用を抑える

飛行機代の項目でも書きましたが数日間の旅行なら、ツアー旅行の方が費用を抑えられます。

飛行機、ホテル付きのツアーを探すなら次の5つがオススメ。H.I.S、阪急交通社、エアトリは格安ツアーが豊富。大手のJTBも人気です。

海外のホテルサイトで安く予約する

ホテルを予約するなら、次の3つのサイトがオススメです。

Booking.comはさらに安くなる方法があるので紹介します。

大抵のケースではBooking.comで予約するのが最安になりますよ。

Booking.comで安く予約する

Booking.comで予約するなら、さらに安くする方法があります。

Booking.comのクレジットカードをもっているだけで、様々な特典がつくGenius会員にアップグレード。

なかでも、10%割引の特典がすごい。

さらに専用サイトから予約して宿泊すると、最大6%のポイント還元が受けられるんですよ。

合わせて15%も安くなります!

年会費無料なんで、作っておかないと損ですよ。

Booking.comカードは別記事で詳しく紹介。合わせて読んでくれるとうれしいです。

観光

バリ島での観光は大きく分けると次の3つです。

  • 車で寺院などをめぐる
  • シュノーケリングなどのアクティビティを楽しむ
  • ウォーターパーク、サファリパークなどに行く

それぞれ費用を節約する方法を紹介します。

車で寺院などをめぐる場合

英語が苦手ならツアーに参加するのがオススメです。

海外オプショナルツアー会社のVELTRA(ベルトラ)では、モニターツアーを実施していることがあります。

モニターツアーでは2人予約して1人分をキャッシュバック。

大変お得なので、ツアーに参加したいときは、積極的に利用するといいですよ。

モニター価格 VELTRAでツアーを探す
※ファミリー割、モニター割引などあり

英語が多少できて、2〜5人以上のグループなら車をチャーターする方が安くなります。

車をチャーターすると人数ではなく、1台あたりの金額になるので、1人あたりの金額が安くなるんです。

Voyagin(ボヤジン)が提供するプライベートツアーでは、1台(5人乗り)が10時間で約8,500円。

10時間あればかなりの場所を観光できますよ。

プライベートツアーを見てみる
※スマホから1分で予約可能

シュノーケリングなどのアクティビティを楽しむ場合

バリ島でシュノーケリングなどのアクティビティを楽しむなら、旅行会社のクーポンを上手く利用しましょう。

アクティビティの予約ならVoyagin(ボヤジン)がオススメです。

Voyaginは楽天が運営する旅行会社。

もともとが海外の旅行会社なので、日本の大手旅行会社に比べて割引率が高いんです。

ボクは1年のうち3ヶ月を海外で過ごしますが、アクティビティを利用するとはまずVoyaginで検索します。

それくらいオススメなんですよ。

Voyagin(ボヤジン)を見てみる
※スマホから1分で予約可能

ウォーターパーク、サファリパークなどを楽しむ場合

ウォーターパークサファリパークなどに行くなら、クーポンチケットを上手く利用しましょう。

クーポンチケットを購入するなら、Voyagin(ボヤジン)がオススメです。

窓口で購入するよりも5〜40%くらい割引されます。

サイトは日本語。登録が簡単でスマホでチケットが購入できます。

テーマパークのチケットは有効期限内ならいつでも利用できます。

多少予定がずれても大丈夫。日本にいるうちに購入した方がいいですよ。

Voyagin(ボヤジン)を見てみる
※スマホで1分で予約可能
※5〜40%くらい割引。当日券購入可能

食事

食費を節約するテクニックは、正直言ってあまりないんですよ。

食費をケチると旅行の満足度が下がるので、食費は余裕をもった計画がオススメです。

ホテルの朝食は食べない

ホテルの朝食は有料で、料金的にかなり高いです。

大体1食で1,000〜1,500円くらいします。

ホテルの朝食を食べるくらいなら、外で食べた方が安く済みますよ!

ホテル近くにカフェがあれば、500円くらいで朝食が食べられます。

ホテルの朝食でお腹いっぱい食べる

観光プラン次第ですが、ホテルの食事をお腹いっぱい食べてランチを抜くという手もあります。

観光途中で間食すれば夕食までお腹がもちますよ。

食にあまり興味がない人にオススメ。

ローカル店の食堂を利用する

食費を節約するなら、地元の食堂を利用しましょう。

1食500円程度でお腹いっぱい食べられます。

注意点としてお腹を壊す可能性があるんですよ……。

バリ島で使われる安い油は日本人には合わないらしく、お腹を壊す可能性が高いです。

お腹を壊したときのために、下痢止めを紹介した記事を貼っておきますね。

通信費

けっこうバカにならないのが通信費。

とくにソフトバンクユーザーはここで大きく節約できます。

ホテル、カフェのWi-Fiを利用する

バリ島では、ほとんどのホテル、カフェでWi-Fiが無料で使えます。

スマホを使う機会が少ない人は、これで十分。

グールプで観光するなら、一人は常時通信できる状態にして、他のメンバーはフリーWi-Fiを利用するってパターンもオススメです。

バリ島で使えるSIMを購入する

SIMフリーのスマホを持っているなら、バリ島で使えるSIMカードを購入しましょう。

SIMカードを買うなら、こちらの記事を参考にしてくれるとうれしいです。

海外用モバイルWi-Fiを利用する

SIMフリースマホをもっていないなら、海外用のモバイルWi-Fiをレンタルしましょう。

少なくともソフトバンクの海外プランよりは安いですよ。

モバイルWi-Fiなら複数人で利用できるので、一人当たりの出費が減ります。

別記事でオススメの会社、プランをまとているので参考にしてくれるとうれしいです。

海外旅行保険

海外旅行保険はクレジットカードの付帯保険を利用しましょう。

もっているだけで、自動的に海外旅行保険がついてくる便利なカードがあるんですよ。

バリ島旅行にオススメなクレジットカードは別記事で紹介しています。

年会費無料で海外旅行保険がついてくるカードです。

とくにエポスカードだけは絶対にもっていた方がいいですよ。エポスカードがあれば、ほぼ安心です。

\ 年会費無料・最短当日発行 /
【年会費無料】エポスカードを見てみる
※申し込みは3分ほどでできます
※期間限定 2,000円分のポイントがもらえます

旅行用の持ち物

初めての海外旅行だと、いろいろい買わないといけないものが多いですよね。

無計画に買っていると、それだけで出費がかさみますよ。

少しでも安く買う方法を紹介。

あ、バリ島旅行に必要な持ち物は別記事でまとめています。こちらも参考にしてくれるとうれしいです。

レンタルできるものはレンタルで済ませる

買う必要がないものは、早めにレンタル手続きをして方がいいですよ。

早期に予約すると安くなったり、在庫が豊富なんですよ。

レンタルすることで、旅行費用をグッと抑えられます。

レンタルできるのは主に次の3つ。

  • 海外用ポケットWi-Fi
  • スーツケース
  • カメラ

海外用ポケットWi-Fiは、出発直前になると在庫がなくなります。

当日レンタルはほとんどできないので、早めに予約しましょう。

海外Wi-Fiのレンタルに関しては、別記事で詳しく解説しています。こちらも読んでくれるとうれしいです。
➡︎ バリ島旅行 海外Wi-Fiレンタル 料金プラン比較とおすすめを紹介

スーツケースは買ったあとに場所をとるので、買うときは慎重に選んだ方がいいですよ。

安物を買うとすぐに壊れますからね。

出番が少ないなら、レンタルで済ませてしまいましょう。

ブランド物のスーツケースでも、5,000円前後でレンタルできますよ。

別記事で旅行人数・日数別におすすめのレンタルスーツケースを紹介しています。
➡︎ 旅行日数別 おすすめレンタルスーツケース【1人旅・カップル旅行・ファミリー旅行】はこちら

カメラを購入すると出費が激しいので、レンタルするといいですよ。

株式会社rentryならミラーレスカメラ、水中でも撮れる防水カメラ、迫力のある動画が撮れる アクションカメラなどがレンタル可能。

旅行の楽しい思い出を作りたいなら、ちゃんとしたカメラを使った方がいいですよ。

\ 12,000件の貸出実績 /rentryでカメラをレンタルする
手続きはスマホから3分でできます
送料無料 コンビニから返却できます

Amazonプライムに加入する(30日間無料)

海外旅行に必要なモノを買い揃えるなら、Amazonプライムに加入しておくといいですよ。

プライム会員なら送料無料で配達してくれます。(一部の商品は対象外)

送料って、意外とバカにならないんですよ。

買うものが多いと、送料だけで数千円になったりします。

また、Amazonプライムビデオすごくいい!

ダウンロードした動画を飛行機の中で見られます。

プライム会員なら、アマゾンプライムビデオが無料で利用できます。

30日間無料なので、旅行から帰ってくるまでの短期間だけでも加入しておくといいですよ。

\\ 30日間無料・送料無料 //【30日間無料】アマゾンプライムに登録する
※3分で登録可能
※解約は1分でできます

Amazonギフト券チャージでポイントをもらう

Amazonで買い物するなら、クレジットカードよりもギフト券チャージの方がいいですよ。

チャージした金額に応じて、ボーナスポイントがもらえます。

くわしくは別記事にまとてめているので、こちらを読んでくれるとうれしいです。

楽天カードの入会ポイントで買い物をする

楽天カードは入会時にポイントがもらええます。

年会費無料のカードなのに、数千円分のポイントがもらえるんですよ。

もらったポイントは、楽天市場で利用可能。このポイントを使えば、旅行に必要なものが安く買えます。

まだ楽天カードを持っていないなら、これを機会に作ってみるといいですよ。

\ 年会費無料・ポイント倍増 /楽天カードの公式ページを見てみる
※新規申し込みで5,000ポイントもらえます
※3分ほどで申し込みできます

バリ島旅行の費用を短期間で稼ぐための方法

海外旅行にはまとまったお金が必要ですが、普通にアルバイトをしてるだけではなかなか貯まりませんよね。

ということで、別記事では海外旅行費用を短期間で稼ぐための方法を紹介。

卒業旅行の費用を貯めたい学生や、フリーターの人におすすめ。

1〜2ヶ月で旅行費用をガッツリ稼ぐ方法を解説しています。
➡︎ 海外旅行費用を短期間で稼ぐための方法まとめ

我思う故に我あり

海外旅行は予算を決めておかないと、どんどんお金を使ってしまいます。

バリ島から帰国して、クレジットカードの請求金額を見て凹みました。笑

旅行計画時にしっかりと予算を組んで、余裕ある旅行を楽しんでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください