不真面目/真面目が1/1=1になるように

STAUB(ストウブ)は最初のお手入れが肝心!シーズニングをして長く愛用しよう!

ストウブ鍋を徹底的に解説。ストウブに興味がある方はぜひ一度読んでみてください。
・【ストウブマニアが徹底解説】鍋の魅力・選び方・お手入れ・買い方を紹介

ストウブ鍋の使い始めにしなくてはいけないシーズニングに関して説明します。

ストウブの製品はどれも丈夫で、めったなことでは壊れません。僕はかれこれ8年くらいは使ってますが、いまだに壊れたことはないです。

そんなストウブの製品ですが、買ったらすぐにやるべきことがあります。それがシーズニング(ならし)です。

今回はストウブのシーズニングに関して説明します。

ストウブ鍋の使い始めにはシーズニングがとっても重要

ストウブ鍋の使い始めにはシーズニングがとっても重要なんです。

シーズニング(ならし)は製品に同封されてくる取扱説明書にも記載されています。

取扱説明書だけでなく、ストウブのホームページにも記載されています。下の文章はホームページからの抜粋。

シーズニング(ならし)を行います。まずは製品をお湯でよく洗い、乾燥させ、食用油をキッチンペーパー等に取りお鍋の内側に塗り広げてください。油を焦げ付かせないように弱火で数分加熱し鍋肌に油を馴染ませてください。最後に熱が冷めるのを待ち余分な油を拭き取ります。油を馴染ませておくと鍋が長持ちします。

ストウブ シーズニングの方法

シーズニングの方法を簡単に説明します。

  1. 輸送中の破損、塗装の割れがないかチェックする
  2. ストウブ本体に貼ってあるシールをすべてはがす
  3. ストウブを中性洗剤、スポンジ、お湯でよく洗う
  4. しっかりと乾燥させる
  5. 植物油を鍋の内側に塗り広げる
  6. 弱火で数分間加熱する(3〜5分)
  7. 火を消して、熱が冷めるのを待つ
  8. 余分な油を拭き取る

植物油を塗り広げたり、拭き取るにはキッチンペーパーがオススメ。キッチンペーパーがなければティッシュでも代用できます。

弱火で加熱する時間は、目安として3〜5分ほど。加熱時間が長いと煙が出てきます。

軽く触れてみて、熱いと感じたら十分。(火傷に注意してくださいね)

スポンサーリンク

実際にシーズニングをしてみた

シーズニングをはじめる前に、輸送時の破損、塗装の割れがないか細かくチェックしましょう。

生涯保証書が付いているなら輸送時の破損、塗装の割れは交換の対象となる可能性があります。

破損、塗装の割れがないことを確認してから本体に貼ってあるシールをはがします。

ここから実際にシーズニングがはじまります。今回はLa Cocotte de GOHAN(ラ・ココットde GOHAN)と、ミニフライパンをシーズニングしました。

まずはお湯で洗って乾かします。熱いお湯で洗うと、乾くのも早いですよ。
STAUB シーズニング

塗る油はオリーブオイルを使いました。食用油ならなんでもいいんです。
STAUB シーズニング

無駄遣いしないように、小皿に油を出し塗ります。
STAUB シーズニング

キッチンペーパーが切れていたので、ティッシュを使用。ティッシュでも特に問題なくできました。
STAUB シーズニング

油を鍋の表面に塗り込んでいきます。ストウブの表面は細かい凹凸でザラザラしているので、こするというより、押し付ける方が上手くいきます。
STAUB シーズニング

ミニフライパンは、油を塗り込んでテカテカになりました。
STAUB シーズニング

La Cocotte de GOHANにも、テカテカになるくらい油を塗りこみます。
STAUB シーズニング

焦げ付かないように弱火加熱。3〜5分くらいで十分熱せられます。
STAUB シーズニング

STAUB シーズニング

火を消して、鍋が冷めるのを待ちます。ストウブは鋳造品なので、なかなか冷めてくれません。気長に待ちましょう。

冷めてくると余分な油が浮いて来ます。鍋肌になじまなかった余計な油です。これはきれいにふきとります。
STAUB シーズニング

STAUB シーズニング

2、3回繰り返すとさらに油が馴染みますが、1回でも十分ですよ。

ストウブ 蓋のシーズニング

蓋はシーズニングする必要はありません。蓋には食材が接しないので、わざわざシーズニングする必要がないんです。

どうしても気になるなら、蓋の内側に油を塗ります。火を消したあとに蓋をしてあげれば余熱で温まり、シーズニングされますよ。
ストウブ シーズニング

頻度はどれくらい? 毎回必要?

料理する毎にシーズニングをする必要はありません。

でも、ストウブ鍋を長く使いたいなら、定期的にシーズニングすると良いですよ。

目安として、鍋肌がカサカサしてきたら再度シーズニングをしましょう。鍋肌が潤います。

油を使う料理が多ければ、鍋肌はカサカサになりません。逆にご飯ばかり炊いてると、鍋肌がカサカサになってきます。

定期的なシーズニングが面倒ならアヒージョなど油をたっぷり使う料理を作って、鍋肌を潤してあげましょう。

シーズニングを忘れてしまったらどうすればいい?

シーズニングを忘れてしまったら、今からでもいいのでぜひシーズニングしてください。

シーズニングを忘れてしまっても、あまり落ち込まなくて大丈夫です。すぐにストウブ鍋が壊れるわけではありません。

僕も一回忘れてしまったことがあるんですが、その鍋は今でも普通に使えています。

しっかりとシーズニングして、その後しっかりとお手入れすればちゃんと使えますよ。

シーズニング前にしっかりと製品を確認する

生涯保証書が付いているなら輸送時の破損、塗装の割れは交換の対象とある可能性があります。

でも、本体のシールをはがしてしまうと、購入後の破損とされてしまうんですよ。

シーズニングをはじめる前に製品の状態を確認し、問題がなければシールをはがしてください。

生涯保証に関しては別記事でまとめています。ぜひそちらも読んでみてください。

他に重要なお手入れは?

シーズニングも重要ですが、焦げてしまったときのために重曹を使ったお手入れを覚えておくこといいですよ。
重曹で焦げを落とす

焦げを無理やり落とそうとすると、せっかくのストウブを台無しにしてしまいます。

料理後に2、3回シュシュっと。重曹の力で軽い焦げなら簡単に落ちますよ。

シーズニングの方法まとめ

最後にもう一度シーズニングの方法を解説しておきますね。

  1. 輸送中の破損、塗装の割れがないかチェックする
  2. ストウブ本体に貼ってあるシールをすべてはがす
  3. ストウブを中性洗剤、スポンジ、お湯でよく洗う
  4. しっかりと乾燥させる
  5. 植物油を鍋の内側に塗り広げる
  6. 弱火で数分間加熱する(3〜5分)
  7. 火を消して、熱が冷めるのを待つ
  8. 余分な油を拭き取る

別記事で4つの鍋を同時にシーズニングしています。よかったらそちらも読んでみてください。

我思う故に我あり

シーズニングはちょっとめんどくさいけど、長いあいだストウブを使うために是非やってください。

ストウブのことをガッツリと解説した記事があります。ストウブ初心者の方は、まずはこちらを読んでみてください。

ストウブを安く買いたい人必見!

ストウブ鍋を20個以上買った僕が、安く買う方法をまとめました。ストウブの鍋を安く買いたいなら、アウトレットとネットショップを上手に利用しましょう。

ストウブ鍋 サイズの選び方

ストウブ鍋を購入したくても、サイズ選びで悩んでいませんか?

ストウブ鍋を10個以上もってる僕が、オススメのサイズを紹介します。

ストウブ初心者でも失敗しない簡単レシピ

ストウブユーザーは絶対に買った方が良い神レシピ本はコレ。
ストウブで無水調理 by大橋由香【ストウブレシピ本レビュー】 – Fu/真面目に生きる

・ストウブで豚汁を超美味しく作るレシピ公開!旨すぎて神が舞い降りたかと思った

・ストウブ買ったら何を作ればいい?そんな人はとりあえずは鶏を蒸してみたら!

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事

毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはコチラ

LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加